Windows Vista を実行しているコンピュータで Windows メールを使用すると、送信トレイにメッセージが残ることがある


現象


Windows Vista を実行しているコンピュータで Windows メールを使用すると、送信トレイに一部のメッセージが残ることがあります。これらのメッセージは送信も削除もできません。また、Windows メールを終了するたびに、送信トレイに未送信のメッセージがあることを示すメッセージが表示されます。受信トレイやごみ箱など、他のフォルダでもメッセージが残って削除できなくなることがあります。



この資料は、特に指定のない限り、初級レベルから中級レベルのコンピュータ ユーザーを対象にしています。

解決方法


この問題を解決するには、最初に、Windows Vista 用の以下の更新プログラムをダウンロードしてインストールします。この更新プログラムの適用後、送信トレイに残っているメッセージを削除できます。



: メッセージは完全に削除されるため、メッセージを送信し直す必要があります。



更新プログラムを適用しても問題が解決しない場合は、次に、「高度なトラブルシューティング」に記載されている方法を試してください。

更新プログラムの適用

Windows Vista 更新プログラムをダウンロードしてインストールすることで、問題が解決する場合があります。ダウンロード パッケージは、32 ビット版の Windows Vista 用と 64 ビット版の Windows Vista 用の 2 つが用意されています。適切なパッケージをダウンロードして、コンピュータに更新プログラムをインストールします。実行している Windows Vista が 32 ビット版であるか 64 ビット版であるかがわからない場合は、「Windows Vista が 32 ビット版か 64 ビット版かを確認する方法」を参照してください。



更新プログラムの詳細については、「詳細」を参照してください。ただし、この情報を参照しなくても、更新プログラムをダウンロードしてインストールすることはできます。

更新プログラムのダウンロードとインストール

実行している Windows Vista のバージョンに応じた更新プログラムをダウンロードします。次に、更新プログラムをコンピュータにインストールして、問題が解決しているかどうかを確認します。



: この更新プログラムをインストールする前に、残っているメッセージの内容を保存して、後でメッセージの情報を利用できるようにすることをお勧めします。更新プログラムの適用によってメッセージが削除されると、そのメッセージは完全に削除されます。

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。


119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、以下の手順を実行します。

  1. 実行している Windows Vista のバージョンに応じたダウンロード リンクをクリックします。



    リンクをクリックすると、「Microsoft ダウンロード センター」が表示され、ダウンロード処理を開始することができます。更新プログラムをコンピュータにダウンロードするには、Web サイトの指示に従ってください。ダウンロードの際に、更新プログラムを保存するコンピュータ上の場所を必ずメモしてください。インストールを開始するときにこの情報が必要になります。



    下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


    Windows Vista (32 ビット版)

    ダウンロード 941090 パッケージ

    Windows Vista (64 ビット版)

    ダウンロード 941090 パッケージ
    : 更新プログラムを正常にダウンロードできない場合は、「次の手順」を参照してください。

  2. Windows メールを実行している場合は、終了します。

  3. ダウンロードした更新プログラム ファイルを見つけます。

  4. 更新プログラムをダブルクリックして、インストールします。表示される指示に従って、インストールを完了します。



    : "この更新プログラムはお使いのシステムには適用されません" というメッセージが表示される場合は、適切なバージョン (32 ビット版または 64 ビット版) がダウンロードされていることを確認します。適切なバージョンがダウンロードされている場合、更新プログラムは既にインストールされています。この場合は、「高度なトラブルシューティング」を参照して、Windows メールの問題を解決するのに役立つ可能性のある別の方法を試してください。



    更新プログラムのインストール時に他の問題が発生した場合は、「次の手順」を参照してください。

  5. Windows メールを起動し、残っていたメッセージが送信トレイに依然として残っているかどうかを確認します。残っている場合は、メッセージの送信または削除を試します。

  6. 依然としてメッセージを送信することも削除することもできない場合は、コンピュータを再起動して、メッセージが削除されるかどうかを確認します。

    • メッセージが削除されている場合、問題は解決しています。作業はこれで終わりです。

    • メッセージが削除されない場合、更新プログラムのインストールで問題は解決されていません。この場合は、「高度なトラブルシューティング」に記載されている方法を試します。

