Windows Server 2003 クライアント用、Windows XP クライアント用、Windows Vista 用の Windows Server 2008 読み取り専用ドメイン コント ローラー互換機能パックの説明


はじめに


この資料では、Windows Server 2008 読み取り専用ドメイン コント ローラー (RODC) 互換機能パックおよび Windows XP クライアントの Windows Server 2003 のクライアントについて説明します。この更新プログラムは、Windows Server 2008 RODC の機能をサポートしないダウンレベルのクライアントで発生する互換性の問題を解決します。この資料の情報は、Windows Server 2008 R2 の RODC にも適用されます。

詳細


必要は必ずしもありません読み取り専用ドメイン コント ローラーを展開する前に、この更新プログラムを適用します。場合によっては、互換性の問題では、展開は影響しません。または、更新プログラムを適用する代わりに、回避策を使用できる場合があります。

次のセクションでは、次の項目について説明します。
  • それぞれ互換性の問題に関連している現象
  • RODC の展開シナリオで問題が発生して、問題の影響を受けるクライアント
  • 問題の影響
  • 回避策が利用可能な場合は、問題を回避する方法

問題 1

現象

クライアントが読み取り専用のドメイン コント ローラーのみにアクセスできる場合は、グループ ポリシーに対して構成されている Windows 管理インストルメンテーション (WMI) フィルターは適用されません。さらに、Gpsvc.log ファイルには、次の情報が含まれています。

シナリオと影響を受けるクライアント

この問題は、のみ読み取り専用ドメイン コント ローラーを持つサイト内のクライアントに影響します。

影響

WMI フィルターがリンクされているグループ ポリシー オブジェクトに適用されないことができます。

回避策

この問題の回避策はありません。

問題 2

現象

インターネット プロトコル セキュリティ (IPsec) ポリシーを適用することはできませんし、Windows Server 2008 読み取り専用ドメイン コント ローラーのみが利用できる場合は、Win32 エラー コード 8219 (ERROR_POLICY_OBJECT_NOT_FOUND) が返されます。

シナリオと影響を受けるクライアント

この問題は、のみ読み取り専用ドメイン コント ローラーを持つサイト内のクライアントに影響します。通常、ブランチ オフィスのシナリオでこの問題が発生します。

影響

Windows 2000、Windows XP、または Windows Server 2003 を実行しているコンピューターでは、読み取り専用ドメイン コント ローラーによって適用されている IPsec ポリシーは表示されません。

回避策

この問題の回避策はありません。

問題 3

現象

メンバーのコンピューターを Windows Server 2003 と Windows XP のメンバーのコンピューターは、Windows Server 2008 読み取り専用ドメイン コント ローラーと Win32 時刻の情報を同期できません。

シナリオと影響を受けるクライアント

この問題は、のみ読み取り専用ドメイン コント ローラーを持つサイト内のクライアントに影響します。通常、ブランチ オフィスのシナリオで、または書き込み可能なドメイン コント ローラーを接続できない、境界ネットワークのシナリオでこの問題が発生します。

注: 境界領域のネットワークとも呼ばれます"DMZ"、「非武装地帯」、「スクリーンド サブネット」と。

影響

サービスの時間が大幅に非同期の場合は、ネットワーク上のリソースにアクセスしようとするとエラー メッセージが表示ことがあります。

回避策

この問題を回避するには、ネットワークで使用可能な別のドメイン コント ローラーから時刻を同期するクライアント コンピューターを構成します。

問題 4

現象

境界ネットワーク内のコンピューターは、ドメインに参加できません。

シナリオと影響を受けるクライアント

この問題は、のみ読み取り専用ドメイン コント ローラーを持つサイト内のクライアントに影響します。通常、ブランチ オフィスのシナリオで、または境界ネットワークのシナリオでこの問題が発生します。

