Visual Studio 2005 Service Pack 1 リリース ノート

概要

このドキュメントには、インストールと Visual Studio 2005 Service Pack 1 (SP1) では、アンインストール、および Visual Studio 2005 SP1 の機能の既知の問題が一覧表示されます。Visual Studio 2005 SP1 に含まれている機能の変更方法については、 Visual Studio 2005 SP1 の新を参照してください。

詳細

で述べる。
  • Visual Studio 2005 SP1 の入手方法
  • この Service Pack で修正されます。
  • サポートされている言語とオペレーティング システム
  • インストールの要件
  • Visual Studio 2005 SP1 のサポート
  • インストールの問題-すべてのプラットフォーム
  • Windows Vista のインストール問題がある:
  • インストールに関する問題: Windows Server 2003
  • アンインストールに関する問題
  • 既知の問題と回避策
  • ハードウェアのメモ
  • 関連製品

Visual Studio 2005 SP1 の入手方法

Visual Studio 2005 SP1 は、次の場所から入手できます。

Visual Studio 2005年チーム スイートの SP1このダウンロードは、Microsoft Visual Studio 2005年、プロフェッショナル、標準チーム エディションの service pack をインストールします。

Visual Studio 2005 Team Foundation Server SP1

このダウンロードは、Microsoft Visual Studio 2005 Team Foundation Server のサービス パックをインストールします。

Visual Studio 2005 Express エディションの SP1このダウンロードは、Microsoft Visual Studio 2005 Express エディションの service pack をインストールします。

この Service Pack で修正されます。

Visual Studio 2005 SP1 用の修正プログラムの一覧は、 Visual Studio 2005 の Service Pack 1 の修正プログラムの一覧から使用できます。

サポートされている言語とオペレーティング システム

サポートされている言語

Visual Studio 2005 SP1 では、Visual Studio 2005 のすべての言語の製品の更新プログラムを提供します。
  • 中国語 (簡体字)
  • 中国語 (繁体)
  • 英語 (米国)
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ロシア語
  • スペイン語

サポートされているオペレーティング ・ システム

  • マイクロソフトの Windows 2000 Professional SP4
  • マイクロソフトの Windows 2000 Server SP4
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4 の詳細
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server SP4
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows XP プロフェッショナル SP2
  • Microsoft Windows XP Home Edition SP2
  • Microsoft Windows XP のメディア センターの Edition 2002 SP2
  • Microsoft Windows XP メディア ・ センター版 2004 SP2
  • Microsoft Windows XP のメディア センターの Edition 2005
  • Microsoft Windows XP のタブレット PC Edition SP2
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 では、エンタープライズ版の SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 Datacenter Edition SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 Web Edition SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 では、標準の x64 Edition SP1 (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 エンタープライズ x64 Edition SP1 (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 Datacenter x64 Edition SP1 (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 の、標準的な x64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Enterprise x64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Datacenter x64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows Vista

インストールの要件

  • サポートされている Visual Studio 2005 製品のいずれかのライセンスされたコピーは、ターゲット コンピューターにインストールしなければなりません。
  • 3.1 またはそれ以降の Microsoft Windows インストーラーは、ターゲット コンピューターにインストールしなければなりません。
  • 192 MB の RAM が必要があります。256 MB 以上を推奨します。

Visual Studio 2005 SP1 のサポート

正式なサポートは、Microsoft Connect で利用できます。
コミュニティで非公式のサポートは、 MSDN フォーラムを使用できます。

インストールの問題-すべてのプラットフォーム

Service pack のインストールは、元の製品のインストールよりも時間がかかります。

Visual Studio 2005 SP1 をインストールするは、製品のインストールと同様に、しかも追加のインストール タスクは、SP1 をインストールするため、オリジナル リリース版をインストールするよりも長くかかります。インストール時は、どの製品がインストールされているとコンピューターの構成によって異なります。

インストールには、大量のディスク領域が必要です。

ディスクの容量により、元の製品のインストール実行は、サービス パックをインストールする必要ことがあります。複数の Visual Studio 製品がインストールされている場合は、各サービス パックのインストールのディスク領域を必要があります。サービス パックのダウンロード ページに必要なディスク容量の見積もりが表示されます。

Visual Studio 2005 SP1 では、2 回以上インストールしようとしています。

複数の Visual Studio 製品がコンピューターにインストールした場合、サービス パックは複数回を実行します。2 回以上インストールは開始されません。

インストール中に部分的に非表示] ダイアログ ボックスには。

この問題は、画面の中心から構成しています] ダイアログ ボックスを移動する場合に発生します。構成しています] ダイアログ ボックスでは、以降のダイアログ ボックスが中央に配置します。構成しています] ダイアログ ボックスが画面の端の近くにある場合は、後で表示されるダイアログ ボックスが大きい場合があります部分的に画面をオフします。