Windows Vista が 32 ビット版か 64 ビット版かを確認する方法

適切なダウンロード パッケージをダウンロードするために、Windows Vista のバージョン (32 ビット版または 64 ビット版) を知る必要があります。コンピュータで実行している Windows Vista のバージョンを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタン をクリックします。

  2. [検索の開始] ボックスにシステムと入力します。

  3. [プログラム] ボックスの一覧の [システム情報] をクリックします。

  4. [項目] 列の下で、[システムの種類] をチェックして、実行している Windows Vista のバージョンを確認します。

    • [X86-ベース PC] と表示された場合は、32 ビット版を実行しています。

    • [x64-ベース PC] と表示された場合は、64 ビット版を実行しています。

実行している Vista のバージョンが確認できたら、そのバージョンに応じた更新プログラムをダウンロードします。

高度なトラブルシューティング


これらの方法は、中級レベルから上級レベルのコンピュータ ユーザーを対象にしています。高度なトラブルシューティングに不慣れな場合は、だれかに支援を依頼するか、Microsoft Customer Support Services Web サイトを使用して別の解決方法を見つけるか、またはマイクロソフト サポート サービスにお問い合わせください。詳細については、「次の手順」を参照してください。



重要 : 以下の方法には、Windows メール アプリケーションで使用されるファイルを直接コピーまたは削除する手順が含まれています。ファイルまたはフォルダを誤って変更すると、メッセージ データが消去される可能性があります。このため、メッセージのバックアップを安全な場所に作成しておくことをお勧めします。このようにすることで、必要に応じて Windows メールの復元機能を使用して、バックアップをインポートできます。メッセージのバックアップを作成する手順については、「方法 1 : Windows メールのメッセージ ストアを再構築する」を参照してください。




更新プログラムをインストールしても問題が解決しなかった場合は、1 番目の方法から始めてください。1 番目の方法で問題が解決しない場合は、2 番目の方法を試します。

方法 1 : Windows メールのメッセージ ストアを再構築する

この方法を使用すると、メッセージ ストアを再構築できます。メッセージ ストアを再構築すると、エラーが含まれていないメッセージのみが読み込まれ、エラーが含まれているメッセージは削除されます。



Windows メールのメッセージ ストアを削除してから、再構築するには、以下の手順を実行します。

手順 1 : メッセージ ストアを見つける

個人メッセージ ストアが保存されているフォルダを見つけます。メッセージ ストアは、通常、以下のフォルダにあります。

hard disk\ユーザー\user\AppData\Local\Microsoft\Windows Mail
このフォルダにない場合は、Windows メールを使用して見つけます。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. Windows メールで、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスで [詳細設定] タブをクリックし、[メンテナンス] をクリックします。

  3. [メンテナンス] ダイアログ ボックスで、[保存フォルダ] をクリックします。

  4. [保存場所] ダイアログ ボックスで、[個人メッセージ ストアは下のフォルダに保存されています] ボックスを右クリックし、[すべて選択] をクリックします。

  5. [個人メッセージ ストアは下のフォルダに保存されています] ボックスを右クリックし、[コピー] をクリックします。

  6. [キャンセル] または閉じるボタンをクリックし、すべてのダイアログ ボックスを閉じます。

  7. [スタート] ボタンをクリックします。[検索の開始] ボックスを右クリックし、[貼り付け] をクリックして、個人メッセージ ストアの場所を [検索の開始] ボックスに貼り付けます。

  8. Enter キーを押すと、個人メッセージ ストアが保存されているフォルダが開きます。

手順 2 : メッセージのバックアップを作成する (オプション)

必要に応じて、メッセージ ストアを再構築する前に、メッセージ ストアのバックアップを作成しておくことができます。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. ハード ディスクにバックアップ用の新しいフォルダを作成します。

  2. Windows メール フォルダに保存されているアイテムをすべてコピーします。

  3. ハード ディスクに作成したフォルダに、コピーした内容を貼り付けます。

  4. 手順 1. で見つけた Windows メール フォルダに戻ります。

手順 3 : メッセージ ストアを削除して再構築する

メッセージ ストアを削除して再構築します。

  1. 個人メッセージ ストアが保存されているフォルダで、[WindowsMail.MSMessageStore] ファイルを右クリックし、[削除] をクリックします。



