Outlook 2007 で受信トレイ、連絡先、予定表、仕事、メモ、履歴などのデータを復元する方法

はじめに

この資料では、Microsoft Office Outlook 2007 で個人用フォルダ ファイル (.pst) から Outlook のデータを復元する方法を説明しています。個人用フォルダ ファイルのデータを復元して Outlook 2007 で利用するには、個人用フォルダ ファイルをインポートします。

: 復元する個人用フォルダ ファイルが読み取り専用メディア (CD-ROM 等) に保存されている場合は、個人用フォルダ ファイルをハード ディスクにコピーしてからインポートを実行してください。

受信トレイや連絡先などの Outlook のデータを個人用フォルダ ファイルに保存する方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
932567 Outlook 2007 で受信トレイ、連絡先、予定表、仕事、メモ、履歴などのデータをバックアップする方法

詳細

  1. [インポート/エクスポート ウィザード] ダイアログ ボックスを表示します。
    [ファイル] をクリックし、[インポートとエクスポート] をクリックします。

  2. 実行する操作を選択します。
    [他のプログラムまたはファイルからのインポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  3. インポートするファイルの種類を選択します。
    [インポートするファイルの種類を選択してください] ボックスの一覧から [個人用フォルダ ファイル (pst)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. [個人用フォルダを開く] ダイアログ ボックスを表示します。
    [参照] をクリックします。

  5. インポートする個人用フォルダ ファイル (.pst) を指定します。
    フォルダ一覧から、個人用フォルダ ファイルが保存されている場所をクリックします。次に、インポートする個人用フォルダ ファイルをクリックし、[開く] をクリックします。
    ここでは例として、Outlook.pst ファイルを選択します。

  6. 個人用フォルダのインポートを開始します。
    [次へ] をクリックします。
    : 個人用フォルダ ファイルが読み取り専用メディア (CD-ROM 等) に保存されている場合、それらのメディア内のファイルを選択してインポートすることはできません。ハード ディスクに個人用フォルダ ファイルをコピーしてから、再度インポートを実行してください。

  7. 復元するフォルダを選択します。
    [インポートするフォルダの選択] ボックスに表示されているフォルダの一覧から、復元するデータを含むフォルダをクリックし、[完了] をクリックします。
    フォルダの中にサブフォルダがあり、このデータも含めてインポートしたい場合は、[サブフォルダを含む] チェック ボックスのチェックを入れます。

  8. メールのインポートが開始されます。
メール データが正常にインポートされたか確認します。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
881357 個人用アドレス帳を別のコンピュータに移動する方法

881346 Outlook 2003 で受信トレイ、連絡先、予定表、仕事、メモ、履歴などのデータを復元する方法
880553 メールが消えてしまった場合に備えて、別の場所に保存する方法
プロパティ

文書番号:932568 - 最終更新日: 2016/10/04 - リビジョン: 1

Microsoft Office Outlook 2007

フィードバック