Windows Vista または Windows 7 のコンピューターの FQDN のサイトにアクセスするときに資格情報の入力を求める


2010 年 4 月 13 日に、service pack がインストールされていない Windows Vista のサポートが終了しました。Windows のセキュリティ更新プログラムの受信を続行するには、Windows Vista を Service Pack 2 (SP2) で 実行していることを確認してください。詳細については、このマイクロソフトの web ページを参照してください: Windows のいくつかのバージョンのサポートが終了します。


現象

以下の事例で説明します。
  • Windows Vista または Windows 7 を実行しているコンピューターで Windows Internet Explorer でプロキシを設定しないでください。
  • 完全修飾ドメイン名 (FQDN) サイトにアクセスするのにには、Web 分散オーサリングとバージョン管理 (WebDav) を使用します。
このシナリオでは、求められます、資格情報を入力する場合でも、使用しているユーザー アカウントは、このサイトにアクセスするための十分なアクセス許可を持ちます。

たとえば、2007 Microsoft Office を使用して、プロキシが構成されていない Windows Vista ベースのクライアント コンピューターで、Microsoft Office SharePoint サイトから Microsoft Office ファイルを開くときは、認証を求められました。



エクスプ ローラー ビューで移動先のフォルダーを操作するとき、次のエラーが表示もあります。

クライアントはいないをサポート Windows エクスプ ローラーを使用してこのリストを開きます。

注: この問題は、Windows XP ベースのコンピューターでは発生しません。

重要 この修正プログラムは、Windows Vista Service Pack 1 またはそれ以降の service pack に含まれます。ただし、AuthForwardServerList レジストリ エントリを構成する必要があります。詳細については、レジストリの情報セクションを参照してください。

原因

Windows Vista 上で、Internet Explorer で WebDAV リソースにアクセスするには、Internet Explorer は Web クライアント サービスを使用します。Web クライアント サービスは、リモート ホストへのネットワーク I/O を実行するのに Windows HTTP サービス (WinHTTP) を使用します。 WinHTTP は、ローカルのイントラネット サイトで発生した要求に対する応答でのみユーザーの資格情報を送信します。 ただし、WinHTTP は、自動的に送信される資格情報を使用するゾーンの Web サイトかどうかを Internet Explorer のセキュリティ ゾーンの設定をチェックしません。

プロキシが構成されていない場合、WinHTTP は、ローカルのイントラネット サイトにのみ資格情報を送信します。

注: URL にサーバーの名前にピリオドが含まれていない場合など、次の例では、サーバーと見なされますローカル イントラネット サイト上にあります。
http://sharepoint/davshare


URL にピリオドが含まれている場合、サーバーがインターネット上にあると見なされます。期間では、FQDN のアドレスを使用することを示します。したがって、資格情報が自動的に送信されませんこのサーバーにプロキシが構成されていない限り、このサーバーは、プロキシ バイ パスに示されている場合を除き。

注: プロキシのバイパス、バイパス リストまたはプロキシ構成スクリプトのいずれかのサーバーを示すことができます。

この例では、Web サイトの資格情報を要求するときに資格情報を入力するように求められます。その場合でも、セキュリティ ゾーンの設定は無視されます。

解決策

Windows 7 では、修正プログラムが含まれます。問題を修正するのには、のみ、以下のレジストリ項目を作成する必要があります。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ネットワークでは、基本認証またはダイジェスト認証が実装されている場合、修正プログラム 943280 はこの動作を変更できません。この問題は基本認証モードおよびダイジェスト認証モードでの仕様です。

IIS は、インターネット経由で Windows 認証をサポートしていません。したがって、この修正プログラムは、イントラネットのシナリオにのみ適用されます。



注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムをインストールするための前提条件はありません。

再起動の必要性

これを適用した後にコンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報


この修正プログラムを使用するのには、レジストリを変更する必要があります。
重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには
この修正プログラムを適用した後は、レジストリ エントリを作成する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[検索の開始] ボックスで、 regeditと入力し、 ENTERキーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters
  3. [編集] メニューで、新規作成] をポイントし、[複数行文字列値] をクリックします。
  4. AuthForwardServerListを入力し、 ENTERキーを押します。
  5. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
  6. [値データ] ボックスで、Web 共有をホストするサーバーの URL を入力し、し、[ OK] をクリックします。

