Windows でワイヤレス LAN の永続的なトレースを有効にする方法

はじめに

この資料では、Windows を実行しているコンピューターを起動するときは、ワイヤレス ローカル エリア ネットワーク (WLAN) のトレースを有効にする方法について説明します。コンピューターの起動時にトレースを有効にコマンド ・ ラインからの永続的なトレースを有効にする必要があります。

詳細

パフォーマンス モニターを使用するか、 netshコマンド ライン ツールを使用して WLAN 用のトレースを有効にできます。既定では、Windows でのトレース モードは、非永続的です。トレースを有効にすると、アクティブのまま手動で停止するまで、またはコンピューターを再起動します。

特定のシナリオでは、コンピューターの起動時に WLAN 用のトレースを有効にする必要があります。 たとえば、トラブルシューティングを行うし、ユーザーがコンピューターにログオンする前に発生する可能性のある問題をデバッグするときに実行する可能性があります。これを行うには、トレースを有効にして、永続的なパラメーターのモードを設定するのにはnetshコマンド ライン ツールを使用します。 永続的なトレースは、トレースを有効にすると、残っているアクティブなコンピューターを再起動した後でもを意味します。

Windows で WLAN で永続的なトレースを有効にするのには、以下の手順を。
  1. 管理者としてコマンド プロンプトを実行します。

    Windows 7 または Windows Vista
    [スタート] ボタンStart button をクリックし、[検索の開始] ボックスに「cmd」と入力します。プログラム] の一覧で、[ cmd ] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

    User Account Control permission  続行することを確認するメッセージが表示されたら、[続行] をクリックします。


    Windows 8.1 または Windows 8
    チャームを表示するのには右からの読み取りです。「Cmd」を検索します。プレス アンド ホールドを右クリックし、検索結果内のコマンド プロンプトと] をタップし、または管理者として実行] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで次の行を入力し、ENTER キーを押します。
    netsh wlan set tra persistent

    トレースでは、すぐに起動し、永続的です。コンピューターを再起動すると、WLAN 自動構成サービスの開始後にすぐトレースを開始します。既存のトレース ログ ファイルが上書きされます。

    注: 有効にした後、トレースを停止するには、次のコマンドを使用します。
    Netsh wlan が tra を設定しません。


関連情報

Netshコマンド ライン ツールを使用して Windows Vista での WLAN 設定を構成する方法に関する詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:929854 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Windows Vista Ultimate, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Business, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Starter, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Enterprise, Windows 8, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8.1, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1 Enterprise

フィードバック