Windows Internet Explorer 7 の Installation and Availability Update について

はじめに

この資料では、Windows Internet Explorer 7 の Installation and Availability Update について説明します。また、Internet Explorer 7 ユーザー インターフェイスでのインストール エクスペリエンスの変更および機能強化について説明し、ダウンロード情報についても説明します。

詳細

システム要件

Internet Explorer 7 は、以下のオペレーティング システムで実行できます。

  • Windows XP Service Pack 2 (SP2)
  • Windows XP Professional x64 Edition
  • Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)
Internet Explorer 7 を実行するための最小システム要件については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

機能

Internet Explorer 7 の機能については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

ダウンロード情報

この Internet Explorer 7 の更新プログラムをダウンロードするには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

すべての Windows ユーザーは、Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトから、この更新プログラムをインストールできます。

Windows Internet Explorer 7 の Installation and Availability Update で加えられた変更の一覧

  • Windows Genuine Advantage (WGA、正規 Windows 推奨プログラム) の確認処理が無効になっている


    Windows Internet Explorer 7 の Installation and Availability Update では、Windows Genuine Advantage (WGA、正規 Windows 推奨プログラム) の確認処理が無効になっています。このため、コンピュータにインストールされている Windows のバージョンが正規の製品でない場合でも、Internet Explorer 7 をインストールできます。

  • デフォルトでメニュー バーが表示される



    2006 年の秋にリリースされた Internet Explorer 7 のバージョンとは異なり、デフォルトでメニュー バーが表示されます。

  • 新しいユーザーに対して初期設定が実行される


    Internet Explorer 7 を起動して最初に表示されるページにより、ブラウザのインストール処理が簡略化されます。このページでは、デフォルトの検索プロバイダやフィッシング詐欺検出機能の設定などを定義するように要求されます。また、たとえば、ClearType を有効にするかどうかを指定するように要求されます。さらに、最初の実行時に、Internet Explorer 7 の最も優れたいくつかの機能が提示されます。

Windows XP での自動更新の構成方法および使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。


306525 Windows XP での自動更新の構成方法および使用方法

プロパティ

文書番号:940767 - 最終更新日: 2008/02/20 - リビジョン: 1

フィードバック