    注: 値データ] ボックスに Url の一覧を入力することもできます。詳細については、この資料のサンプルの URL 一覧」を参照してください。
  7. レジストリ エディターを終了します。
このレジストリ エントリが作成されると、WebClient サービスは、エントリの値を読み取る。クライアント コンピューターが、リスト内の式のいずれかに一致する URL にアクセスしようとすると場合、ユーザーの資格情報送信されます正常にユーザーを認証するためにプロキシが構成されていない場合でも。

注: レジストリを変更した後に、WebClient サービスを再起動する必要があります。

サンプルの URL] ボックスの一覧

サンプル URL の一覧は次のとおりです。
https://*.Contoso.comhttp://*.dns.live.com
*.microsoft.com
https://172.169.4.6

この URL の一覧は、次のチャネルを介して資格情報を送信するために WebClient サービスを使用できます。

注: この URL の一覧を構成すると、資格情報が自動的に認証 WebDAV サーバーにこれらのサーバーがインターネット上にある場合でも。
  • いずれかの名前は、Contoso.com ドメインの子ドメインへのチャネルが暗号化されています。
  • Dns.live.com の名前を持つドメインの子ドメインをセキュリティで保護されないチャネル。
  • サーバーの名前の末尾に任意のチャネル". microsoft.com」。
  • 172.169.4.6 の IP アドレスを持つホストに暗号化されたチャネルです。

URL] ボックスの一覧で避けなければならないこと

  • URL の末尾にアスタリスク (*) 文字を追加しません。これを行うには、セキュリティ上のリスクが表示される場合があります。
    http://*.dns.live.*
  • 文字列の前後にアスタリスク (*) を付けないでください。これを行うには、WebClient サービスより多くのサーバーにユーザーの資格情報を送信できます。次の例を参照してください。
    • http://*Contoso.com

      この例では、サービスもユーザー資格情報を送信 Contoso.com である http://extra_characters
    • http://Contoso*.com

      この例では、サービスもユーザー資格情報を送信 http://Contosoextra_characters.com
  • URL] ボックスの一覧で、ホストの UNC 名を入力しません。などの操作を行いますしない次を使用。
    *.contoso.com@SSL
  • URL] ボックスの一覧には含まれません、共有名またはポート番号を使用します。などの操作を行いますしない次を使用。
    • http://*.dns.live.com/DavShare
    • http://*dns.live.com:80
  • URL] ボックスの一覧では、IPv6 を使用しません。
重要 この URL の一覧は、セキュリティ ゾーンの設定には影響しません。この URL の一覧は、WebDAV サーバーに資格情報の転送の特定の目的にのみ使用されます。セキュリティ上の問題を避けるために可能な限り高としてリストを作成する必要があります。またが特定の拒否リストがないために、資格情報はこの一覧に一致するすべてのサーバーに転送されます。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Vista では、x 86 ベース バージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Davclnt.dll6.0.6000.2072948,64029-Nov-200704:07x86
Mrxdav.sys6.0.6000.20729112,64029-Nov-200702:02x86
Webclnt.dll6.0.6000.20729196, 09629-Nov-200704:09該当なし
Windows Vista では、x64 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Davclnt.dll6.0.6000.2072966,56029-Nov-200705:03x64
Mrxdav.sys6.0.6000.20729136,70429-Nov-200702:12x64
Webclnt.dll6.0.6000.20729212,99229-Nov-200705:05x64
Davclnt.dll6.0.6000.2072948,64029-Nov-200704:07x86
Webclnt.dll6.0.6000.20729196, 09629-Nov-200704:09該当なし

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:943280 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Vista Business, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Ultimate, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate

フィードバック