Windows PowerShell 1.0 は、Windows Server 2003 および Windows XP にインストール パッケージをローカライズ

はじめに

この資料では、Windows PowerShell 1.0 のローカライズされたバージョンのインストール パッケージについて説明します。インストール パッケージは、以下のバージョンの Microsoft Windows 用に設計されています。
  • Microsoft Windows Server 2003 R2
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)
  • Microsoft Windows XP のサービス パックの 2 (SP2)
インストール パッケージでは、Web (RTW) のバージョンの Windows PowerShell 1.0 製品のリリース候補版が成功するに、リリースをインストールします。

2 つのインストール パッケージと Windows PowerShell 1.0 の多言語ユーザー インターフェイス (MUI) の言語パッケージがあります。言語の種類と、コンピューターのオペレーティング システムのインストール パッケージを選択します。
  • ローカライズ
    ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、中国語簡体字、または繁体字中国語にローカライズされた Windows のバージョンを実行している場合は、ローカライズされたインストール パッケージを使用します。
  • 英語
    英語バージョンの Windows、またはドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、中国語簡体字、または繁体字中国語以外の言語にローカライズされた Windows のバージョンを実行している場合は、Windows PowerShell 1.0 の英語版のバージョンをインストールします。の英語バージョンの Windows PowerShell のインストール パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックして:

    926139 Windows PowerShell 1.0 英語のインストール パッケージの Windows Server 2003 と Windows XP の

  • MUI 言語パック
    多言語ユーザー インターフェイス (MUI) バージョンの Windows を実行している場合は、Windows PowerShell 1.0 の英語版をインストールし、MUI 言語パックを Windows PowerShell 1.0 をインストールし、します。MUI バージョンの Windows では、Windows のインターフェイスは、複数の言語で表示できます。Windows PowerShell の MUI 言語パックの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

    926141 Windows PowerShell 1.0 の多言語ユーザー インターフェイス (MUI) 言語パックを Windows Server 2003 と Windows XP の

注意事項:Windows PowerShell 1.0 をインストールする前に、Windows PowerShell 1.0 のすべての以前のバージョンをアンインストールします。Windows PowerShell をアンインストールする方法の詳細については、「Windows PowerShell のアンインストール」を参照してください。

Windows Server 2003 Service Pack 1 の Windows PowerShell 1.0 をインストールする Windows Server 2003 Service Pack 2 にアップグレードする場合は、Windows PowerShell 1.0 をアンインストールできません。詳細については、「Windows PowerShell のアンインストール」を参照してください。

詳細

Microsoft Windows PowerShell は、新しいコマンド ライン シェルおよびスクリプト言語ですが、システムの管理と自動化のために設計されています。Windows PowerShell では、IT プロフェッショナルおよび開発者が制御し、Windows およびアプリケーションの管理を自動化します。Windows PowerShell は、Microsoft.NET Framework で作成されます。

Windows PowerShell には、次の機能が含まれています。
  • 130 を超えるコマンド ライン ツール ("cmdlet") 一般的なシステム管理タスクを実行するために使用できます。サービスを管理する、プロセスを管理する、イベント ログの管理、証明書の管理、レジストリを変更して Windows 管理インストルメンテーション (WMI) を使用して、これらのタスクが含まれます。
  • コマンド ライン ツールは使いやすく、簡単に習得できます。これらのツールには、標準の名前付け規則や一般的なパラメーターがあります。ツールには、並べ替え、フィルター、および形式のデータやオブジェクトを簡単なツールも含まれます。
  • 既存のスクリプト言語、既存のコマンド ライン ツール、および Windows の複数のバージョンをサポートします。これらのバージョンは、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista および Windows Server 2008 に含まれます。
  • ユーザーがこれらのファイル ・ システムの場合と同様に、データ ストアを参照できるようにする機能です。これらのデータ ストアには、レジストリや証明書ストアが含まれます。
  • さまざまなストアおよび形式の Windows データを管理するための標準的なユーティリティです。これらのストアおよび形式には、Active Directory サービス インターフェイス (ADSI)、Windows 管理インストルメンテーション (WMI)、COM オブジェクト、ActiveX データ オブジェクト (ADO)、HTML、および XML が含まれます。
  • 高度な式解析、およびコマンドラインでの.NET Framework 内のオブジェクトを操作します。この操作には、IT プロフェッショナルがより効率的で効果的に作業するのにはオブジェクトのパイプライン処理が含まれています。
  • カスタム cmdlet を作成するには、独立系ソフトウェア ベンダーや企業の開発者を可能にする拡張可能なインターフェイスです。カスタム コマンドレットを使用すると、独自のアプリケーションやシステム管理の要件を満たすことができます。
Windows PowerShell の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