この問題を解決するには。
  • 画面の中央に構成しています] ダイアログ ボックスをオンのままにします。
Visual Studio のコンパイルした直後には、Visual Studio 2005 SP1 をインストールできません。
デバッガー サービスが終了するまで、Visual Studio 2005 SP1 をインストールすることはできません。

この問題を解決するには、次のいずれかの操作を行います。
  • 進行中では、デバッガー サービスを終了するまで待機するためのコンパイルを終了します。最大 10 分間かかります。
  • Mspdbsrv.exe サービスのすべてのインスタンスを終了するのにには、タスク マネージャーを使用します。

Team Foundation Server の前提条件:

Visual Studio 2005 SP1 をインストールする前に、サポート技術情報 919156の更新プログラムをインストールする必要があります。この更新プログラムは、サーバーが SP1 のインストール中にクライアントの要求を処理しないことを確認します。

Visual Studio 2005 Team Foundation Server SP1 をインストールまたはネットワークが使用できない場合は、アンインストールに失敗します。

Visual Studio 2005 Team Foundation Server SP1 は、インストールまたはアンインストールする、ネットワークが利用できない場合に失敗します。これは、Active Directory に依存するカスタム動作で発生する問題です。

シナリオ:
  1. ネットワーク共有から Visual Studio 2005 の Team Foundation Server をインストールします。
  2. サポート技術情報 919156から必要な更新プログラムをインストールします。
  3. Visual Studio 2005 Team Foundation Server SP1 をローカルにコピーします。
  4. ネットワークを無効にします。
  5. ローカル パスから service pack をインストールします。Service pack は、インストールに失敗します。
この問題を解決するには。
  • インストールまたは service pack をアンインストールする前にネットワークがあることを確認します。

Visual Studio 2005 Web アプリケーション プロジェクトのために必要なアンインストールします。

Visual Studio 2005 Web アプリケーション プロジェクトをインストールした場合、Visual Studio 2005 SP1 をインストールするのには次の手順に従います。
  1. 2005 Web アプリケーション プロジェクトを Visual Studioアドインをアンインストールします。
  2. Visual Studio 2005 SP1 をインストールします。

SQL Server Compact Edition のツールとランタイム。

Visual Studio 2005 SP1 には、デザイン時の SQL Server Compact Edition 3.1 ユーティリ ティーの更新プログラムが含まれています。SQL Server Compact Edition ツール Visual Studio 2005 SP1 には、UI とダイアログ ボックス、デバイス CAB ファイル、DataDirectory 機能、およびスマート デバイス開発コンポーネントの ClickOnce のサポートが含まれます。ダウンロードし、SQL Server ベースのデータをエンド ・ ツー ・ エンドの開発をサポートするために、次のツールとランタイムをインストールする必要があります。

Visual Basic 2005年のコマンド ライン コンパイラ (Vbc.exe) 利用可能な修正プログラムの更新:

Visual Studio 2005 SP1 には、応答性、安定性およびパフォーマンスを含む、Visual Basic 2005年のデザイン タイム コンパイラの機能強化が用意されています。Http://support.microsoft.com/kb/924162から利用可能な修正プログラムは、Visual Basic 2005年のコマンド ライン コンパイラ (vbc.exe) のサービス パックの機能強化を提供します。

Visual Studio 2005 SP1 をインストールすると、開発および配置されたマシンのコマンド ライン コンパイラの場合、次のいずれかのサービス パックの修正プログラムを取得するのにこの修正プログラムをインストールします。
  • Visual Basic 2005年では、ASP.NET 2.0 の web サイトを開発しています。
  • Visual Basic 2005年で記述された ASP.NET 2.0 の web サイトを展開します。
  • コマンド ライン コンパイラを使用して、IDE の外部で Visual Basic 2005年プロジェクトを構築しています。

リリース バージョンをインストールする前に Visual Studio 2005 SP1 のベータ版をアンインストールします。

Visual Studio 2005 SP1 のリリースをインストールする前に、Visual Studio 2005 SP1 ベータ版をアンインストールする必要があります。場合は最初にベータ版をアンインストールしないと、次のエラー メッセージが表示されます。
アップグレードするプログラムが存在しない可能性があるために、Windows インストーラー サービスでアップグレード修正プログラムをインストールできませんまたはアップグレード修正プログラムは、プログラムの別のバージョンを更新可能性があります。アップグレードするプログラムがコンピューター上に存在して、正しいアップグレード修正プログラムがあることを確認します。
Windows 2000、Windows XP、Windows XP SP1、Windows Server 2003 の rtm 版のベータ版をアンインストールします。
  1. [スタート] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] をクリックします。
  3. プログラムの追加と削除]を開きます。
  4. 先に適用され、[変更と削除] をクリックする各製品のサービス パックのベータ版を選択します。
Windows XP SP2 および Windows Server 2003 SP1 のベータ版をアンインストールします。
  1. [スタート] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] をクリックします。
  3. プログラムの追加と削除]を開きます。
  4. チェックされていない場合は、更新プログラムの表示を確認します。
  5. サービス パック ベータ版は入れ子にするには、各商品の下に適用するを選択し、[削除] をクリックします。
Windows Vista のベータ版をアンインストールします。
  1. [スタート] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] をクリックします。
  3. [プログラム] をクリックします。
  4. プログラムと機能の手順でインストールされている更新プログラムを表示をクリックします。
  5. 先に適用され、[アンインストール] をクリックする各製品のサービス パックのベータ版を選択します。

