添付ファイルは、Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 のドキュメント ライブラリに送信される電子メール メッセージに表示されません。

現象

以下の事例で説明します。Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 のドキュメント ライブラリに電子メール メッセージを送信するのにには、Microsoft Exchange Server の電子メール クライアントで、Microsoft Office Outlook などを使用します。電子メール メッセージに添付ファイルが含まれています。このシナリオでは、ドキュメント ライブラリで電子メール メッセージが到着します。ただし、添付ファイルは、不足しています。

原因

この問題は、電子メール アドレスを持つドキュメント ライブラリに関連付けるときに発生します。これを行うと、SharePoint ディレクトリ管理サービスは次の属性を追加できません。
  • インターネット エンコード 1310720 を =
  • mAPIRecipient = false


これら 2 つの属性は、添付ファイルは正常に送信できるように、連絡先に追加する必要があります。

解決策

この問題を解決するには、手動で不足している 2 つの属性を追加するのには Active Directory サービス インターフェイス (ADSI) を使用する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。

注: Microsoft Windows Server 2003 の CD で ADSI Edit は、Windows サポート ツールに含まれます。Windows Server 2003 のサポート ツールをインストールするには、SUPTOOLS を使用します。MSI のためのフォルダーにあるプログラムです。Windows 2000 サポート ツールをインストールするには、ためのフォルダーにある Setup.exe プログラムを使用します。
  1. [スタート] ボタンを実行] をクリックして、ファイル名を指定と入力し、[ OK] をクリックします。
  2. ADSI Editを展開し、ドメインの [ドメイン名]を展開し、展開DC =ドメイン名DC = comを展開し、 CN = ユーザー
  3. 、不足している属性を追加するユーザー名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. プロパティ] ダイアログ ボックスで、インターネットのエンコードを [属性エディター ] タブをダブルクリックします。
  5. 整数の属性エディター ] ダイアログ ボックスで1310720を [値] ボックスで、入力し、し、[ OK] をクリックします。
  6. MAPIRecipientをダブルクリックします。
  7. ブール値の属性エディター ] ダイアログ ボックスで [ False] をクリックし、[ ok]をクリックします。

回避策

Exchange 管理コンソールで [グローバル設定] で新しいメッセージの形式を追加、SharePoint サーバーの完全修飾ドメイン名にドメインを設定していない Exchange リッチ テキスト形式を使用するように設定。

関連情報

取引先担当者およびユーザーについては、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

233209 Windows 2000 連絡先とユーザー

プロパティ

文書番号:926891 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Microsoft Windows SharePoint Services 3.0, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Office Outlook 2007

フィードバック