Center Operations Manager 2007 のシステムと System Center Essentials では、診断トレーシングを使用する方法

重要 この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。変更する前に、レジストリをバックアップすることを確認します。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには

はじめに

この資料では、マイクロソフトの System Center Essentials 2010 では、Microsoft システム センター操作マネージャー 2007 と Microsoft System Center Essentials 2007 では、診断トレーシングを使用する方法について説明します。

重要 マイクロソフト カスタマー サポート サービス (CSS) の担当者との関連付けだけでは、診断トレースを実行することをお勧めします。お勧めこの生成されたトレースには、テキスト ベースのトレース メッセージのコンテキストに関する情報が含まれているためです。ただし、Microsoft システム センター操作マネージャー 2007 と Microsoft System Center Essentials 2007 では、このトレース情報は人間が判読できる形式にします。トレースは、Microsoft CSS 担当者によって変換されますが後、は、人間が判読できるテキストを使用できます。ただし、このテキストには、ソース コード ファイルの名前、場所、ソース コードの関数、およびリターン コードなどの低レベルのみの情報が含まれています。この情報は、複雑な問題をトラブルシューティングする必要がある場合に役に立つ可能性があります。

System Center Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 Service Pack 1 (SP1) では、システム センターのオペレーション マネージャー 2007 SP1 では、およびそれ以降のバージョンでは、ファイル (TMF) は、トレース メッセージは、バイナリ トレース ファイルのテキストへの変換を許可するを指定しました。ただし、必要な場合にのみ、マイクロソフトの担当者の相談だけでは、診断トレースを実行することを強くお勧めします。

詳細

System Center Operations Manager 2007 や System Center Essentials 2007 は、Microsoft Operations Manager の以前のバージョンとは異なる診断トレース メソッドを実装します。この新しいトレース メソッドは、トレース情報を格納するバイナリ ファイルを作成します。この新しいトレース メソッドは、Windows カーネル レベルで実装されているが、あるため、効率性の高い、万の 1 秒あたりのトレース メッセージをログに記録。


次の情報では、起動してこれを行う Microsoft CSS 担当者から求められた場合は、トレースを停止するのには利用可能なツールについて説明します。次の情報では、System Center Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 sp1 では、システム センターの Operations Manager 2007 sp1 では、およびそれ以降のバージョンで提供される新機能についても説明します。

トレース ツールの場所

エージェントの役割、管理サーバーの役割またはゲートウェイの役割など、それぞれの役割のインストール フォルダーには、ツールという名前のフォルダーが含まれています。次のファイルは、[ツール] フォルダーに配置されます。
  • StartTracing.cmd
  • StopTracing.cmd
  • TracelogSM.exe
  • TracingGuidsBid.txt
  • TracingGuidsUI.txt
  • TracingGuidsNative.txt
  • TracingReadMe.txt
System Center Essentials 2010 は、System Center Essentials 2007 の SP1 およびシステム センターのオペレーション マネージャー 2007 SP1 は、次の追加機能を紹介します。

  • FormatTracing.cmd
  • ViewRealtimeTracing.cmd
  • TraceFmtSM.exe
  • OpsMgrTraceTMF.cab
  • Default.tmf
  • System.tmf

トレースを開始するには

注: System Center Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 sp1 では、システム センターの Operations Manager 2007 sp1 では、およびそれ以降のバージョン、エージェントの役割と管理サーバーの役割の両方でトレースが自動的に起動します。トレースは、エラー出力のみを使用します。バイナリ トレース ファイルは、システム ドライブの \Temp\OpsMgrTrace フォルダーに書き込まれます。トレーシング ・ レベルのトレース出力を変更するには、前にトレースを停止する必要があります。

診断トレースを開始するには、次の手順を実行します。
  1. コンピューターでトレースを開始、[スタート] ボタン、[実行] をクリックする、 「cmd」と入力し、 OKをクリックしますします。
  2. コマンド プロンプトで、ツールのディレクトリに変更するのには、 cdコマンドを使用します。次の一覧から適切なコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    System Center Essentials 2010:
    cd \Program Files\System センター Essentials\Tools

    System Center Essentials 2007 の場合:
    cd \Program Files\System ・ センターの基礎 2007\Tools