    このファイルの削除に失敗し、次のメッセージが表示された場合は、以下の手順を実行して Windows Vista をセーフ モードで再起動し、ファイルを削除します。ファイルを削除できた場合は、手順 3. の 2. に進みます。

    別のプログラムがこのファイルを開いているので、操作を完了できません。
    ファイルを閉じてから再実行してください。

    1. コンピュータを再起動し、コンピュータの起動中に F8 キーを繰り返し押します。詳細ブート オプションの画面が表示されます。

    2. 方向キー ([↑]、[↓]) を使用して [セーフ モード] を選択し、Enter キーを押します。

    3. ユーザーを選択する画面が表示されたら、自分のユーザー アカウントを使用してシステムにログオンします。



      : セーフ モードは、診断を目的として使用します。セーフ モードを使用すると、Windows Vista は機能が制限された状態で起動します。最小限のドライバを使用してコンピュータが起動されるため、画面は VGA モード (640 x 480) で表示され、アイコンやウィンドウも通常より大きく表示されます。

    4. 手順 1. で見つけた Windows メール フォルダに移動し、WindowsMail.MSMessageStore ファイルを削除します。正常に削除できた場合は、手順 3. の 2. に進みます。削除に失敗した場合は、「方法 2 : Windows メール フォルダを再構築する」を参照してファイルの削除を試してください。

  2. Backup フォルダを開き、次に New フォルダを開きます。

  3. Ctrl キーを押しながら A キーを押して、New フォルダのすべてのファイルを選択します。次に Del キーを押します。

  4. すべてのフォルダを閉じます。

  5. Windows メールを起動してメッセージ ストア データベースを再構築します。Windows メールが再起動したら、メッセージ ストア ファイルが正しく修復されています。

  6. この時点で、メッセージが削除されているかどうかを確認します。引き続き残っている場合は、それらのメッセージの送信または削除を試してみます。

    • メッセージが削除された場合、問題は解決しています。作業はこれで終わりです。

    • メッセージが削除されない場合は、メッセージ ストアを再構築しても問題は解決されませんでした。この場合は、「方法 2 : Windows メール フォルダを再構築する」に進みます。

  7. Windows Vista をセーフ モードで起動している場合は、コンピュータを通常どおりに再起動してセーフ モードを終了します。

方法 2 : Windows メール フォルダを再構築する

メッセージ ストアを再構築しても問題が解決されない場合は、以下の手順を実行して Windows メール フォルダを再構築します。


手順 1 : Windows メール フォルダの名前を変更し、新しいフォルダを作成する

  1. Windows メールを実行している場合は、終了します。

  2. Windows Mail フォルダを見つけます。このフォルダを見つける方法については、方法 1 の「手順 1 : メッセージ ストアを見つける」を参照してください。このフォルダは、通常、以下の場所にあります。

    hard disk\ユーザー\user\AppData\Local\Microsoft\
  3. [Windows Mail] フォルダを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。

  4. フォルダ名の末尾に old を追加して、Windows Mailold にします。

手順 2 : 新しい Windows メール フォルダを作成し、以前のフォルダの内容をコピーする

  1. Windows メールを起動します。これにより、新しい Windows メール フォルダが自動的に作成されます。Windows メールを終了します。

  2. 新しい Windows Mail フォルダを見つけて、作成されていることを確認します。このフォルダを見つける方法については、方法 1 の「手順 1 : メッセージ ストアを見つける」を参照してください。このフォルダは、通常、以下の場所にあります。

    hard disk\ユーザー\user\AppData\Local\Microsoft\
    : 新しい Windows Mail フォルダが圧縮されている場合は、このフォルダの圧縮を解除する必要があります。これを行うには、[Windows Mail] フォルダを右クリックし、[展開] をクリックします。

  3. Windows Mailold フォルダを開きます。

  4. Local Folders フォルダを開いて、account{xxxxxxxxxxxxx}.oeaccount ファイルをコピーします。xxxxxxxxxxxxx には、数字またはアルファベットが入ります。

  5. このファイルを新しい Windows メール フォルダ (この方法の手順 1. で作成) の Local Folders フォルダにコピーします。


  6. Windows Mailold フォルダに以下のフォルダが存在する場合は、各フォルダをコピーし、新しい Windows メール フォルダに貼り付けます。

    • Stationery
    • マイクロソフト コミュニティ
  7. フォルダをすべて閉じます。

手順 3 : メッセージを Windows メールにインポートする

  1. Windows メールを起動します。

  2. 以前の Windows メール フォルダから新しいフォルダにメッセージをインポートします。これを行うには、以下の手順を実行します。

    1. [ファイル] メニューの [インポート] をポイントし、[メッセージ] をクリックします。

    2. [プログラムの選択] ボックスの一覧で、[Microsoft Windows メール 7] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    3. [参照] をクリックし、Windows Mailold フォルダの場所を選択し、[次へ] をクリックします。

