修正: SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム 2 をインストールした後、SQL Server 2005 の統合サービスを実行するときにエラー メッセージをパッケージ化:「データ変換に失敗しました"と"SSIS エラー コード DTS_E_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONERROR」

Bug #: 50001968 (SQL 修正プログラム)
マイクロソフトでは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2005 の修正プログラムを配布します。修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。

現象

次のような状況を考えます。
  • Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム 2 をインストールするとします。累積的な更新の 2 は、マイクロソフト サポート技術情報資料 936305 に記載されています。
  • データ フロー タスクで、フラット ファイル ソースを含む SQL Server 2005 の統合サービス (SSIS) パッケージを作成するとします。
  • フラット ファイル、フラット ファイル ソースにインポートするには、列内の引用符で囲まれたテキストが含まれています。
  • 引用符で囲まれたテキストを含む列では、列の区切り文字を持っています。
このシナリオでは、統合サービス パッケージを実行すると以下のようなエラー メッセージが表示ことがあります。
エラー メッセージ 1
データ変換に失敗しました。2 のステータス値とステータスのテキストに"ColumnName"が返される列の「値変換できませんでしたデータを損失する可能性があるためです。」データの変換です。
エラー メッセージ 2
SSIS エラー コード DTS_E_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONERROR。出力列] ColumnName「(537)」は、エラー コード 0xC0209084 が発生したため失敗しました、エラー行の処理出力列] でColumnName「(537)」がエラーで失敗を指定します。指定したコンポーネントの指定したオブジェクトでエラーが発生しました。これの前に、エラーに関する詳細情報の転記のエラー メッセージがある可能性があります。

原因

この問題は、SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新 2 で導入された回帰が原因で発生します。

解決策

この問題に対する修正は、累積的な更新 5 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
943656関数形式は、SQL Server 2005 Service Pack 2 の 5 のパッケージを更新します。
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。マイクロソフトでは、この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
937137 SQL Server 2005 ビルド SQL Server 2005 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされました。
特定の SQL Server のサービス パックには、Microsoft SQL Server 2005 の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 2 のインストールには、SQL Server 2005 Service Pack 2 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server のサービス パックで提供されているすべての修正プログラムは次の SQL Server のサービス パックに含まれます。

回避策

この問題を回避するには、SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新 2 をアンインストールします。

注: SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新 2 をアンインストールすると、累積的な更新プログラム パッケージに含まれる他のすべての修正プログラムはアンインストールもいます。

場合によっては、フラット ファイルをこの問題を回避するいくつかの小さなファイルに分割できます。ただし、この手法は動作しません。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

についてどのようなファイルが変更されると、このマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新パッケージを適用するすべての前提条件に関する情報をマイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックしてください。
943656関数形式は、SQL Server 2005 Service Pack 2 の 5 のパッケージを更新します。

関連情報

ビルド後は、利用可能な SQL Server の Service Pack 2 の一覧については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
937137 SQL Server 2005 ビルド SQL Server 2005 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされました。
SQL Server の増分サービス モデルについては、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。
935897 「の増分サービス モデルは、SQL Server チームは、報告された問題に対する修正プログラムを提供
SQL Server 2005 Service Pack 2 を入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack の入手方法
新機能と SQL Server 2005 Service Pack 2 で改善する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
更新プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマを Microsoft SQL Server ソフトウェアの822499
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:943655 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

フィードバック