    System Center Operations Manager 2007。
    cd\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Tools
  3. StartTracingレベルを入力し、ENTER キーを押します。このコマンドのレベルをするトレーシング ・ レベルに置き換えます。トレーシング ・ レベルを指定するのには、大文字の文字を使用してください。次のレベルがあります。
    • エラー
    • 警告
    • INF
    • VER
    StartTracing の警告を入力します。
トレースを開始すると、トレース出力は、以下のバイナリ ファイルに書き込まれます。
  • MOMTraceNative.etl
  • MOMTraceBID.etl
  • MOMTraceUI.etl

Windows 2003、XP および 2000 でこれらのファイルは、システム ドライブの \Temp フォルダーに格納します。

注: System Center Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 sp1 では、システム センターの Operations Manager 2007 sp1 では、およびそれ以降のバージョンは、トレース ファイル (.etl) が Windows 2003 上、XP および 2000年のシステム ドライブの \Temp\OpsMgrTrace フォルダーに配置されます。

Vista およびそれ以降の OS が Windows 7 を含む、2008 と 2008 R2 のファイルは、windows\logs\OpsMgrTrace

トレースを停止するには

診断トレースを停止するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、 cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、ツールのディレクトリに変更するのには、 cdコマンドを使用します。次の一覧から適切なコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    System Center Essentials 2010:
    cd \Program Files\System センター Essentials\Tools

    System Center Essentials 2007 の場合:
    cd \Program Files\System ・ センターの基礎 2007\Tools

    System Center Operations Manager 2007。
    cd\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Tools
  3. StopTracing.cmdを入力し、ENTER キーを押します。
診断トレースを停止すると後、は、先で作業している Microsoft CSS 担当者に、システム ドライブの \Temp フォルダーから .etl ファイルを送信できます。

注: System Center Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 sp1 では、システム センターの Operations Manager 2007 sp1 では、およびそれ以降のバージョンで、トレース ファイルはシステム ドライブの \Temp\OpsMgrTrace フォルダーにあります。TMFs を指定するは、sp1 では、System Center Essentials 2010 では、トレース .etl ファイルをマイクロソフトに送信することがなく変換できます。Vista およびそれ以降の OS が Windows 7 を含む、2008 と 2008 R2 は、ファイル windows\logs\OpsMgrTrace にします。

既存のトレースを System Center Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 sp1 では、システム センターの Operations Manager 2007 sp1 では、およびそれ以降のバージョンのテキスト形式に変換するには

トレースのテキストを既存のトレース ファイルを変換するには StopTracing.cmd コマンドを使用して最初にトレースを停止する必要があります。

注: 変換後のトレース内の情報は、非常に低レベルの詳細 (デバッグ レベル) のです。したがって、変換後のトレースでは、ソース コードとコンポーネントは、トレース対象の知識が必要です。Microsoft CSS 担当者によって必要とされている場合にのみ、トレースの変換が実行されることをお勧めします。
  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、 cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、ツールのディレクトリに変更するのには、 cdコマンドを使用します。次の一覧から適切なコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    System Center Essentials 2010:
    cd \Program Files\System センター Essentials\Tools

    System Center Essentials 2007 の場合:
    cd \Program Files\System ・ センターの基礎 2007\Tools

    System Center Operations Manager 2007。
    cd\Program Files\System Center Operations Manager 2007\Tools
  3. FormatTracing.cmdを入力し、ENTER キーを押します。
FormatTracing.cmd コマンドを実行すると、最初にトレースを変換するために必要なトレース ファイルがシステム ドライブの \Program Files\System センターの操作の Manager\Tools\TMF フォルダーに抽出されます。FormatTracing.cmd バッチ ファイルは、各トレース ファイル (*.etl)システム ドライブの \Temp\OpsMgrTrace フォルダーに vista の場合を列挙し、それ以降の OS が Windows 7 を含む、2008 と 2008 R2 のファイルは、windows\logs\OpsMgrTrace
.TraceFMTSM.exe ユーティリティは、テキスト ファイルを変換します。Vista のシステム ドライブの \Temp\OpsMgrTrace フォルダーに、拡張子 .log を持つ同じ名前のファイルにテキスト出力が書き込まれ、それ以降の OS が Windows 7 を含む、2008 と 2008 R2 のファイルは、windows\logs\OpsMgrTrace
.概要 (.sum) ファイルは、変換されるファイルごとに同じ場所に書き込まれます。このファイルでは、変換の各トレース メッセージのイベントについて説明します。

System Center Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 sp1 では、システム センターの Operations Manager 2007 sp1 では、およびそれ以降のバージョンでの変換を表示するトレース ファイル