Windows Vista のインストール問題がある:

Windows Vista へのインストールには、管理者特権が必要です。

Visual Studio 2005 SP1 をインストールする Windows Vista では、SP1 の実行可能ファイルを右クリックして、[管理者として実行することをお勧めします。代わりに、特権のあるコンソール ウィンドウから実行可能ファイルを起動できます。

セットアップ] ダイアログ ボックスは表示されません。

すべてのインストールで [ユーザー アカウント制御 (UAC) が発生したことの確認は、[初期設定] ダイアログ ボックスの外観を遅延します。1 時間以上の遅延が報告されています。

Windows Vista の Visual Studio 2005 Service Pack 1 更新

Visual Studio 2005 SP1 の更新プログラムをリリースすると、Vista のプラットフォームに固有の問題を解決することは。 詳細については、 Windows Vista で Visual Studioを参照してください。

インストールに関する問題: Windows Server 2003

Windows Server 2003 SP1 がインストールされていると Windows Server 2003 のエディションでインストールに失敗します。

報告されたエラーは、します。
エラー 1718。ファイルのファイル名は、デジタル署名ポリシーによって拒否されました。
この問題は、コンピューターに .msi パッケージまたは .msp パッケージが正しく署名されていることを確認するには、Windows Server 2003 または Windows XP の連続したメモリが不足する場合に発生します。

この問題を解決するには。

アンインストールに関する問題

エラー 33088 が Visual Studio 2005 SP1 のアンインストール中に表示します。

このエラーは、次のシナリオで発生します。
  1. Visual Studio 2005 チームのテスト版をインストールします。
  2. テストの実行の分散コント ローラーまたはテストの実行のエージェントの分散コンポーネントをインストールします。
  3. 対応するサービス パックをインストールします。
  4. Service pack のアンインストールが失敗し、
    エラー 33088:、セットアップ パッケージでの問題があります。
この問題を解決するには。
  1. [プログラムの追加と削除"を使用してコンポーネントをアンインストールします。
  2. Visual Studio の service pack をアンインストールします。
  3. コンポーネントを再インストールします。

2005 SP1 改 Visual Basic Express 2005 をインストールする Visual Studio Team Suite をアンインストールするには。

このエラーは、次のシナリオで発生します。
  1. Visual Studio Professional 2005 をインストールします。
  2. Visual Studio Professional には、Visual Studio 2005 SP1 をインストールします。
  3. Visual Basic Express の 2005年をインストールします。
  4. Visual Basic Express 2005 の SP1 をインストールします。
  5. Visual Studio Professional 2005 をアンインストールします。
  6. Visual Basic Express を実行しては失敗します。不足している 2 つのアセンブリがあるためにです。
この問題を解決するには。
  1. [修復] オプションを選択することにより、Visual Basic Express 2005 を再インストールします。
  2. [修復] オプションを選択することにより、Visual Basic Express 2005 SP1 を再インストールします。

ビジュアル Web 開発者の Express SP1 のアンインストールに失敗します。

このエラーは、次のシナリオで発生します。
  1. ビジュアル Web 開発者の Express をインストールします。
  2. ビジュアル Web 開発者の高速の SP1 をインストールします。
  3. ビジュアル Web 開発者の Express をアンインストールします。
  4. ビジュアル Web 開発者の Express をインストールします。
  5. ビジュアル Web 開発者の高速の SP1 をインストールします。
  6. ビジュアル Web 開発者の高速の SP1 をアンインストールします。
  7. エラーが発生します。
既知のシステムの状態を返す。
  1. ビジュアル Web 開発者の Express をアンインストールします。
  2. ビジュアル Web 開発者の Express をインストールします。
  3. ビジュアル Web 開発者の高速の SP1 をインストールします。

Visual Studio 2005 チーム スイートの SP1 をアンインストールするには、シンボルが削除されます。

Visual Studio 2005 チーム スイートの SP1 をアンインストールすると、シンボル ファイルを削除し、元の Visual Studio 2005 製品のインストールを中断することができます。

