Sxs.dll ファイルを使用するアプリケーションは、Windows XP ベースのコンピューターでアプリケーションを実行するとクラッシュします。

現象

Sxs.dll ファイルで Windows XP ベースのコンピューターを使用するアプリケーションを実行すると、アプリケーションがクラッシュします。

原因

この問題は、Sxs.dll ファイルでヒープの破損が原因で発生するアクセス違反が発生したために発生します。アプリケーションを実行すると、 SxsFindClrClassInformation関数が 2 回呼び出されます。最初の呼び出しでは、関数が必要な量のバッファーを計算します。2 番目の呼び出しは、バッファーにデータを書き込むことです。ただし、 SxsFindClrClassInformation関数を計算する数値は、関数が書き込まれる数よりも小さくなっています。したがって、ヒープが破損します。

解決策

更新プログラムの情報


次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。


Windows XP (KB943232) 用の更新


Download Windows XP 更新プログラム (KB943232) パッケージを今すぐダウンロードします。


Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この更新プログラムを適用する前に、Windows XP Service Pack 2 または Windows XP Service Pack 3 をインストールする必要があります。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Sxs.dll5.1.2600.3466713,21623-Oct-200813:06x86SP2SP2QFE
Sxs.dll5.1.2600.5699713,21623-Oct-200813:39x86SP3SP3QFE

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:943232 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition

フィードバック