FormatTracing.cmd バッチ ファイルを使用してテキストに変換されるトレース ファイルは、メモ帳などのテキスト エディターを使用して表示できます。センター Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 sp1 では、システム センターの Operations Manager 2007 sp1 では、およびそれ以降のバージョンでは、Vista およびそれ以降の OS が、Windows 7 を含む、システム ドライブの \Temp\OpsMgrTrace フォルダーにあるファイルのトレースでは、既定で 2008 と 2008 R2 のファイルは、windows\logs\OpsMgrTrace

System Center Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 sp1 では、システム センターの Operations Manager 2007 sp1 では、およびそれ以降のバージョンでは既定ではブート時のトレースが有効になっています。

一般的なルート管理サーバー (RMS) のインストールでは、切り替えてサービスが開始される 3 つのトレース セッションが開始します。既定では、唯一のエラーのトレースが実行されます。ほとんどの情報は、トレース ファイルに書き込まれます。既定のトレース ファイルの場所と作成される名前は次のとおりです。
フォルダーファイル名説明
システム ドライブ\Temp\OpsMgrTraceTracingGuidsBID.etlマネージ コード コンポーネントのトレース出力
システム ドライブ\Temp\OpsMgrTraceTracingGuidsNative.etlネイティブ コード コンポーネントのトレース出力
システム ドライブ\Temp\OpsMgrTraceTracingGuidsUI.etl(OpsMgr の UI) のユーザー インターフェイスのマネージ コードのトレースの出力
各セッションでは、循環トレースを有効にし、ファイルの最大サイズは 100 メガバイト (MB) します。新しく作成した .etl ファイルの一般的な .etl ファイルのサイズは、16 kb (キロバイト) です。注: Vista と Windows 7 を含むそれ以降の OS は、2008 と 2008 R2 のファイルは、windows\logs\OpsMgrTrace


注: 操作マネージャーの役割、エージェントの役割などが含まれていませんが、管理または切り替えてサービスの開始時にそのユーザー インターフェイスのトレース メッセージの 3 つの既定のトレース .etl ファイルが既定で作成されました。既定では、トレース セッションが開始しないユーザー インターフェイスの唯一の役割です。

System Center Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 SP1 では、およびシステム センターのオペレーション マネージャー 2007 SP1 でのブート時のトレースを無効にする方法

警告: [レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

切り替えてサービスを含む任意のロールには、3 つのトレース プロバイダーが自動的に起動します。トレース ファイルは、vista の場合、システム ドライブの \Temp\OpsmgrTrace フォルダーに書き込まれ、それ以降の OS が Windows 7 を含む、2008 と 2008 R2 は、ファイル windows\logs\OpsMgrTrace にします。通常、このフォルダー内の .etl ファイルは、エージェントの役割を特には小さくなります。ただし、RMS の役割、操作マネージャーのインストールに問題がある、これらのファイルの 1 つ以上でした可能性のある拡張それぞれ 100 MB の最大サイズの設定です。これらのファイルを以下に示します。
  • TracingGuidsBid.etl
  • TracingGuidsNative.etl
  • TracingGuidsUI.etl
  • 以前の .etl ファイル
小さなブート パーティションのサイズのためにデバッグ レベルのトレースを無効にする場合は、管理サーバーの役割またはトレースを無効にするエージェントの役割を実行しているコンピューターにレジストリ値を追加できます。そのためには、以下の手順を実行します。


注: トレースを無効にした場合、低レベルのトレース情報が失われるために、Operations Manager の今後トラブルシューティングこの影響可能性があります。今後の修正プログラム、service pack、または製品の更新プログラム可能性がありますレジストリ エントリを削除し、もう一度トレースを有効にします。既定では、このレジストリ キーは存在しません。既定のトレースが有効なは、このレジストリ キーを削除するか、その値を 0 に変更します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイルを指定して実行] をクリックして、「regedit」と入力してから [ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    付き操作の Manager\3.0\
  3. トレースという名前のサブキーを作成します。
  4. 詳細ペインで、 DisableAutoTracingという名前のREG_DWORD値を作成します。
  5. [値のデータフィールドに、 1と入力し、[ OK] をクリックします。
  6. レジストリ エディターを終了します。
StopTracing.cmd バッチ ファイルを実行するには、[ツール] フォルダーから、オペレーション ・ マネージャーのトレース セッションが停止されます。ディスク領域を回復するために必要でなくなった場合、システム ドライブの \Temp\OpsmgrTrace フォルダー内の .etl ファイルを削除できます。Vista およびそれ以降の OS が Windows 7 を含む、2008 と 2008 R2 のファイルは、windows\logs\OpsMgrTrace