この問題を解決するには。
  • Visual Studio 2005 の製品の修復は、すべての不足しているファイルに置き換えられます。

サイド バイ サイドのシナリオで、Visual Studio 2005 SP1 をアンインストールする他のサービス パックのインストールを中断できます。

2 つのエディションの Visual Studio 2005 では、同じコンピューターにインストールされているし、サービス パックによって更新された、ときに、エディションのいずれかのサービス パックをアンインストールするとファイルを他のエディションのサービス パック レベルが戻されます。

この問題を解決するには。
  • その他のエディションの service pack を再インストールします。

サービス パックの一部に関連付けられているサポート技術情報 (KB) 番号が適切ではできません。

サービス パックの一部に関連付けられている KB 番号は、製品の追加が正しく表示されない/コントロール パネルの [プログラム] または [プログラムのアンインストールを削除します。ヘルプ [詳細情報] でその URL が正しくありませんのサポート技術情報番号が含まれている可能性があります特定の KB 資料にリンクを表示するとします。正しい KB 番号については、次の表を参照してください。
実際のサポート技術情報番号サポート技術情報番号をアンインストールします。言語製品ファミリ
926601926601英語Visual Studio 2005年チームのスイート
926602926602日本語Visual Studio 2005年チームのスイート
926603926603中国語 (繁体)Visual Studio 2005年チームのスイート
926604926603中国語 (簡体字)Visual Studio 2005年チームのスイート
926605926603韓国語Visual Studio 2005年チームのスイート
926606926603ドイツ語Visual Studio 2005年チームのスイート
926607926607フランス語Visual Studio 2005年チームのスイート
926608926608イタリア語Visual Studio 2005年チームのスイート
926609926608スペイン語Visual Studio 2005年チームのスイート
926738922996英語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926739922996日本語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926740922996中国語 (繁体)Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926741922996中国語 (簡体字)Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926742922996韓国語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926743922996ドイツ語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926744922996フランス語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926745922996イタリア語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926746922996スペイン語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926747918525多言語Visual Studio 2005年の Express エディション
926748926748多言語Visual Studio 2005年の Express エディション
926749918525多言語Visual Studio 2005年の Express エディション
926750922995多言語Visual Studio 2005年の Express エディション
926751926751多言語Visual Studio 2005年の Express エディション
928425926601ロシア語Visual Studio 2005年チームのスイート

既知の問題と回避策

ユーザーは、Windows Vista 上の Visual Studio 2005 SP1 用の修正プログラムをインストールする許可を求められます。

Visual Studio 2005 SP1 用の修正プログラムが、将来的にリリースされた場合、それらをインストールする許可を求められます。Windows Vista では、UI モードとサイレント モードの両方でアクセス許可が必要です。Windows Vista の修正プログラムのインストールを自動化する場合は、管理者アカウントを使用して修正プログラムをインストールする必要があります。詳細については、 Visual Studio 2005 サービス パック 1 更新プログラムの Windows Vistaを参照してください。

64 ビット Windows 環境でデバッグします。

Visual Studio 2005 SP1 には、インストールされている 64 ビット Windows で 32 ビット アプリケーションをデバッグするときに機能するいくつかのデバッガーの修正プログラムが含まれています。64 ビット インストールで 64 ビット アプリケーションをデバッグするとき、これらの修正プログラムの一部のみが動作します。Visual Studio 2005 SP1 は、64 ビットのデバッグ コンポーネントの多くを変更しないためにです。

64 ビット Windows のインストールでは、64 ビット ネイティブの Visual Basic アプリケーションをデバッグするには。

64 ビット コンピューターで、Visual Basic アプリケーションを Visual Studio 2005 sp1 では、デバッグ中に表示される次のエラー部分修飾名 (MyNameなど) を評価する際に、デバッガー [ウォッチ] ウィンドウまたはイミディ エイト ウィンドウで。
BC 30699"MyNameが宣言されていない、またはそれを含むモジュールがデバッグ セッションに読み込まれていない」。
これは、プラットフォームの種類として[Any CPUまたはx64を使用してコンパイルされたアプリケーションにのみ適用されます。Visual Studio 2005 sp1 では、PDB 形式に最適化が行われました。最適化された pdb ファイル形式は、Visual Studio 2005 SP1 に付属する Visual Basic コンパイラでのみ使用できます。64 ビット Windows のインストールには、デバッグ、リモート デバッグ コンポーネントを介して行われますが、最適化された PDB 形式を理解するのにはこれらのコンポーネントが更新されていません。

この問題を解決するには。
  • Windows デバッガーで名を絶対パス名を提供します。例: ConsoleApplication1.MyClass.MyName

リモート デバッグします。

Visual Studio 2005 のインストールが含まれていないシステムには、Visual Studio 2005 SP1 をインストールできません。したがって、Visual Studio 2005 SP1 では、コンピューターのリモート デバッグ コンポーネントだけが含まれていると、Visual Studio 2005 ではないを更新できません。