影響

コンピューター アカウントとパスワードは読み取り専用ドメイン コント ローラー上であらかじめ設定されている場合でも、コンピューターはドメインに参加できません。

回避策

この問題を回避するには、連絡を書き込み可能なドメイン コント ローラーを有効にするファイアウォール規則を作成します。

または、境界ネットワークとイントラネットのネットワークをブリッジします。この操作に対して、組織のポリシーを許可する場合にのみこれを行います。

問題 5

現象

サイトでは読み取り専用ドメイン コント ローラーのみ使用可能である、ユーザーは Windows 2000、Windows XP、または Windows Server 2003 を実行しているコンピューターでパスワードを変更しようとします。ユーザーは、パスワードは、操作が失敗するを変更します。

シナリオと影響を受けるクライアント

この問題は、のみ読み取り専用ドメイン コント ローラーを持つサイト内のクライアントに影響します。通常、境界ネットワークのシナリオでこの問題が発生します。

影響

ユーザーは、パスワードを変更できません。

回避策

この問題を回避するには、連絡を書き込み可能なドメイン コント ローラーを有効にするファイアウォール規則を作成します。または、ユーザーが Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピューターを使用してパスワードを変更します。

問題 6

現象

Windows Server 2008 読み取り専用ドメイン コント ローラーは、取得またはLsaRetrievePrivateData関数またはLsaStorePrivateData関数を使用して、公開キー証明書を作成できません。

LsaRetrievePrivateData関数の呼び出しを終了します。ただし、プライベート データに NULL 値が返されます。

LsaStorePrivateData関数の呼び出しが失敗し、0xc0000034 のエラー コードが返されます。

シナリオと影響を受けるクライアント

この問題は、のみ読み取り専用ドメイン コント ローラーを持つサイト内のクライアントに影響します。通常、ブランチ オフィスのシナリオで、または境界ネットワークのシナリオでこの問題が発生します。

影響

読み取り専用ドメイン コント ローラーのみがアクセスできるクライアント上のデータ保護 API (DPAPI) は、これらのクライアントは、以前、書き込み可能なドメイン コント ローラーに接続され、公開キー証明書を取得しない限り、マスター_キーを暗号化解除できません。書き込み可能なドメイン コント ローラーがある場合でも、DPAPI も暗号化を解除できませんマスター_キー最も近いドメイン コント ローラーが読み取り専用ドメイン コント ローラーの場合。

回避策

DPAPI は、マスター_キーの暗号化を解除しようとするとき、クライアントが書き込み可能なドメイン コント ローラーのみにアクセスを持っていることを確認します。

通常、DPAPI はパスワードの変更時に、マスター_キーを復号化しようとします。

問題 7

現象

プリンターを公開するときは、公開されたプリンターが正しく動作しない可能性があります。

シナリオと影響を受けるクライアント

この問題は、のみ読み取り専用ドメイン コント ローラーを持つサイト内のクライアントに影響します。通常、ブランチ オフィスのシナリオでこの問題が発生します。

影響

読み取り専用ドメイン コント ローラーは、プリンターを公開する要求を受信した場合、読み取り専用ドメイン コント ローラーは、書き込み可能なドメイン コント ローラーに要求を転送します。スプーラーは、書き込み操作を実装した後すぐに、読み取り専用ドメイン コント ローラーからの読み取りしようとします。ただし、スプーラーは、プリンターの情報を公開する前に、読み取り専用ドメイン コント ローラーにレプリケートされます。したがって、発行操作が失敗します。

回避策

この問題の回避策はありません。

問題 8

現象

サイトでは読み取り専用ドメイン コント ローラーのみ使用可能である、Windows 2000、Windows XP、または Windows Server 2003 を実行しているクライアント コンピューターで、[プリンターの検索] ダイアログ ボックスを使用します。これを行うときに、[プリンターの検索] ダイアログ ボックスが応答を停止します。

