Access 2007 でファイルを開くとセキュリティの警告が表示される場合の対処方法

概要

この資料では、Microsoft Office Access 2007 でデータベース ファイルの一部の内容が無効にされた場合の制限事項とデータベースを有効にする方法を説明します。

はじめに

Microsoft Office Access 2007 では、信頼できる場所以外に保存されたデータベース ファイルを開く場合、セキュリティの警告に関する以下のメッセージ バーが表示されます。




セキュリティの警告 : データベースの一部の内容が無効にされました
このメッセージ バーが表示された状態では、次の動作が制限されることがあります。
  • はがきウィザードの制限 : はがきウィザードで作成されたレポートが正常に表示されません。
  • 一部のマクロの制限 : 一部のアクションにおいてマクロを実行する場合、以下のようなエラーが通知され実行できません。
    Microsoft Office Access

    無効モードでは、 'file name' マクロ アクションを実行できません。
  • アクション クエリの制限 : 更新クエリやテーブル作成クエリなどの、アクション クエリを実行しようとしても、何も反応せず実行されません。また、ステータスバーには以下のメッセージが表示されます。
    無効モードのため、アクションまたはイベントはブロックされました。
  • ActiveX コントロールの制限 : フォームやレポートに挿入された、バーコード コントロールなどの ActiveX コントロールが正常に表示されません。また、以下のようなエラー メッセージが通知されます。
    Microsoft Office Access

    セキュリティの設定と現在のセキュリティ ポリシーにより、このコントロールは使用できない状態になっています。ポリシーを変更し、データベースを使用可能にするには、メッセージ バーを使用してください。
  • VBA コードの制限 : プロシージャを実行する場合、以下のエラー メッセージが表示されます。
    Microsoft Visual Basic

    このプロジェクトのマクロは無効に設定されています。マクロを有効にする方法についてはオンライン ヘルプまたはホスト アプリケーションのドキュメントを参照してください。

詳細

Access データベース ファイルのすべての機能を利用するには、次のいずれかの方法で操作します。

方法 1 : 毎回コンテンツを有効にするか確認する

警告 : このコンテンツの発行元が信頼できるかどうかを確認することはできません。このコンテンツが重要な機能を備えており、発行元が信頼できる場合を除き、このコンテンツは無効のままにしてください。 データベース ファイルを開く際に表示される [セキュリティの警告] でコンテンツを有効にします。データベース ファイルを閉じるまでの間、コンテンツが有効となります。
  1. [セキュリティの警告] メッセージ バーで [オプション] をクリックします。

    [セキュリティの警告] メッセージ バーの [オプション] ボタン
  2. [Microsoft Office セキュリティ オプション] ダイアログ ボックスで "このコンテンツを有効にする" をクリックします。



    セキュリティの警告
  3. [OK] をクリックします。

方法 2 : 信頼できる場所にデータベースを移動する

  1. Microsoft Office ボタン (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

    Access のオプション
  2. [Access のオプション] ダイアログ ボックスで、[セキュリティ センター] をクリックし、[Microsoft Office Access セキュリティ センター] の下にある [セキュリティ センターの設定] ボタンをクリックします。

    セキュリティ センターの設定
  3. [セキュリティ センター] ダイアログ ボックスで [信頼できる場所] をクリックします。
    [ユーザー指定の場所] としてすでに登録されているパスを確認するか、別のフォルダを信頼できる場所として新たに追加する場合は、[新しい場所の追加] をクリックします。

    信頼できる場所
  4. [Microsoft Office の信頼できる場所] ダイアログ ボックスの "パス:" 欄に直接フォルダへのパスを入力するか、[参照] をクリックして、信頼できる場所に指定するフォルダを選択します。
  5. [OK] をクリックして [Microsoft Office の信頼できる場所] ダイアログ ボックスを閉じます。
  6. [OK] をクリックして [セキュリティセンター] ダイアログ ボックスを閉じます。
  7. [OK] をクリックして [Access のオプション] ダイアログ ボックスを閉じます。
  8. Access 2007 を終了します。
  9. 手順 3 で確認したフォルダ、または手順 4 で指定したフォルダにデータベース ファイルを移動します。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
931407 Access 2007 データベースの VBA 機能を呼び出すマクロを実行すると、"操作が失敗しました。 エラー番号 :2950" エラー メッセージが表示される
Access 2007 データベースをより安全に保つ方法を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
Access データベースを保護する

http://office.microsoft.com/ja-jp/access/HA012301871041.aspx
信頼できる発行元を追加、削除、表示する

http://office.microsoft.com/ja-jp/access/HA100341381041.aspx
プロパティ

文書番号:937392 - 最終更新日: 2009/07/08 - リビジョン: 1

フィードバック