IIS 7.0 を実行しているコンピューターでホストされている Web サイトにアクセスするときにエラー メッセージ:「HTTP エラー 401.5-認証 ISAPI または CGI アプリケーションが失敗しました」


現象


インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 を実行しているコンピューターでホストされている Web サイトを参照してください、次のようなエラー メッセージが表示されます。
サーバー エラー
--------------------------------------------------------------------------------
HTTP エラー 401.5-認証の ISAPI または CGI アプリケーションが失敗しました。
HRESULT: 0
HRESULT の説明 # 操作は正常に完了しました。

原因


この問題は、アクセス拒否のエラーが発生したために発生します。したがって、要求を完了、次のオブジェクトのいずれかのことできませんでした。
  • カスタムの ISAPI 拡張機能
  • CGI アプリケーション
  • ASP ページ
  • ハンドラー
到達しようとした URL は、ISAPI、CGI アプリケーション、ASP ページ、またはサイトでは、続行することができます前にユーザーの資格情報を検証するハンドラーがインストールされてがします。この問題は、アプリケーションがユーザーの資格情報を確認できないために発生します。

解決策


この問題を解決するには、理由には、ユーザーを認証するかを決定する資料の「原因」に記載されている特定のオブジェクトのトラブルシューティングを行います。

エラーを生成したオブジェクトを確認するのには、HTTP 401.5 エラーの情報をログに記録するのには IIS マネージャーで失敗した要求トレース機能を構成します。作成される .xml ファイルを分析します。 そのためには、以下の手順を実行します。

手順 1: は、トレース機能を有効にします。

  1. [スタート] ボタン、[検索の開始] ボックスで、コントロール パネルを入力、プログラムの一覧で [コントロール パネル] をクリックします。
  2. プログラムと機能をクリックし、 [Windows の機能を有効/無効にする] をクリックします。
  3. 展開インターネット インフォメーション サービスWorld Wide Web サービス] を展開し、展開状態と診断します。
  4. [トレース] チェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。

手順 2: IIS マネージャーでトレース機能を有効にします。

  1. [スタート] ボタン、[検索の開始] ボックスに「inetmgrプログラムの一覧に「inetmgr」をクリック。

    注: 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合パスワードを入力または [続行] をクリックします。
  2. 接続ウィンドウで、IIS 7.0 を実行しているコンピューターを展開を選択し、 Web サイト] を展開し、[既定の Web サイト] をクリックします。
  3. 機能ビューで、[失敗した要求トレースをダブルクリックします。
  4. [操作] ウィンドウで、[追加を] をクリックします。
  5. すべてのコンテンツ (*)] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. ボックスで、ステータス コードは、 401.5を入力し、[次へ] をクリックします。
  7. [完了] をクリックします。