BIOS によって報告された C ステートが不連続であると、プロセッサがアイドル状態のとき、Intel プロセッサを搭載した Windows Server 2003 ベースのコンピューターが高電力消費量を発生ことがあります。

現象

Intel プロセッサを搭載した Windows Server 2003 ベースのコンピューターは、プロセッサがアイドル状態のとき、高電力消費量にすることがあります。この問題は、コンピューターの BIOS によって報告された C ステートが不連続である場合に発生します。

たとえば、次のシナリオを考えます。
  • Intel プロセッサを搭載した Windows Server 2003 ベースのコンピューター、BIOS は、のみ、C1 ステートと C3 状態を報告します。BIOS では、C2 状態を報告しません。
  • コンピューターおよびプロセッサをアイドル状態になることができます。
このシナリオでは、プロセッサ ドライバーは、C3 ステートを使用しません。代わりに、プロセッサは C1 ステートのままです。したがって、コンピューターは C3 ステートの省電力機能を悪用するものです。この問題は、プロセッサがアイドル状態のとき、プロセッサの電力消費量を特に影響します。

メモこの問題は、以下のバージョンの Windows Server 2003 を実行しているコンピューター上でのみ発生します。
  • Windows Server 2003 では、x86 ベースのバージョン
  • Windows Server 2003 では、x64 ベースのバージョン
この問題は、Windows Vista を実行しているコンピューターでは発生しません。

原因

Windows Server 2003 ベースのコンピューターでは、インテル プロセッサ ドライバー (Intelppm.sys) 連続していない C の状態を正しく処理しません。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、コンピューターが以下のオペレーティング システムのいずれかを実行している必要があります。
  • Windows Server 2003 Service Pack 1
  • Service Pack 2 がある Windows Server 2003
  • Windows XP では、x64 ベースのバージョン
  • Windows XP サービス パック 2、x64 ベースのバージョン

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Server 2003 では、x64 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Intelppm.sys5.2.3790.300249,15203-Sep-200708:24x64
Windows Server 2003 Service Pack 1、x86 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Intelppm.sys5.2.3790.300236,86431-Aug-200714:05x86
Windows Server 2003 Service Pack 2、x86 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Intelppm.sys5.2.3790.414336,86431-Aug-200715:10x86
Windows Server 2003 Service Pack 2、x64 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Intelppm.sys5.2.3790.414349,15203-Sep-200708:31x64
Windows XP では、x64 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Intelppm.sys5.2.3790.300249,15203-Sep-200708:24x64
Windows XP サービス パック 2、x64 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Intelppm.sys5.2.3790.414349,15203-Sep-200708:31x64

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

インテル Nehalem プロセッサーの詳細については、以下のインテル Web サイトを参照してください。
注: Windows Vista を使用する場合は、電力消費量とバッテリ寿命の問題に関するヘルプを表示、次のマイクロソフト Web ページを参照してくださいことができます。他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、この連絡先情報は予告なしに変更される場合があります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。


この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

詳細についてはマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される標準的な用語について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

プロパティ

文書番号:941838 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

フィードバック