デジタル署名された.NET Framework 2.0 の Windows アプリケーションが非常に遅く、起動することがあります。 か、Windows サービスの起動中にタイムアウトを可能性があります。

現象

デジタル署名付きの Microsoft.NET Framework 2.0 の Windows アプリケーションまたは Windows サービスを開始しようとすると、アプリケーションは非常に遅く開始します。 デジタル署名された Windows サービスの起動中にタイムアウトを可能性があり、サービス コントロール マネージャーから次のエラー メッセージが表示します。
エラー 1053: サービスは、開始要求または制御要求をタイムリーに応答しませんでした。

原因

アプリケーションは、認証に証明書失効リスト (CRL) をダウンロードする必要がありますので、この問題が発生します。ただし、ネットワーク接続が不足するいるとダウンロードがタイムアウトによって失敗します。などのファイアウォールでは、ダウンロードがブロック可能性がある可能性があります。Windows が起動時にネットワーク接続がまだ初期化されていません。

解決策

この問題を解決するのには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

証明書をローカルにキャッシュします。

注: 証明書は、15 日以内切れます。

方法 2

既定のネットワーク タイムアウト設定を最小限に抑えます。の既定のタイムアウトを変更する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

841632 MS04-11 のセキュリティ更新プログラムをインストールした後に「403.13 クライアント証明書が無効です」エラー メッセージが表示されます。

方法 3

Windows サービスは、サービスを開始できるようにするための既定のタイムアウト設定を変更できます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイルを指定して実行] をクリックして、「regedit」と入力してから [ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control
  3. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. ServicesPipeTimeoutを入力し、ENTER キーを押します。
  5. ServicesPipeTimeoutを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. [値データ] ボックスで、ミリ秒 (ms)、目的のタイムアウト値を入力し、し、[ OK] をクリックします。 たとえば、新しいサービスのタイムアウト値は 60 秒をする必要があります、[値データ] ボックスに60000を入力します。
  7. [ファイル] メニューの [終了] をクリックします。
  8. コンピューターを再起動します。


    注: この変更を適用するのには、サービス コントロール マネージャーのコンピューターを再起動する必要があります。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:941990 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

フィードバック