インストール フォルダー

システムで 32 ビットおよび 64 ビット システムでは、Windows PowerShell 1.0 がサポートされています。X64 ベースまたは Itanium ベースの 64 ビット システムがあります。

Windows PowerShell 1.0 のパッケージ インストーラー テクノロジを使用して Windows XP ベースおよび Windows Server 2003 ベースのインストールをします。Windows PowerShell のインストール フォルダーの場所は構成可能ではありません。

Windows の 32 ビット バージョンは、Windows PowerShell 1.0 は、次のフォルダーにインストールされます。
%windir%\System32\WindowsPowerShell\V1.0
注: このフォルダーでは、%windir% は Windows のシステム フォルダーを表します。通常、このフォルダーは、C:\Windows です。

既定では、32 ビット版と 64 ビット版の Windows PowerShell の両方が、Windows の 64 ビット バージョンの以下の場所にインストールされます。
  • Windows PowerShell の 64 ビット バージョンは、次のフォルダーにインストールされます。
    %windir%\System32\WindowsPowerShell\V1.0
  • Windows PowerShell の 32 ビット バージョンは、次のフォルダーにインストールされます。
    %windir%\Syswow64\WindowsPowerShell\V1.0
注: これらのフォルダーでは、%windir% は Windows のシステム フォルダーを表します。通常、このフォルダーは、C:\Windows です。

システム要件

  • Microsoft Windows Server 2003 SP1 または Windows XP SP2
  • Microsoft.NET Framework 2.0 (2.0.50727)
.NET Framework 2.0 をインストールするには、.NET Framework バージョン 2.0 再頒布可能パッケージをダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

再起動の必要性

Windows PowerShell をインストールした後にコンピューターを再起動する必要はありません。

別のプログラムをインストールまたはアンインストールするファイルが使用されても場合にのみ、再起動する必要があります。このシナリオは、Windows PowerShell の同じバージョンがインストールされている場合にのみ発生します。これらのファイルを使用している場合、インストーラーを無人モードで実行している場合を除き、再起動を求めるメッセージが表示されます。

Windows PowerShell をアンインストールします。

PowerShellをインストールしていない場合は、アンインストールできません。Windows PowerShell 1.0 がインストールされているかどうかを確認するのには、次のレジストリ パスのインストールのレジストリ エントリを見つけます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Powershell\1\Install
インストールのエントリの値が 1 の場合は、Windows PowerShell 1.0 がインストールされています。インストールのエントリが存在しない場合は、Windows PowerShell 1.0 がインストールされていません。

Windows Server 2003 Service Pack 1 の Windows PowerShell 1.0 をインストールして、Windows Server 2003 Service Pack 2 にアップグレードする場合は、Windows PowerShell 1.0 をアンインストールできません。Windows PowerShell は、Windows の更新プログラム、service pack を適用した後、アンインストールする Windows PowerShell では、指示された順序をアンインストールすると見なされるようにパッケージ化されているためです。の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

823836間違った順序で削除する Windows のソフトウェア更新プログラムがありますオペレーティング システム機能を停止するには

Windows PowerShell 1.0 をアンインストールするには、次の手順を実行します。
  1. [開始] をクリックを実行] をクリックして、 appwiz.cplと入力し、[ OK] をクリックします。
  2. 更新プログラムの表示] チェック ボックスをオンにします。
  3. 現在インストールされているプログラムの一覧では、 Windows PowerShell(TM) 1.0をクリックし、[削除] をクリックします。
  4. Windows PowerShell(TM) 1.0を削除する指示に従います。

Windows PowerShell をダウンロードします。

以下のローカライズされたバージョンの Windows PowerShell は、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Windows xp、x86 ベースのバージョンの Windows PowerShell 1.0