シナリオと影響を受けるクライアント

この問題は、のみ読み取り専用ドメイン コント ローラーを持つサイト内のクライアントに影響します。通常、ブランチ オフィスのシナリオでこの問題が発生します。

影響

ユーザーは、Active Directory ドメイン サービスで公開されているプリンターを見つけることができません。

回避策

この問題の回避策はありません。

問題 9

現象

Windows XP および Windows Server 2003 で作業中のディレクトリ サービス インターフェイス (ADSI) API 関数は、常に読み取り専用のローカル ドメイン コント ローラーの代わりにリモート書き込み可能なドメイン コント ローラーに要求を送信します。

シナリオと影響を受けるクライアント

この問題は、のみ読み取り専用ドメイン コント ローラーを持つサイト内のクライアントに影響します。通常、ブランチ オフィスのシナリオでこの問題が発生します。

影響

この問題では、不要なネットワーク トラフィックとアクセスの遅延が原因です。

回避策

これらのクライアントは、ADSI API 関数を呼び出すときにすべてのクライアントが書き込み可能なドメイン コント ローラーへの接続を持つことを確認してください。関数の呼び出しだけ読み取り操作を行う場合でも、これを行います。

10 の問題

現象

Windows Server 2003 を実行しているドメイン コント ローラーは、読み取り専用ドメイン コント ローラーを持つサイトの自動サイト カバレージを実行します。

シナリオと影響を受けるクライアント

この問題は、自動サイト カバレージを提供するその他のブランチ オフィス サイトのドメイン コント ローラーに影響します。通常、ブランチ オフィスのシナリオでこの問題が発生します。

注: この問題は、この資料に記載されているその他の問題とは異なりします。その他の問題については、推奨される回避策を実装していない場合、修正プログラムの適用 RODC とやり取りするクライアントにします。、この問題の推奨される回避策を実装していない場合、修正プログラムの適用、RODC のサイトに対して自動サイト カバレージを実行する Windows Server 2003 ドメイン コント ローラーにします。修正プログラムを適用すると、Windows Server 2003 ドメイン コント ローラーはそれ以外の場合が処理されて、空のサイトに RODC を検出することが。さらに、修正プログラムは、自動サイト カバレージでこれが必要な場合、Windows Server 2003 ドメイン コント ローラーがこれらのサイトでは、DNS に SRV レコードを発行するを防ぎます。

影響

Windows Server 2003 を実行しているドメイン コント ローラーは、読み取り専用ドメイン コント ローラーを含むサイトの DNS SRV リソース レコードを登録可能性があります。したがって、読み取り専用のローカル ドメイン コント ローラーと正常にクライアントを認証しない可能性がします。ただし、他のサイトの DC を代わりに使用可能性があります。

回避策

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。
  • Windows Server 2008 を実行しているドメイン コント ローラーだけは読み取り専用ドメイン コント ローラーのサイトに最も近いサイト内に存在していることを確認します。
  • Windows Server 2003 を実行しているドメイン コント ローラー上で自動サイト カバレッジを無効にします。Windows Server 2003 ドメイン コント ローラーは、空白として扱われるすべてのサイトの SRV レコードの文書に影響を与えるこのことに注意します。自動サイト カバレッジの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

    http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc732322(WS.10).aspx

問題 11

現象

Windows Server 2003 を実行しているドメイン コント ローラーには、サイトがカバーしている必要があるのも、実行する自動サイト カバレッジが失敗します。Netlogon.log には、次の情報が含まれています。
[クリティカル]NlSitesUpdateSiteCoverage: DsGetDomainControllerInfoW 87 (= が試行をことはできません。

シナリオと影響を受けるクライアント

この問題は、ローカル ドメイン コント ローラーが使用されていないサイト内のクライアントに影響します。

影響

クライアント上で Dc ロケーターは、最も近いサイトを検索することがない場合があります。これは、低下のログオン プロセスと GPO を適用します。

回避策

AutoSiteCoverage を無効にして、DC のないサイトに手動で対応します。

情報を更新します。


注:
  • このマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている修正プログラムは、Windows 2000 Server または Windows 2000 Professional には適用されません。
  • Windows Vista SP1 では、すべての修正プログラムを必要はありません。そのため、Vista の RTM のみが影響を受けます。

