[マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ] カーネル修正の保護を改善する更新プログラム

はじめに

マイクロソフトでは、x64 ベースの Windows オペレーティング システムに含まれているカーネル修正の保護用の更新プログラムが利用可能になったことを知らせる、セキュリティ アドバイザリをリリースしました。カーネル修正の保護では、Windows カーネルのコードおよび重要な構造が、未知のコードやデータによって書き換えられないように保護されます。この更新プログラムにより、この保護機能に確認が追加され、Windows の復元機能が強化されます。



セキュリティ アドバイザリを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

詳細

Windows Vista (x64 ベース) 用の更新プログラム


Windows Server 2003 (x64 ベース) 用の更新プログラム


Windows XP Professional (x64 ベース) 用の更新プログラム


カーネル パッチ保護 : よく寄せられる質問

この更新プログラムで発生する既知の問題

x64 ベースの Windows Server 2003 を実行しているコンピュータにこの更新プログラムをインストールした後、コンピュータが再起動される現象がランダムに発生し、STOP エラー メッセージが表示されることがあります。表示される STOP エラーコードは、0x0000001E、0x000000D1、またはその他の STOP エラー コードです。この問題を解決するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている修正プログラムをインストールしてください。


950772 x64 ベースの Windows Server 2003 を実行しているコンピュータが再起動される現象がランダムに発生し、0x0000001E または 0x000000D1 などのエラー コードが生成される

プロパティ

文書番号:932596 - 最終更新日: 2008/07/20 - リビジョン: 1

フィードバック