    4. [フォルダの選択] で [すべてのフォルダ] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    5. [完了] をクリックします。[インポートされたフォルダ] にメッセージがインポートされます。

  3. [インポートされたフォルダ] にインポートされたメッセージを、[ローカル フォルダ] の下の適切なフォルダに移動します。たとえば、[インポートされたフォルダ] の下の [Local Folders] の下の [Inbox] フォルダにあるメッセージを、[ローカル フォルダ] の下の [受信トレイ] フォルダに移動します。

  4. 残っていたメッセージが削除されていることを確認します。削除されていない場合は、そのメッセージの送信または削除を試します。

削除できないメッセージが依然として存在する場合は、Windows メール フォルダを再構築しても問題は解決されていません。この場合は、「次の手順」に進みます。

次の手順


更新プログラムをダウンロードまたはインストールできない場合、または高度なトラブルシューティングの方法を実行しても問題が解決しない場合は、Microsoft Customer Support Services Web サイトを使用して別の解決方法を見つけることができます。Microsoft Customer Support Services Web サイトでは、以下のサービスが提供されています。

  • 高度な検索 : マイクロソフト製品のサポート技術情報とセルフ ヘルプ ツールを検索できます。

  • 製品別サポート ページ : よく寄せられる質問と重要なサポート情報を製品別に参照できます。

  • マイクロソフト ニュースグループ : 他のユーザーや Microsoft MVP (Most Valuable Professionals) から情報を得ることができます。

  • サービスとポリシー : 質問や、Microsoft Product Support Services へのお問い合わせ、フィードバックがある場合は、このページを参照してください。

これらのマイクロソフト Web サイトを使用しても問題が解決しない場合、またはマイクロソフト サポート サービス Web サイトで問題の解決方法が見つからない場合は、以下のリンクをクリックして、マイクロソフト サポート サービスにお問い合わせください。

状況


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


ここでは、Windows Vista の更新プログラムに関する技術的な詳細を説明します。



リリース日 : 2007 年 8 月 27 日


マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、他の更新プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報

この更新プログラムでは、レジストリを変更する必要はありません。

ファイル情報

Windows Vista (32 ビット版)
ファイル名

バージョン
サイズ
日付

時刻
プラットフォーム
Update.mum
該当なし

1,776
2007/08/15
20:30
該当なし

x86_189bf1f368162d3723ee2a3ba8ae06d5_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20661_none_e0e2c7efb884816a.manifest
該当なし

701
2007/08/15
20:30
該当なし

x86_microsoft-windows-mail-core-dll_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20661_none_56e23e874170f55b.manifest
該当なし

71,287
2007/08/15
20:30
該当なし

Msoe.dll
6.0.6000.20653
1,614,336
2007/08/15
11:15
x86
Msoeres.dll
6.0.6000.20653
2,836,992
2007/08/15
08:49
x86
Windows Vista (64 ビット版)
ファイル名

バージョン
サイズ
日付

時刻
プラットフォーム
amd64_9667226d7a2844920d063c515b0e1be0_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20661_none_0374cacc6bcca1e5.manifest
該当なし

1,050
2007/08/15
20:30
該当なし

amd64_microsoft-windows-mail-core-dll_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20661_none_b300da0af9ce6691.manifest
該当なし

71,375
2007/08/15
20:34
該当なし

Update.mum
該当なし

2,005
2007/08/15
20:30
該当なし

Msoe.dll
6.0.6000.20653
2,078,720
2007/08/15
12:15
x64
Msoeres.dll
6.0.6000.20653
2,836,992
2007/08/15
08:49
x64

関連情報


Windows メールの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。



Windows Vista 機能の説明 : メールWindows Vista ヘルプ : Windows メールの操作ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。


824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明