Windows vista の Windows Media Player 11 の累積的な更新

概要

マイクロソフトは、Windows vista の Windows Media Player 11 の累積的な更新をリリースしました。この更新プログラムは、Windows vista の Windows Media Player 11 のいくつかの信頼性に関する問題を解決します。 この更新プログラムをインストールすることによって、さまざまな場面で信頼性が向上を実現できます。

現象

Windows Vista で Windows Media Player 11 を使用すると、次の問題が発生する可能性があります。
  • Windows Media Player の複数のインスタンスを実行すると Windows Media Player のメディア ライブラリ データベースが破損する可能性があります。次回起動したときと、Windows Media Player のメディア ライブラリは空になります。必要がありますドライブを再スキャンし、ライブラリを再設定します。たとえば、Internet Explorer で Windows Media Player のスタンドアロンのインスタンス、埋め込みの Windows Media Player のインスタンスを実行するときに、この問題が発生する可能性があります。
  • メディア ライブラリまたは Windows デスクトップ サーチを使用して、ファイルのインデックスを作成しようとするときにいくつかのファイルを追加しようとすると、プロセスが応答を停止することがあります。
  • 日本語バージョンの Windows Media Player 11 でいくつかの単語、不適切、または正しく変換されます。の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

    941776いくつかの単語は、不正または不適切な変換で Windows Media Player 11 の日本語版

解決策

Windows Vista 用の更新プログラムに関する情報

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。


Windows Vista の 32 ビット バージョンWindows Vista では、64 ビット バージョンMicrosoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591
オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。


注: この更新プログラムには、Wmp.dll ファイルの最後のセキュリティ更新プログラムに含まれるすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。、Wmp.dll ファイルの最後のセキュリティ更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

プログラム 936782 MS07-047: Windows Media Player の脆弱性によりリモートでコードが実行

必要条件


前提条件が必要ではありません。

再起動の必要性


この修正プログラムを適用した後に、コンピューターを再起動することはありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報


この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報


この修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Vista では、x 86 ベース バージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Dxmasf.dll11.0.6000.63444,09608-Sep-200704:53x86
Mediametadatahandler.dll6.0.6000.20676356,86408-Sep-200704:52x86
Msdxm.ocx11.0.6000.63444,09608-Sep-200704:53x86
Renderingcontrol.xml該当なし5,42207-Jan-200705:38該当なし
Spwmp.dll6.0.6000.206767,68008-Sep-200704:53x86
Wmp.dll11.0.6000.634410,616,83208-Sep-200704:54x86
Wmp.mof該当なし4,88707-Jan-200705:39該当なし
Wmpconfig.exe11.0.6000.6344107,52008-Sep-200704:15x86
Wmplayer.exe11.0.6000.6344168,96008-Sep-200704:14x86
Wmploc.dll11.0.6000.63448,147,96808-Sep-200704:14x86
Wmpplayer-ppdlic.xrm-ms該当なし2,96508-Sep-200704:41該当なし
Wmpshare.exe11.0.6000.6344107,52008-Sep-200704:14x86
Windows Vista では、x64 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Dxmasf.dll11.0.6000.63445,12008-Sep-200705:24x64
Mediametadatahandler.dll6.0.6000.20676402,94408-Sep-200705:22x64
Msdxm.ocx11.0.6000.63445,12008-Sep-200705:24x64
Renderingcontrol.xml該当なし5,42207-Jan-200705:38該当なし
Spwmp.dll6.0.6000.206769,21608-Sep-200705:23x64
Wmp.dll11.0.6000.634413,585,40808-Sep-200705:24x64
Wmp.mof該当なし4,88707-Jan-200705:39該当なし
Wmpconfig.exe11.0.6000.6344108,03208-Sep-200704:11x64
Wmplayer.exe11.0.6000.6344171,00808-Sep-200704:11x64
Wmploc.dll11.0.6000.63448,148,48008-Sep-200704:11x64
Wmpplayer-ppdlic.xrm-ms該当なし2,96508-Sep-200705:14該当なし
Wmpshare.exe11.0.6000.6344108,03208-Sep-200704:11x64

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この修正プログラムをインストールする場合、セキュリティ更新プログラム 936782 (セキュリティ情報 MS07 047) をインストールするのにはありません。この資料には、セキュリティ更新プログラム 936782 に含まれるすべての修正が含まれています。

Windows Media Player 11 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

プロパティ

文書番号:941651 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

フィードバック