FIX: 開くか、.NET Framework 3.0 に含まれている XPS ビューアーを使用して保護されている XPS ドキュメントを作成するときエラー メッセージ:"できませんこのドキュメントを開くアクセス許可の期限が切れているため」

現象

開くか、Microsoft.NET Framework 3.0 に含まれている XPS ビューアーを使用して保護された XML 用紙仕様 (XPS) ドキュメントを作成するときに、次のエラー メッセージが表示されます。

アクセス許可の期限が切れているために、このドキュメントを開くことができません。
注: XPS ビューアーは、Microsoft.NET Framework 3.0 のコンポーネントです。.NET Framework 3.0 は、Windows Vista に含まれています。

原因

XPS ビューアーを作成して、RM で保護された XPS ドキュメントを開く、Microsoft Windows の権限管理サービス (RMS) 機能を使用します。RMS は、構成情報を格納するのに XML マニフェスト ファイルを使用します。

「現象」に記載されている問題は、マニフェスト ファイルは、XPS ビューアー RMS 機能の不適切な有効期限を設定するために発生します。システムの日付が、マニフェスト ファイルを設定する有効期限の日付より後の場合は、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。たとえば、マニフェスト ファイルは、2006 年 12 月 31 日に期限を設定し、システムの日付が 2006 年 12 月 31 日より後の場合は、この問題が発生します。

解決策

修正プログラムの情報

修正プログラムは、.NET Framework 3.5 では、.NET Framework 3.5 Service Pack 1 に含まれています。この問題を解決するには、Windows Update を使用して.NET Framework の最新バージョンをインストールします。または、次のマイクロソフト Web サイトから最新の service pack をダウンロードします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

プロパティ

文書番号:932471 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Microsoft .NET Framework 3.0, Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1

フィードバック