Rodc を展開するための既知の問題に関する詳細については、次の Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/it-it/library/cc725669(WS.10).aspx
次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Windows Server 2003 用の更新プログラム
Download Windows Server 2003 の更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

Itanium ベース システムの Windows Server 2003 用の更新プログラム
Download 更新プログラムの Windows Server 2003 の Itanium ベースのシステムのパッケージを今すぐダウンロードします。

Windows Server 2003 の x64 Edition 用の更新プログラム
Download 更新 Windows Server 2003 の x64 エディションのパッケージを今すぐダウンロードします。

Windows XP 用の更新
Download Windows XP 用の更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

Windows XP x64 用の更新版
Download XP 更新プログラムの Windows x64 エディションのパッケージを今すぐダウンロードします。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

Windows XP 更新プログラムの情報

必要条件

この修正プログラムを適用するには、Windows XP Service Pack 2 または Windows XP Service Pack 3 のインストールが必要です。

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
322389 Windows XP service pack の入手方法

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows XP サービス パック 2、x86 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件
Adsldp.dll5.1.2600.3365176,12805-May-200811:08x86SP2
Adsmsext.dll5.1.2600.336568,09605-May-200811:08x86SP2
Dsuiext.dll5.1.2600.3365113,15205-May-200811:08x86SP2
Gptext.dll5.1.2600.3365199,68005-May-200811:08x86SP2
Localspl.dll5.1.2600.3365343,04005-May-200811:08x86SP2
Lsasrv.dll5.1.2600.3365727,04005-May-200811:08x86SP2
Msv1_0.dll5.1.2600.3365132,60805-May-200811:08x86SP2
Netlogon.dll5.1.2600.3365407,04005-May-200811:08x86SP2
Ntdsapi.dll5.1.2600.336568,09605-May-200811:08x86SP2
Policman.dll5.1.2600.336592,67205-May-200811:08x86SP2
W32time.dll5.1.2600.3365175,10405-May-200811:08x86SP2
W32tm.exe5.1.2600.336552,73603-May-200810:15x86SP2
Wkssvc.dll5.1.2600.3365134,14405-May-200811:08x86SP2
Windows XP Service Pack 3、x86 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件
Adsldp.dll5.1.2600.5582176,12817-Apr-200814:50x86SP3
Adsmsext.dll5.1.2600.558268,09617-Apr-200804:50x86SP3
Dsuiext.dll5.1.2600.5582113,15217-Apr-200804:50x86SP3
Gptext.dll5.1.2600.5582199,68017-Apr-200804:50x86SP3
Localspl.dll5.1.2600.5582343,04017-Apr-200804:50x86SP3
Lsasrv.dll5.1.2600.5582728,06417-Apr-200804:50x86SP3
Msv1_0.dll5.1.2600.5594132,60805-May-200811:06x86SP3
Netlogon.dll5.1.2600.5582407,04017-Apr-200804:50x86SP3
Ntdsapi.dll5.1.2600.558268,09617-Apr-200804:50x86SP3
Policman.dll5.1.2600.558292,67217-Apr-200804:50x86SP3
W32time.dll5.1.2600.5582175,10417-Apr-200804:50x86SP3
W32tm.exe5.1.2600.559452,73603-May-200811:57x86SP3
Wkssvc.dll5.1.2600.5582134,14417-Apr-200804:50x86SP3

Windows Server 2003 の更新プログラムに関する情報

必要条件

この修正プログラムを適用するには Windows Server 2003 Service Pack 1 または Windows Server 2003 Service Pack 2 がインストールされている必要があります。

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
889100 Windows Server 2003 の最新の service pack の入手方法