この問題を解決するには、次のいずれかの操作を行います。
  • C:\Program ファイルの Visual Studio 8\Common7\IDE\Remote Debugger\x86\内のコンポーネントに置き換えることで、リモート デバッグ コンポーネントが含まれているコンピューターに Visual Studio 2005 SP1 の変更を適用します。
  • リモート コンピューターは、その共有から直接 msvsmon.exe を実行できるように、ネットワーク上のC:\Program ファイルの Visual Studio 8\Common7\IDE\Remote Debugger\x86\ディレクトリを共有します。
C:\Program ファイルの Visual Studio 8\Common7\IDE\Remote Debugger\内のファイルの [なし] が変更されたために、64 ビット コンピューターで Visual Studio 2005 SP1 でのデバッグの修正プログラムはインストールされていません。リモート システム上のデバッガーの修正プログラムを適用する場合は、デバッグ コンポーネントのソースとして 32 ビット システムを使用します。

複数 Windows 埋め込まれた CE 6.0 Sdk をインストールするには。

同じオペレーティング ・ システムの設計に基づく複数 Windows 埋め込まれた CE 6.0 Sdk をインストールするときは、Visual Studio 2005 SP1 ネイティブ プロジェクトの作成ウィザードで 1 つだけの SDK が表示されます。

シナリオ:
  1. Visual Studio 2005 SP1 をインストールします。
  2. 同じオペレーティング ・ システムの設計に基づいている複数の WINCE6.0 Sdk をインストールします。
  3. ネイティブ プロジェクトを新規作成し、プラットフォーム Sdk のプラットフォームを選択する] をクリックします。 SDK を 1 つだけが表示されます。

マネージ リソース エディター。

新しいイメージ、アイコンまたはテキスト ファイル、またはプロジェクト フォルダーまたはそのサブフォルダーのいずれかに含まれていない既存のファイルを追加しようとして、このエラー メッセージを表示するのには Visual Studio が発生します。
読み取りまたは書き込み保護されているメモリを実行しようとします。これは多くの場合、他のメモリが破損していることを示します。
この問題を解決するには。
  1. 移動または移動先のフォルダー (通常はリソースのフォルダー) のプロジェクトのビットマップやその他のファイルをコピーします。
  2. そこからマネージ リソース エディターにファイルをドラッグします。

最近のバージョンの Qt ライブラリのソース コードは、コンパイル時にエラーを与えます。

Vc++ コンパイラの修正によって特定テンプレートが Visual Studio 2005 SP1 を使用してコンパイルするコード C2244 エラーが発生しました。SP1 未適用のコンパイルを行うコードでは、継承されたテンプレート クラスと入れ子にされた型を使用します。具体的には、このようなテンプレート コードを使用している Qt ライブラリのソース コードの現在のバージョンは、この変更に影響されます。

次のような問題のあるコードの最も基本的なフォームが表示します。
template <class T>class A
{
public:
typedef int N_A;
};

template <class T>
class B : public A<T>
{
public:
typename A<T>::N_A test();
};

template <class T>
typename A<T>::N_A B<T>::test() /* 1 */
{
return 0;
}
テンプレート クラス B はテンプレート クラス A から継承します。 < T > には、入れ子にされた型、N_A、その B < T >:: test() を返します。Visual Studio 2005 SP1 コンパイラに印を付けた行の C2244 エラーが発生しますと * 1 * とします。 < T > の typedef を紹介する回避策は、:: < T > を B との使用で N_A B < T > では、その typedef です。 、回避策では、上記のコードに変更されます。
template <class T>class A
{
public:
typedef int N_A;
};

template <class T>
class B : public A<T>
{
public:
typedef A<T>::N_A N_B; // typedef definition
typename N_B test(); // use of the typedef in the return type
};

template <class T>
typename B<T>::N_B B<T>::test() // use of the typedef in the return type
{
return 0;
}

Visual Basic アプリケーションのイベントを表示するには、Visual Studio がクラッシュします。

Visual Basic プロジェクトの [アプリケーション] プロパティ ページで、アプリケーション イベントの表示をクリックすると、Visual Studio の ApplicationEvents.vb ファイルが既に存在しない場合をクラッシュさせることが発生します。

この問題を解決するには。
  • Visual Basic プロジェクトのルートにApplicationEvents.vbをという名前のファイルを作成し、し、次のテキストを挿入します。
    Namespace My' The follow events are available for MyApplication:
    '
    ' Startup: Raised when the application starts, before
    ' the startup form is created.
    ' Shutdown: Raised after all application forms are closed.
    ' This event is not raised if the application terminals
    ' abnormally.
    ' UnhandledException: Raised if the application encounters
    ' an unhandled exception.
    ' StartupNextInstance: Raised when launching a single-
    ' instance application and the application is already
    ' active.
    ' NetworkAvailabilityChanged: Raised when the network
    ' connection is connected or disconnected.

