Windows Vista をスリープ状態または休止状態からの再開後、USB デバイスが正しく動作しなくがあります。

2010 年 4 月 13 日に、service pack がインストールされていない Windows Vista のサポートが終了しました。Windows のセキュリティ更新プログラムの受信を続行するには、Windows Vista を Service Pack 2 (SP2) で 実行していることを確認してください。 詳細については、このマイクロソフト web サイトを参照してください: 一部のバージョンの Windows のサポートは終了しています。

現象

Windows Vista ベースのコンピューターをスリープ状態または休止状態から再開した後、またはコンピューターを再起動した後は、一部のデバイスが正しく動作しなくなる場合があります。たとえば、次の現象のいずれかが発生することがあります。
  • USB 赤外線レシーバーなどのデバイスが正常に再開されません。この問題が発生した場合、関連付けられているデバイスでは、Windows メディア ・ センターの IR リモート コントロールなどは使用できません。
  • Windows Vista では、一部の USB デバイスは検出されません。USB デバイスは動作しません。
  • 指紋リーダーなどの USB デバイスがすぐに利用可能ではありません。たとえば、デバイスが [ようこそ] 画面が表示された後に利用可能になるまで、30 秒間かかる場合があります。
  • Windows Vista がスリープ状態または休止状態から再開した後複数のインタ フェースを持ち、USB 経由で接続されている USB のドッキング ステーションが正しく機能しません。この問題は、コンピューターを再起動した後にも発生します。この問題が発生した場合、黄色の感嘆符には、USB のドッキング ステーションのデバイス マネージャーでが表示されます。

解決策

Service Pack 情報

この問題を解決するには、Windows Vista 用の最新の service pack を入手します。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
935791 Windows Vista service pack の入手方法
注: Service pack を適用した後は、「インストール後の手順」記載指示に従います。レジストリ情報の変更は、お客様が Windows Vista Service Pack 1 (SP1) を適用した後にも追加する必要があります。このレジストリの変更は、service pack、修正プログラムが含まれている場合でも Windows Vista SP1 には含まれません。したがって、一部のお客様がまだを参照してくださいこの問題 service pack を適用した後。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

ファイル情報

この修正プログラムのの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻] でタイム ゾーン] タブを使用しますWindows Vista、x86 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Hccoin.dll6.0.6000.205508,70406-Mar-200702:54x86
Update.mum該当なし2,03006-Mar-200721:22該当なし
Usbd.sys6.0.6000.205505,88806-Mar-200702:08該当なし
Usbehci.sys6.0.6000.2055038,40006-Mar-200702:08x86
Usbhub.sys6.0.6000.20550192,00006-Mar-200702:09x86
Usbohci.sys6.0.6000.2055019,45606-Mar-200702:08x86
Usbport.sys6.0.6000.20550223,74406-Mar-200702:08x86
Usbuhci.sys6.0.6000.2055022,52806-Mar-200702:08x86
X86_usbport.inf_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20550_none_bc2faa301fad4196.manifest該当なし5,38606-Mar-200721:23該当なし
Windows Vista では、64 ビット バージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Amd64_usbport.inf_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20550_none_184e45b3d80ab2cc.manifest該当なし5,38806-Mar-200721:32該当なし
Hccoin.dll6.0.6000.2055010,75206-Mar-200703:59x64
Update.mum該当なし2,03006-Mar-200721:22該当なし
Usbd.sys6.0.6000.205507,55206-Mar-200702:32x64
Usbehci.sys6.0.6000.2055048,12806-Mar-200702:32x64
Usbhub.sys6.0.6000.20550266,24006-Mar-200702:32x64
Usbohci.sys6.0.6000.2055024,06406-Mar-200702:32x64
Usbport.sys6.0.6000.20550257,02406-Mar-200702:32x64
Usbuhci.sys6.0.6000.2055028,67206-Mar-200702:32x64

