Windows 7 および Windows Vista にプレインストールされている Office を起動するたびに使用許諾契約書が表示される

適用対象: Microsoft Office Professional Edition 2003

現象


Microsoft Windows 7 にプレインストールされている Microsoft Office 2007 および Microsoft Windows Vista にプレインストールされている Microsoft Office 2003 は、初回起動時に使用許諾契約書が表示されます。通常、初回に使用許諾契約書に同意すれば、次回の起動時からは使用許諾契約書は表示されなくなりますが、プレインストール版の Office 2007 および Office 2003 を実行している場合、使用許諾書契約書に同意したにも関わらず、Office 2007 および Office 2003 を起動するたびに毎回、使用許諾契約書が表示されることがあります。

原因


この現象は、Windows 7 および Windows Vista でユーザー アカウント制御 (UAC) の機能が既定で有効になっているために発生します。

UAC とは、Windows 7 および Windows Vista の機能の 1 つであり、許可されていない変更がコンピュータに加えられるのを防止するのに役立ちます。Windows 7 および Windows Vista では UAC が有効になっていると、すべてのプログラムを標準ユーザーとして実行します。

解決方法


Office 2007 および Office 2003 プログラムの Word、Excel、または Outlook のいずれかを管理者として実行し、使用許諾契約書に同意します。

ここでは例として、Word 2003 を管理者として実行する方法について説明します。なお、一旦 Word を管理者として実行すれば、Excel および Outlook を管理者として実行する必要はありません。
  1. Windows の [スタート] ボタン[スタート] ボタン をクリックします。
  2. [検索の開始] ボックスに winword と入力します。


    Word を検索する
  3. [プログラム] の一覧の winword を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

    Word を管理者として実行する

    ユーザー アカウント制御 管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  4. Office 使用許諾契約書を確認の上、[同意する] をクリックします。


    Office 使用許諾契約書
  5. Word 2003 を一度終了し、再度 Word 2003 を起動します。
  6. 使用許諾契約書が表示されないことを確認します。

詳細


プレインストール版の Office 2007 および Office 2003 の起動時に表示される使用許諾契約書の同意を有効にするためには、管理者ユーザーで Office を実行させる必要がありますが、UAC が有効になっていると、管理者ユーザーでログオンしていたとしても、プログラムは標準ユーザーで起動されるため、使用許諾契約書に同意することができません。