    Partial Friend Class MyApplication

    End Class

    End Namespace

XML デザイナーがクラッシュするは、XML スキーマの TargetNamespace プロパティが空の場合。

XML スキーマには、< Include > が含まれている場合は、他の XML スキーマを参照する、名前空間 (xmlns) または TargetNamespace (targetNamespace) が関連付けられているスキーマで参照されている名前空間とは異なる値である場合、XML デザイナーがクラッシュする可能性があります。つまり、スキーマには、他のスキーマが含まれる場合は、同じ名前空間を参照する必要があります。

この問題を解決するには。
  1. ソリューション エクスプ ローラーでスキーマ ファイルを右クリックし、スキーマを開き、エディターでコードの表示を選択します。
  2. TargetNamespacexmlnsを同じ名前空間に設定します。

Team Foundation Server:

Team Foundation Server のセットアップの詳細について、関連する問題では、 Microsoft Team Foundation Server 2010 Service Pack 1を参照してください。

プロファイラー ドライバーが Windows 2000 で使用できないようになります。

プロファイラー ドライバーを Windows 2000 プラットフォームでの作業も停止します。サンプリング モードでモニターを起動しようとしてエラーが報告されます。トレース モードでモニターを起動しようとして、ドライバーを実行できないという警告が報告されます。

この問題を解決するには。
  1. コンピューターを再起動します。
  2. これらのコマンドを実行します。
    vsperfcmd -driver:uninstallvsperfcmd -driver:start
  3. コンピューターからログオフします。
  4. コンピューターにログオンします。
  5. 以前と同じようにモニターを起動します。

CFindReplaceDialog は、ネイティブ スマート デバイス プロジェクトではローカライズされていません。

CFindReplaceDialog は、英語以外のデバイス上でネイティブ C++ スマート デバイス アプリケーションから呼び出されたときに英語のテキストを表示します。CFindReplaceDialog 用のリソースはローカライズされていませんし、この問題の解決方法はありません。

既存の Windows Mobile SDK のサンプルおよびスマート デバイスのネイティブ アプリケーションがコンパイルできないことがあります。

多くの既存のサンプルとネイティブ ユーザー アプリケーションが Visual Studio 2005 SP1 を使用して構築されたときにこのエラー メッセージを使用してコンパイルに失敗します。
エラー lnk2019 エラー: 未解決の外部シンボル __GSHandlerCheck
Pocket PC の Windows Mobile 5.0 SDK とスマート フォンの Windows Mobile 5.0 SDK の両方のサンプルは、この問題の影響を受けます。

Visual Studio 2005 SP1 では、Windows CE 6.0 のコンパイラで利用可能になっている/GS サポートを使用して、Visual Studio コンパイラを更新します。ネイティブの C++ スマート デバイス プロジェクトを明示的にリンクしない"libcmt.lib"または/GS では、オフになっていること、および Windows Embedded CE 6.0 プラットフォーム上で実行しているリンクのエラーが発生します。

この問題を解決するには。
  1. 追加のライブラリとリンクの一覧に明示的に"libcmt.lib"が含まれます。
  2. リンカーの警告をオフにする (/nowarn:4099)

データ バインドでは、ソフトウェア テスト担当者の Visual Studio Team Suite でのコード化された Web テストに失敗します。

同じロード テストから別のデータ ソースにバインドされている Web テストの実行コードと、このエラーが発生します。

シナリオ:
  1. データ バインディングを使用し、さまざまなデータ ソースにバインドされている 2 つのコード化された Web テストを作成します。
  2. 2 つのテストを 1 つのロード テストに追加します。
  3. ロード テストを実行します。
エラーは、2 つのデータ ソースのいずれかのデータが見つからないことを示します。

この問題を解決するには。

Web アプリケーションおよびプロジェクト

リファクタリング、ASP.NET web サイト プロジェクトでのパフォーマンスが向上しました。

パフォーマンスの優れた ASP.NET の web サイトを今すぐに含まれているソリューションでは、リファクタリング操作を呼び出すことです。

.Aspx ページを読み込む必要がある場合を決定する前にリファクタリング操作を実行します。
  • .Aspx ページ内に存在する場合を決定するリファクタリングされている要素の構文の検索を実行します。
  • 参照が現在のスコープからアクセス可能なかどうかを決定します。
Web アプリケーション プロジェクトでは、名前の変更リファクタリング、および検索のすべての参照でサポートされていませんから .aspx ファイルです。ただし、分離コード ファイルのリファクタリングは完全にサポートします。

アプリケーション プロジェクトの変換の問題を web:

Visual C# と Visual j# プロジェクトの両方を含む混合ソリューションを変換に失敗するか、空のプロジェクトを生成することがあります。回避策では、Visual Studio の各変換のための新しいインスタンスを起動することによって、各プロジェクトを個別に変換します。