インストール後の手順

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには
この修正プログラムまたはそれ以降の USB ベースの修正プログラムをインストールした後 Windows Vista がスリープ状態または休止状態から再開した後、別の USB デバイスが動作しない可能性があります。たとえば、別のデバイスには、内蔵の USB デバイスがあります。この問題を解決するは、デバイス マネージャーを使用して問題のある統合された USB デバイスを制御する USB ホストの特定のコント ローラーを決定する必要があります。その後、USB ホスト コント ローラーに対応するレジストリ サブキーに ForceHCResetOnResume エントリを追加する必要があります。

手順 1: 特定の USB ホスト コント ローラーを決定します。

  1. 開始] をクリックしての種類
    devmgmt.mscを [検索の開始] ボックスし、[プログラム] の一覧でdevmgmt.msc ] をクリックします。
  2. [表示] メニューには、接続でデバイスをクリックします。
  3. プロセッサ ノードを展開します。たとえば、 ACPI マルチプロセッサ PCを展開します。

    注: このプロシージャ内のノード名は、ハードウェアによって異なります。
  4. マイクロソフト ACPI 準拠のシステムを展開します。
  5. PCI バスを展開します。いくつかの USB ホスト コント ローラーが表示されます。
  6. USB ホスト コント ローラー、各ノードを展開し、問題のあるデバイスの名前が表示されるまで後続のサブノードを展開します。デバイス エントリの例を次に示します。
    ACPI マルチプロセッサ PC\Microsoft ACPI に準拠した System\PCI Bus\Intel(R) ICH8 ファミリ USB ユニバーサル ホスト コント ローラー - 2830\USB ルート Hub\指紋リーダー
    注:
    • 通常、指紋リーダーはバイオメトリクス デバイスとして表示されます。
    • 任意の外部で使用可能な USB ポートを制御する特定の USB ホスト コント ローラーを使用してくださいしません。たとえば、特定の USB ホスト コント ローラーのUSB ルート ハブノードの下内部統合 USB デバイスのみを表示する必要があります。
  7. デバイスが見つかったら、関連付けられている USB ホスト コント ローラーを右クリックし、をクリックしてください
    プロパティです。表示されている例では、1.f の手順で、インテル (r) ICH8 ファミリ USB ユニバーサル ホスト コント ローラー - 2830を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  8. [詳細] タブをクリックします。
  9. [ボックスの一覧には、ドライバーのキーを選択します。
  10. ドライバー キーは次のようになります。 このドライバーのキーの最後の 4 桁の数字に注意してください。
    {36fc9e60-c465-11cf-8056-444553540000}\0002

手順 2: 追加の USB ホスト コント ローラーの ForceHCResetOnResume レジストリ値

  1. 開始] をクリックしての種類
    検索の開始「regedit」ボックスと、[プログラム] の一覧では、 regedit.exe ] をクリックします。
  2. 見つけてし、次のようなレジストリ サブキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{36FC9E60-C465-11CF-8056-444553540000}\Four-digit_number
    注:
    • ここでは、 4 digit_numberの機能は、システム、USB デバイス用のプレース ホルダーです。
    • この手順での手順でメモした値を使用してレジストリ サブキーを見つける必要があります 1.j。 などの場合、ドライバーのキーの手順から 1.j {36fc9e60-c465-11cf-8056-444553540000} \0002HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\ {36FC9E60-C465-11CF-8056-444553540000} \0002を検索する必要があります
  3. [編集] メニューのをポイントします。
    新規作成]、[ DWORD 値] をクリックします。
  4. ForceHCResetOnResumeを dword 値に設定の名前を入力し、し、ENTER キーを押します。
  5. ForceHCResetOnResumeを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. [値データ] ボックスで、 1と入力し、[ OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディターを終了します。
  8. コンピューターを再起動します。

状況

マイクロソフトでは、対象セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題があること確認していますこの問題は、Windows Vista Service Pack 1 で最初に修正されました

詳細

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について
プロパティ

文書番号:928631 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

フィードバック