System Center Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 sp1 では、システム センターの Operations Manager 2007 sp1 では、およびそれ以降のバージョンのトレース ファイルの出力のデフォルトの場所に移動する方法

オペレーション マネージャー サーバーの役割、またはエージェントの役割は、ブート パーティションの空き領域が制限されているコンピューターをインストールする場合は、トレース ファイル (*.etl) の既定の場所を移動する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. ファイルを格納するに十分な容量を持つローカル ディスク上の新しいフォルダーを作成します。3 つの既定のトレース ファイルそれぞれ 100 MB の最大値と、最大 100 MB のファイルを以前に使用される 3 つのトレース、トレース ファイルの合計容量 600 MB に相当します。
  2. フォルダー、システムに少なくとも次の NTFS アクセス許可を設定 = フル コントロール管理者フル コントロールを = します。
  3. 見つけて運用マネージャーと必要なツールのインストール フォルダーに、StartTracing.cmd バッチ ファイルを開きます。メモ帳などのテキスト エディターを使用します。
  4. StartTracing.cmd バッチ ファイルで、OpsMgrTracePath の設定ステートメントを探します。既定値のシステム ドライブの \Temp\OpsMgrTrace を新しい場所のパスに置き換えます。パスに空白文字が含まれている場合は、音声マーク (') を使用してパスを区切ります。
  5. StartTracing.cmd ファイルに変更を保存します。
  6. トレースを開始する新しいフォルダーに、StopTracing.cmd バッチ ファイルを実行します。StartTracing.cmd バッチ ファイルを実行します。StartTracing.cmd バッチ ファイルを実行した後、以下のファイルは新しいフォルダーに書き込まれます。
    • TracingGuidsBid.etl
    • TracingGuidsNative.etl
    • TracingGuidsUI.etl
  7. トレースをテキストに変換するのには、FormatTracing.cmd コマンドを使用する前に、トレース ファイルの新しいフォルダーを指すように OpsMgrTracePath 変数を変更するのには FormatTracing.cmd コマンドを編集する必要があります。

今後の修正プログラム、service pack、または製品の更新プログラムは、[ツール] フォルダー内のファイルを変更できます。これにより、既定の機能に戻す機能が変更されます。更新プログラムを実行した後は、さらに変更を確認することをお勧めします。注: Vista と Windows 7 を含むそれ以降の OS は、2008 と 2008 R2 のファイルは、windows\logs\OpsMgrTrace

System Center Essentials 2010 では、System Center Essentials 2007 の SP1 で、システム センターのオペレーション マネージャー 2007 SP1 では、およびそれ以降のバージョンでは、リアルタイムのトレースを表示する方法

Microsoft CSS からのアドバイスをせずに運用環境でリアルタイムのトレースを表示するのには、ViewRealTimeTracing.cmd バッチ ファイルを使用しないことをお勧めします。情報のトレース レベルの設定や詳細なトレース レベルの設定を使用する場合は特に、リアルタイムでトレースを確認すると、サーバーのパフォーマンスに大きく影響があります。

ViewRealTimeTracing.cmd ファイルを実行すると、最初にトレースを変換するために必要なトレース ファイルがシステム ドライブの \Program Files\System センターの操作の Manager\Tools\TMF フォルダーに抽出されます。ViewRealTimeTracing.cmd バッチ ファイルが各トレース セッションの定義ファイルを列挙し、(Tools\TracingGuids * .txt) で、[ツール] フォルダーです。その後、コマンド プロンプト ウィンドウ内で TraceFmtSM の別のインスタンスが開始されます。管理、ネイティブ、および UI をマネージ トレースのトレース セッションの出力は、各ウィンドウに出力します。


ViewRealTimeTracing.cmd バッチ ファイルは、1 つの省略可能なコマンド ライン パラメーターを受け取ります (-ods)。このパラメーターを指定すると、デバッガーのトレース データがさらに出力されます。

関連情報

Center Operations Manager 2007 のシステムおよび System Center Essentials 2007 で、診断トレーシングの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。次のようにし、検索するには。
Windows イベント トレーシング
プロパティ

文書番号:942864 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Microsoft System Center Essentials 2010, Microsoft System Center Operations Manager 2007, Microsoft System Center Essentials 2007

フィードバック