ODMA サーバーにマクロを含む Word 2007 文書を保存しようとすると、ファイルの種類を変更することはできません。


現象


マクロを含む Microsoft Office Word 2007 ドキュメントを作成します。 開いているドキュメントの管理 API (ODMA) サーバーにこのドキュメントを保存しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
次はマクロなしの文書に保存できません。

.VBA プロジェクト


これらの機能を持つファイルを保存するには、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスに戻るには [いいえ] をクリックし、ファイルの種類] ボックスでマクロ有効ファイルの種類を選択します。



引き続きマクロなしの文書として保存しますか?
このメッセージで [はい] クリックすると、マクロは失われます。いいえをクリックするとODMA の保存] ダイアログ ボックスに戻ります。ただし、このダイアログ ボックスで、マクロとドキュメントを保存するファイルの種類を変更できません。

原因


この問題は、 ODMA の保存] ダイアログ ボックスでは、2007 Microsoft Office ドキュメントを保存する場合は、ファイルの種類を変更するオプションは用意されていないために発生します。

回避策


この問題を回避するには、マクロ有効ファイルの種類を保存した Word 2007 ドキュメントの既定のファイルの種類を変更します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Word 2007 を起動します。
  2. [Microsoft Office ボタン]をクリックし、[ Word のオプション] をクリックします。
  3. 左側のウィンドウで [保存] をクリックします。
  4. この形式でファイルを保存] ボックスの一覧でWord Macro-Enabled 文書 (*.docm)] をクリックし、し、[ OK] をクリックします。
この回避策を実行すると、マクロを含むドキュメントは、ODMA サーバーにマクロ有効文書として保存します。

詳細


ODMA を Microsoft Word に統合する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

212398の Word 2000 と ODMA