Groove 2007 と SharePoint 2010 の Groove サーバーを使用する方法

はじめに

この資料では、Microsoft Office Groove 2007 が Groove サーバーを使用する方法について説明します。Groove 中継の使用については、Groove ワークスペース、共有フォルダー、および Microsoft SharePoint Workspace 2010 のいくつかの認識機能にも適用されます。SharePoint Workspace 2010 の SharePoint ワークスペースに適用されません。

詳細

Groove サーバー
Microsoft Office Groove 2007 および Groove の以前のバージョンは通常 Groove サーバーの 2 つのタイプを使用します。
  • マネージャー
  • リレー

マネージ Groove ドメインは、管理タスクを監査し、機能を強化するには、他の Groove サーバーを実行することもできます。

マネージャー
マイクロソフトのパブリックにアクセス可能なサーバーは、アカウントを作成するか、アカウントのパスワードをリセットするために必要なサービスを使用してアンマネージの Groove ユーザーを提供します。ただし、管理対象のユーザーの Groove Manager 可能性がありますもこれらのアカウントを Active Directory のアカウントに関連付ける、取引先企業データのバックアップを作成、信頼関係を管理およびガイドまたは、Groove を使用する方法を構成するためのポリシーを提供します。

Groove Manager サーバーは、SharePoint Workspace 2010 のインストールを管理することもできます。ただし、多くの SharePoint ワークスペース アカウント ポリシー管理することもグループ ポリシー オブジェクト (Gpo) から Active Directory ディレクトリ サービス環境にします。SharePoint ワークスペース 2010年の Gpo の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

構成し、SharePoint Workspace 2010 をカスタマイズします。
リレー
SharePoint Workspace 2010 と Groove 2007 の中継サーバーを必要とするいくつかの機能があります。SharePoint Workspace 2010 のライセンスまたはライセンスの Groove 2007 には、Groove 2007 を通常の操作を必要とするマイクロソフトの Groove リレー サービスへのアクセスが含まれています。SharePoint ワークスペースでは、すべてのお客様にとっての中心的な機能ではない以下の機能のリレーを使用します。

Groove 2007 では、次の関数には、リレーへのアクセスが必要です。
  • LAN に登録されていない連絡先の認識です。
  • Exchange の Groove ワークスペースのデータと同時にログオンしている Groove にログオンしていないユーザーの連絡先とのメッセージです。
  • Exchange の Groove ワークスペースのデータとメッセージを連絡先の相手には、直接接続を確立することはできません。制限されたネットワーク環境で、ローカル ネットワークに登録されていない連絡先があります。

SharePoint Workspace 2010 では、Office Communicator のエンタープライズ展開は、SharePoint ワークスペースのアカウントが Active Directory アカウントに関連付けられている場合にのみが認識し、メッセージの別の機構を提供できます。その他の環境では、Groove の中継が使用されます。さらに、SharePoint ワークスペースのお客様の多くは、Groove ワークスペースを使用しません。SharePoint サーバーとデータを同期するのには、SharePoint ワークスペースの Groove 中継使用されていません。

SharePoint ワークスペースを使用する方法の詳細については、エンタープライズ環境での中継は、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

2502051

Groove ワークスペースが禁止されている場合でも、SharePoint ワークスペースは Groove リレーでは、接続を開始まだ可能性があります。

Groove ワークスペースのすべてのデータは暗号化され、ネットワーク経由でリレーとマイクロソフトによって読み取ることができません。

Groove データのセキュリティの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
916359方法 Groove ワークスペースのセキュリティを維持および保護されていないネットワーク経由で送信されるデータを保護するのに役立ちます

オプションをホストするサーバー
次の構成のいずれかでは、Groove 2007 または SharePoint Workspace 2010 を使用できます。
  • 社内で管理している Groove サーバーのライセンスです。

  • 管理することが、マイクロソフトによってホストされている Groove サービスのライセンスです。

    このオプションは、新しいサブスクライバーに利用可能ではありません。
  • でマイクロソフトのサーバーにインターネットに接続します。既定では、Groove 2007 と SharePoint Workspace 2010 の管理されていないライセンスのコピーを使用して一般に公開する Groove 中継が所有しているし、Microsoft によって管理されているのいずれかのメンバーは、オンライン時に、同じユーザー間の通信など、基本的な Groove の機能をサポートします。

アカウントの構成後は、マイクロソフトがホストする Groove サーバーに到達できないに分離されたネットワーク上 Groove 2007 を使用できます。ただし、いくつかの基本的な機能は動作しません。オフラインのユーザーにデータを送信するために、またはルーターの反対側のユーザーとデータをやり取りするためには、Groove 中継サーバーへのアクセスを必要があります。


Groove Server 2007 Microsoft Office にはには、Groove サーバー マネージャーと Groove Server Relay が含まれています。これらのサービスでは、Groove の大規模な展開を管理し、ドメイン内の Groove データの詳細に制御を提供できます。Groove サーバー マネージャーと Groove Server Relay の機能のほとんどは、Microsoft Office Groove エンタープライズ サービス、オンサイトのサーバーをホストしたくないお客様から入手します。


Groove サーバーを展開する場合、Groove サーバー マネージャーのインストールには、Microsoft SQL Server へのアクセスが必要です。Groove サーバー マネージャーだけでは、SQL サーバーへのアクセスが必要です。SQL server のクライアント アクセス ライセンス (CAL) には、ドメイン内に、Groove 2007 クライアント インストールは必要はありません。


プロパティ

文書番号:939806 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

フィードバック