Windows Vista で重要なファイルのバックアップを作成したい

適用対象: Windows Vista BusinessWindows Vista Home BasicWindows Vista Home Premium 詳細

Windows Vista で作成したファイルのバックアップを取りたい彼女。効率よくバックアップを取る方法を、彼が教えてくれます。
Girl student wondering about something
Windows Vista のパソコンで作成したファイルのバックアップを取っておきたいんだけど、何かいい方法はない?
Male student face explaining something
Windows Vista はバックアップ機能が充実しているから、効率よくバックアップが取れるよ。

まず、コントロール パネルの [システムとメンテナンス] にある [バックアップと復元センター] を表示してみて。


バックアップを作るときは [ファイルのバックアップ] を、バックアップしたデータを復元するときは [ファイルの復元] をクリックするんだ。どちらもウィザード形式で画面の指示に従って操作すればいいので、簡単だよ。
face of girl student
それじゃ、まず [ファイルのバックアップ] をやってみるわ。
Neutral face of a male student
[どこにバックアップを保存しますか?] と表示されるから、バックアップ データを保存するドライブを指定して。内蔵や外付けのハード ディスク、書き込みのできる CD や DVD などでも大丈夫だよ。
Girl student smiling
それじゃ、USB 接続のハード ディスクにしてみるわ。これならパソコンとは別に保管できるから、安全よね。
Male student face smiling
そうだね。さて、次の画面は、[どのディスクをバックアップに含めますか?] だ。ここでは、バックアップするディスクを選択するんだよ。Windows がインストールされているディスクは必ず含まれているんだけど、それ以外にもバックアップ可能なディスクがあると、この画面が表示されるんだよ。
Girl student saying yes
もう 1 つのディスクには重要なデータはないので、選択しないでおくわ。
Male student face explaining something
次の、[どの種類のファイルをバックアップしますか?] という画面では、バックアップを作るファイルの種類を選択するよ。さっき選択したディスクから、ここで選択した種類のファイルだけがバックアップされるんだ。
face of girl student
1 つずつファイルを指定する必要はないわけね。
Male student face smiling
Windows Vista Home Basic の場合は、これで設定は終わり。[次へ] をクリックすると、バックアップが開始されるよ。

バックアップの作成方法を画像つきで確認!
Girl student saying yes
思ったより簡単なのね。
Male student face explaining something
今回の設定内容は記憶されるので、次回からは [ファイルのバックアップ] をクリックするだけで、同じ設定でバックアップが実行されるから、もっと簡単だよ。
Girl student questioning something
Windows Vista の他のエディションでは、動作が違うの?
Neutral face of a male student
毎日 23 時とか、金曜日の 18 時 30 分というように、バックアップのスケジュールが設定できるんだ。一度スケジュールを設定してしまえば、後はその日時になると自動的にバックアップが実行されるんだよ。
face of girl student
それは便利ね!
Male student face explaining something
Windows Vista Business と Windows Vista Ultimate には、ファイル単位ではなく、システム全体のバックアップを作成する Complete PC バックアップという機能もあるんだよ。これだと、データだけでなく、アプリケーション ソフトウェアやドライバなど、システムの環境も含めて丸ごとバックアップできるんだ。
Girl student questioning something
バックアップしたデータを復元する方法も教えてくれる?
Face of male student noticing something
復元も簡単だよ。[バックアップと復元センター] で [ファイルの復元] をクリックして、どのバックアップ データから復元するか選択して、復元するファイルやフォルダを選択すればいいんだ。最後に、どこに復元するかを指定して、復元を実行。


バックアップの復元方法を画像つきで確認!
Girl student smiling
簡単にバックアップを取る方法を教えてくれてありがとう。こまめにバックアップを取るようにするわ。

手順の確認

バックアップの作成方法
画面は Windows Vista Home Basic を使用した場合の例です。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システムとメンテナンス] の [バックアップの作成] をクリックします。
  3. [バックアップと復元センター] が表示されるので、[ファイルのバックアップ] をクリックします。
  4. [どこにバックアップを保存しますか?] の画面が表示されるので、バックアップ先のドライブを選択し、[次へ] をクリックします。
  5. 起動ドライブ以外に内蔵のハード ディスクがある場合は、それをバックアップに含めるかどうかを選択し、[次へ] をクリックします (この画面は、起動ドライブ以外に内蔵ハード ディスクがない場合には表示されません)。手順 4. でバックアップ先に選択したドライブは、バックアップ対象に含めることはできません。
  6. バックアップ対象にするファイルの種類を選択する画面が表示されます。バックアップ対象にしない種類のファイルは、チェック ボックスをオフにしてください。
  7. [設定を保存しバックアップを開始] をクリックすると、バックアップが開始されます。
  8. バックアップが終了すると、[バックアップと復元センター] に戻ります。次回からは [ファイルのバックアップ] をクリックすると、前回と同じ設定でバックアップが実行されます。設定を変更するときは [設定の変更] をクリックしてください。
元の会話に戻る

バックアップの復元方法
画面は Windows Vista Home Basic を使用した場合の例です。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [システムとメンテナンス] の [バックアップの作成] をクリックします。
  3. [バックアップと復元センター] が表示されるので、[ファイルの復元] をクリックします。
  4. [最新バックアップにあるファイル] が選択されていることを確認して、[次へ] をクリックします。[最新バックアップにあるファイル] は、最後に行ったバックアップ データを復元する場合に使用します。それ以前のバックアップ データを復元する場合は、[古いバックアップにあるファイル] をクリックしてください。バックアップの履歴からバックアップ データを選択することができます。
  5. ファイルを復元したい場合は [ファイルの選択]、フォルダごと復元したい場合は [フォルダの選択] をクリックします。
  6. 復元するファイル、またはフォルダを選択する画面が表示されるので、復元するファイル、またはフォルダをクリックし、[追加] をクリックします。ファイルの場合は、Shift キーや Ctrl キーを押しながらクリックすることで、複数のファイルをまとめて追加することができます。
  7. 手順 6. を繰り返して復元するファイル、またはフォルダをすべて指定したら、[次へ] をクリックします。
  8. 復元場所として [元の場所] が選択されていることを確認して、[復元の開始] をクリックします。別の場所に復元したい場合は、[次の場所] をクリックし、復元場所を指定してください。
  9. 復元が終了すると次の画面が表示されるので、[完了] をクリックします。
元の会話に戻る