プロジェクトの Web アプリケーション プロジェクトへの変換をキャンセルすると、エラーが発生して、プロジェクト状態のままに、半分で変換した可能性があります。

2003 Visual Basic 6 の WebClass プロジェクトのアップグレードを完了するがあります。回避策では、プロジェクトを閉じて再度開くし、アップグレードを再実行します。

Web アプリケーション プロジェクトに Visual Basic ファイルまたは .aspx ファイルに変換すると、デザイナー ファイル可能性があります、正しく更新されません。回避策は、ファイルを手動で修正することです。

Web サイト プロジェクトと Web アプリケーション プロジェクトの一般的な問題:

Web アプリケーションのプロジェクト システムでは、不足している web.config ファイルは検出されません。構成情報を必要とするコントロールを追加すると、false を指定のフォルダーをソリューション エクスプ ローラーで表示します。回避策は、すべてのコントロールを Web アプリケーション プロジェクトに追加する前に web.config ファイルを手動で追加します。

Web アプリケーションを含むプロジェクトをサブプロジェクトのルート プロジェクト内のコントロールの参照は、IDE でハングする可能性があります。

場合は、.pdb ファイルと .xml ファイルを含む Web サイト ソリューションを TFS ソース コントロールに追加すると、.pdb ファイルと .xml ファイルが追加できません正しく。

ウィザード内に見つかりませんビュー内を操作する場合、Visual Studio はメモリをリークします。回避策は、ソリューションを保存し、Visual Studio を再起動します。

Web サイトおよび Web アプリケーション プロジェクトの bin フォルダーへの変更が原因で、全体の bin フォルダーのシャドウ コピーを作成するのには Visual Studio があります。このコピー作業を Visual Studio のパフォーマンスが低下し、ディスク領域を消費できます。

ページおよびユーザー コントロールは、同じルート名前空間の下にある別の名前空間に存在する場合、デザイナーがページ内のユーザー コントロールの宣言を作成する名前空間が間違っているため生成されたコードがコンパイルされません。回避策では、デザイナー ファイルから宣言を削除し、分離コード ファイルに配置します。コード ビハインド ファイルに移動すると、その残りますが改変されていないページを変更した場合でも。

インストールして、サード ・ パーティ製のブラウザーをアンインストールすることが原因の実行では、f5 キーを押すとブラウザーで表示コマンド Web アプリケーション プロジェクトでの動作を停止します。次のレジストリ キーがまだ使用できるかどうかを確認する必要があります。
[見つけて。EXE] @=""C:\\Program Files\\Internet Explorer\\iexplore.exe""""「「=」"C:\\Program Files\\Internet エクスプ ローラー」「のパス"
Service pack をインストールした後、クライアント側の ASP.NET 開発サーバーに接続する Windows 2000 で Web アプリケーション プロジェクトを引き起こすことがあります。これは、ビルドが失敗する可能性があります、Visual Studio がハングする可能性があります。問題は、プロジェクト システムと開発用サーバーの間で競合状態の結果です。回避策では、Windows 2000 で IIS を使用し、開発用サーバーを回避するためにプロジェクトを構成します。

Web アプリケーション プロジェクトでは、デザイナー内のイベントをダブルクリックしてイベント ハンドラーを作成しようとしていますがあります、ページ クラスには、1 つまたは複数のオーバー ロードされたメソッドが含まれている場合。これは、Web サイト プロジェクトを使用する場合に発生しません。

読み取り専用共有フォルダーに、Web アプリケーション プロジェクトを発行すると、クラッシュする Visual Studio が発生します。回避策は、共有が書き込み可能であることを確認することです。

サードパーティ製のファイアウォールが原因で Visual Studio のクラッシュします。

Web アプリケーション プロジェクトでは、CTRL + f5 キーまたはブラウザーで表示して起動されるように Internet Explorer の新しいインスタンスが発生します。

Web サイト プロジェクトは、Web アプリケーション プロジェクトで正しく入れ子にするには失敗します。

リソースの [プロパティ] ページでイメージを追加することがあります、誤ったエラー メッセージが表示されます。

WSE 3.0 のトレースは、Visual Studio 2005 の Web アプリケーション プロジェクトを使用して作成されたプロジェクトでは動作しません。トレースは期待どおりに WSE 3.0 のプロジェクトの Web サイトです。

トレースが Web アプリケーション プロジェクトまたは Web サービス アプリケーションのプロファイリングを有効にします。

トレースは、Visual Studio IDE からプロファイリングは、Web アプリケーション プロジェクトまたは Web サービス アプリケーションに対しては機能しません。ユーザー コードがレポートに表示されません。