Download Windows PowerShell 1.0 Windows XP-x86 のローカライズされたパッケージを今すぐダウンロードします。

Windows XP では、x64 ベース バージョンの Windows PowerShell 1.0

Download X64 の Windows PowerShell 1.0 の Windows XP のローカライズされたパッケージを今すぐダウンロードします。

Windows Server 2003 では、x86 ベースのバージョンの Windows PowerShell 1.0

Download Windows PowerShell 1.0 の Windows Server 2003 の x86 のローカライズされたパッケージを今すぐダウンロードします。

Windows Server 2003 では、x64 ベースのバージョンの Windows PowerShell 1.0

Download Windows PowerShell 1.0 の Windows Server 2003 の x64 のローカライズされたパッケージを今すぐダウンロードします。

Itanium ベース バージョンの Windows Server 2003 用の Windows PowerShell 1.0

Download Windows PowerShell 1.0 の Windows Server 2003 の ia64 のローカライズされたパッケージを今すぐダウンロードします。

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

ファイル情報

Windows PowerShell は、次のファイルがインストールされます。
  • About_alias.help.txt
  • About_arithmetic_operators.help.txt
  • About_array.help.txt
  • About_assignment_operators.help.txt
  • About_associative_array.help.txt
  • About_automatic_variables.help.txt
  • About_break.help.txt
  • About_command_search.help.txt
  • About_command_syntax.help.txt
  • About_comparison_operators.help.txt
  • About_continue.help.txt
  • About_core_commands.help.txt
  • About_display.xml.help.txt
  • About_environment_variable.help.txt
  • About_escape_character.help.txt
  • About_execution_environment.help.txt
  • About_filter.help.txt
  • About_flow_control.help.txt
  • About_for.help.txt
  • About_foreach.help.txt
  • About_function.help.txt
  • About_globbing.help.txt
  • About_history.help.txt
  • About_if.help.txt
  • About_line_editing.help.txt
  • About_location.help.txt
  • About_logical_operator.help.txt
  • About_method.help.txt
  • About_pssnapins.help.txt
  • About_namespace.help.txt
  • About_object.help.txt
  • About_operator.help.txt
  • About_parameter.help.txt
  • About_parsing.help.txt
  • About_path_syntax.help.txt
  • About_pipeline.help.txt
  • About_property.help.txt
  • About_provider.help.txt
  • About_quoting_rules.help.txt
  • About_redirection.help.txt
  • About_ref.help.txt
  • About_regular_expression.help.txt
  • About_reserved_words.help.txt
  • About_scope.help.txt
  • About_script_block.help.txt
  • About_shell_variable.help.txt
  • About_signing.help.txt
  • About_special_characters.help.txt
  • About_switch.help.txt
  • About_system_state.help.txt
  • About_types.help.txt
  • About_commonparameters.help.txt
  • About_where.help.txt
  • About_while.help.txt
  • About_wildcard.help.txt
  • Default.help.txt
  • Microsoft.powershell.commands.management.dll
  • Microsoft.powershell.commands.management.dll-help.xml
  • Microsoft.powershell.commands.utility.dll
  • Microsoft.powershell.commands.utility.dll-help.xml
  • Microsoft.powershell.consolehost.dll
  • Microsoft.powershell.consolehost.dll-help.xml
  • Microsoft.powershell.security.dll
  • Microsoft.powershell.security.dll-help.xml
  • Microsoft.powershell.commands.management.resources.dll
  • Microsoft.powershell.commands.utility.resources.dll
  • Microsoft.powershell.consolehost.resources.dll
  • Microsoft.powershell.security.resources.dll
  • System.management.automation.resources.dll
  • System.management.automation.dll
  • System.management.automation.dll-help.xml
  • Dotnettypes.format.ps1xml
  • Filesystem.format.ps1xml
  • Registry.format.ps1xml
  • Certificate.format.ps1xml
  • Help.format.ps1xml
  • Types.ps1xml
  • Powershellcore.format.ps1xml
  • Powershelltrace.format.ps1xml
  • Pwrshmsg.dll
  • Pwrshsip.dll
  • Powershell.exe
  • Powershell.exe.mui
  • Profile.ps1
  • Releasenotes.rtf
  • Gettingstarted.rtf
  • Userguide.rtf
  • Quadfold.rtf
プロパティ

文書番号:926140 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition

フィードバック