Windows ベースのコンピューターからネットワーク共有に接続するユーザーの資格情報を使用するときにエラー メッセージ:「指定されたネットワーク フォルダーが現在割り当てられて、別のユーザー名とパスワードを使用して」

適用対象: Microsoft Windows XP Service Pack 3Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2Windows Vista Service Pack 2

2010 年 4 月 13 日に、service pack がインストールされていない Windows Vista のサポートが終了しました。Windows のセキュリティ更新プログラムの受信を続行するには、Windows Vista を Service Pack 2 (SP2) で 実行していることを確認してください。 詳細については、このマイクロソフト web サイトを参照してください: 一部のバージョンの Windows のサポートは終了しています。

現象


次のような状況を考えます。
  • Microsoft Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Server 2008 または Windows Vista を実行している Windows ベースのコンピューターがあります。
  • リモート サーバー上では、2 つのネットワーク共有があります。
  • ネットワーク共有のいずれかに接続するには、ユーザーの資格情報を使用します。次に、別のユーザーの資格情報を使用して、他のネットワーク共有に接続しようとしました。
このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
指定されたネットワーク フォルダーは、別のユーザー名とパスワードを使用して現在割り当てられています。別のユーザー名とパスワードを使って接続するには、このネットワーク共有の割り当てをすべてをまず切断します。
このエラー メッセージが表示されたら [ ok]をクリックした場合次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
サーバーまたは複数のユーザー名を使用して、同じユーザーが共有リソースへの複数の接続は許可されていません。サーバーまたは共有リソースへのすべての以前の接続を切断してからやり直してください。

状況


これは仕様による動作です。

回避策


この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

ネットワーク共有に接続しようとするときは、リモート サーバーの IP アドレスを使用します。

方法 2

リモート サーバーが、別のドメイン ネーム システム (DNS) エイリアスを作成し、このエイリアスを使用してネットワーク共有に接続します。

これらのメソッドのいずれかを使用した後は、ネットワーク共有に接続する別のユーザーの資格情報を使用できます。このような場合は、コンピューターは、別のサーバーに接続しているかのように動作します。

詳細


他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、この連絡先情報は予告なしに変更される場合があります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。


詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。
 
106211資格情報は、既存の競合を提供しています.
 
173199 1 つの Windows NT のセッションで複数の資格情報
 
183366 WNetAddConnection2 と複数のユーザーの資格情報