この問題を解決するには。
  1. プロジェクトのプロパティ ページを開きます。
  2. Visual C# プロジェクトの場合に、ビルド後のイベント コマンドライン] ウィンドウに、次を追加します。
    $(DevEnvDir) \.\..\team tools\performance tools\vsinstr$(TargetPath)
  3. Visual Basic プロジェクトで、[ビルド イベント] ダイアログ ボックスを開くには、ビルド イベントをクリックします。ビルド後のイベントのコマンド ラインウィンドウに以下を追加します。
    $(DevEnvDir) \.\..\team tools\performance tools\vsinstr$(TargetPath)
  4. IDE から通常の方法でプロファイリングを行います。
サンプリング プロファイリングを実行する場合は、プロパティ ページからこの行を削除します。

Visual Studio 2003 の Web アプリケーションで Visual Studio 2005 SP1 での変換後のチェック時の不明なエラー:

このエラーは、次のシナリオで発生します。
  1. Visual Studio 2003 では、ソリューションを作成し、Web アプリケーションを追加し、ソース管理に追加します。
  2. Visual Studio 2005 では、[ファイル] メニューで、ソース管理から開く] をクリックし、Visual Studio 2003 ソリューションします。
  3. 移行] ダイアログ ボックスが表示されるソリューションを Visual Studio 2005 に移行する完了をクリックします。
  4. 移行中にこの警告が表示されます。
    以下の理由により、ソリューション内の 1 つまたは複数のプロジェクトをロードできませんでした: プロジェクト ファイルまたは web 移動、名前変更またはお使いのコンピューター上ではありません。これらのプロジェクトがソリューション エクスプ ローラーで利用不可として付きます。プロジェクトをロードできませんでした理由を表示するプロジェクト ノードを展開します。
  5. [OK] をクリックします。ソリューションが正常に移行して、プロジェクトは移行されませんことができないソリューション エクスプ ローラーで利用可能です。
この問題を解決するには。
  1. Visual Studio 2003年をインストールします。
  2. Visual Studio 2003 ソリューションを作成します。
  3. Visual Studio 2005年をインストールします。
  4. Visual Studio 2005 でソリューションを読み込むし、それを保存します。
  5. Visual Studio 2005 SP1 をインストールします。
  6. 手順 4 で保存したソリューションを読み込みます。

ハードウェアのメモ

ARMV4i や ARMV4T のボードのタイプを使用するお客様:

ARMV4i で作業している場合を Visual Studio のアプリケーションを配置することはできませんし、命令で ARMV4T のボード型が 84017153 および 84082689、Id を設定するか、またはデバイスでテストします。


この問題を解決するには。
  1. C:\Documents and 別のバックアップの Data\Microsoft\corecon\1.0\addons\にある、Microsoft.TypeMaps.8.0.xsl のバックアップ コピーを確認します。

    Microsoft.TypeMaps.8.0.xsl、 < QISCONTAINER > (6 行目)をした後、次の行を追加します。
    <QIS ID="84017153">  <PROPERTYCONTAINER>
    <PROPERTY ID="default" Protected="true">ARMV4I</PROPERTY>
    </PROPERTYCONTAINER>
    </QIS>
    <QIS ID="84082689">
    <PROPERTYCONTAINER>
    <PROPERTY ID="default" Protected="true">ARMV4I</PROPERTY>
    </PROPERTYCONTAINER>
    </QIS>

  2. ファイルを保存します。

関連製品

マイクロソフトのデバイス エミュレーターのバージョン 2.0:

Visual Studio 2005 SP1 では、インストールされている Microsoft デバイス エミュレーターは更新されません。Microsoft デバイス エミュレーターの 2.0 は、2007 年 1 月にリリースされます。デバイス エミュレーター 2.0 では、ユーザーがより高いパフォーマンスと、最近リリースされた Windows Embedded CE 6.0 プラットフォームのターゲット デバイスのアプリケーション開発から利用できるようです。詳細については、 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=80668を参照してください。

Crystal レポートを Visual Studio 2005 のサービス パック 1 の。

Visual Studio 2005 の Service Pack 1 の Crystal Reports は、2007 年の春にリリースされます。サービス パックは製品の既存の機能の全体的な質の向上し、Visual Studio 2005 SP1 および Windows Vista との互換性の高いレベルを維持します。Service pack には、顧客からのフィードバックと社内テストで発生した問題が解決されます。ビジネス オブジェクトでは、当社の製品の品質を高めることに努めています。詳細については、または Visual Studio のサービス パックの最新の Crystal レポートをダウンロードするには、 Crystal レポートのサービス パックを参照してください。

Dotfuscator Community Edition の場合は:

Dotfuscator Community Edition は、Visual Studio 2005 のオリジナル リリース版以降に更新されています。プリエンプティブ ソリューションの変更についての情報を無料の更新プログラムを入手するのにを参照してください。

© 2006 Microsoft Corporation
プロパティ

文書番号:928957 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Architects, Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Developers, Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Testers, Microsoft Visual Studio 2005 Team Foundation Server, Microsoft Visual Studio 2005 Standard Edition, Microsoft Visual Studio 2005 Professional Edition

フィードバック