Windows Server 2003 Service Pack 2 で更新された Windows Server 2003 サポート ツール

はじめに

この資料では、Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) で更新された Microsoft Windows Server 2003 サポート ツールについて説明します。サポート担当者またはネットワーク管理者は、これらのサポート ツールを使用して、ネットワークの管理、およびネットワークの問題が発生した場合のトラブルシューティングを行うことができます。

詳細

Windows Server 2003 SP2 では、以下のサポート ツールが更新されています。

  • Acldiag.exe
  • Adsiedit.msc
  • Bitsadmin.exe
  • Dcdiag.exe
  • Dfsutil.exe
  • Dnslint.exe
  • Dsacls.exe
  • Iadstools.dll
  • Ktpass.exe
  • Ldp.exe
  • Netdiag.exe
  • Netdom.exe
  • Ntfrsutl.exe
  • Portqry.exe
  • Repadmin.exe
  • Replmon.exe
  • Setspn.exe
これらのサポート ツールは、Windows Server 2003 SP2 のインストール時に自動的にインストールされません。Windows Server 2003 を実行しているコンピュータにサポート ツールをインストールするには、Windows Server 2003 SP2 の CD の Support\Tools フォルダにある Suptools.msi プログラムを実行します。



サポート ツールのヘルプ ファイル (Suptools.chm) は Sup_srv.cab ファイルに含まれています。このヘルプ ファイルには、それぞれのツールの説明や関連する構文に加えて、出力例や注意事項も記載されています。これらのツールの詳しい使用方法については、このヘルプ ファイルを参照してください。



また、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押すと、各ツールの使用方法が表示されます。

tool_name /help
: このコマンドの tool_name の部分には、使用方法を表示するツールの名前を入力します。



Windows Server 2003 SP2 を入手する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows Server 2003 SP2 の更新されたサポート ツールをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

: 以前のバージョンのサポート ツールがコンピュータにインストールされている場合は、Windows Server 2003 SP2 の更新されたサポート ツールをインストールする前に、以前のバージョンを削除する必要があります。

プロパティ

文書番号:926027 - 最終更新日: 2008/01/13 - リビジョン: 1

フィードバック