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Server 2003 Service Pack 1、x86 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件
Adsldp.dll5.2.3790.3123178,17621-Apr-200807:04x86SP1
Adsmsext.dll5.2.3790.312369,63221-Apr-200807:04x86SP1
Dsuiext.dll5.2.3790.3123119,80821-Apr-200807:04x86SP1
Gptext.dll5.2.3790.3123235,00821-Apr-200807:04x86SP1
Localspl.dll5.2.3790.3123348,67221-Apr-200807:04x86SP1
Lsasrv.dll5.2.3790.3123822,78421-Apr-200807:04x86SP1
Msv1_0.dll5.2.3790.3123144,89621-Apr-200807:04x86SP1
Netlogon.dll5.2.3790.3123426,49621-Apr-200807:04x86SP1
Ntdsa.dll5.2.3790.31201,525,76015-Apr-200810:20x86SP1
Ntdsapi.dll5.2.3790.312373,72821-Apr-200807:04x86SP1
Policman.dll5.2.3790.312371,16821-Apr-200807:04x86SP1
W03a2409.dll5.2.3790.309029,69614-Feb-200809:41x86SP1
W32time.dll5.2.3790.3123227,32821-Apr-200807:04x86SP1
W32tm.exe5.2.3790.312355,80817-Apr-200811:22x86SP1
Wkssvc.dll5.2.3790.3123134,65621-Apr-200807:04x86SP1
Windows Server 2003 Service Pack 2、x86 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件
Adsldp.dll5.2.3790.4275178,68821-Apr-200806:52x86SP2
Adsmsext.dll5.2.3790.427569,63221-Apr-200806:52x86SP2
Dsuiext.dll5.2.3790.4275119,80821-Apr-200806:52x86SP2
Gptext.dll5.2.3790.4275235,00821-Apr-200806:52x86SP2
Localspl.dll5.2.3790.4275342,52821-Apr-200806:52x86SP2
Lsasrv.dll5.2.3790.4275815,61621-Apr-200806:52x86SP2
Msv1_0.dll5.2.3790.4275143,36021-Apr-200806:52x86SP2
Netlogon.dll5.2.3790.4272437,24815-Apr-200810:07x86SP2
Ntdsa.dll5.2.3790.42721,526,78415-Apr-200810:07x86SP2
Ntdsapi.dll5.2.3790.4272デフォルト値は 73,21615-Apr-200810:07x86SP2
Policman.dll5.2.3790.427571,16821-Apr-200806:52x86SP2
W32time.dll5.2.3790.4275227,32821-Apr-200806:52x86SP2
W32tm.exe5.2.3790.427555,80817-Apr-200811:39x86SP2
Wkssvc.dll5.2.3790.4275134,65621-Apr-200806:52x86SP2
Windows Server 2003 Service Pack 1、Itanium ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Adsldp.dll5.2.3790.3123516,09609-May-200808:17IA-64SP1該当なし
Adsmsext.dll5.2.3790.3123208,38409-May-200808:17IA-64SP1該当なし
Dsuiext.dll5.2.3790.3123247,80809-May-200808:17IA-64SP1該当なし
Gptext.dll5.2.3790.3123567,80809-May-200808:17IA-64SP1該当なし
Localspl.dll5.2.3790.3123967,68009-May-200808:17IA-64SP1該当なし
Lsasrv.dll5.2.3790.31232,163,20009-May-200808:17IA-64SP1該当なし
Msv1_0.dll5.2.3790.3123390,14409-May-200808:17IA-64SP1該当なし
Netlogon.dll5.2.3790.3123989,69609-May-200808:17IA-64SP1該当なし
Ntdsa.dll5.2.3790.31204,276,73609-May-200808:17IA-64SP1該当なし
Ntdsapi.dll5.2.3790.3123211,96809-May-200808:18IA-64SP1該当なし
Policman.dll5.2.3790.3123258,04809-May-200808:18IA-64SP1該当なし
W03a2409.dll5.2.3790.309028,67209-May-200808:18IA-64SP1該当なし
W32time.dll5.2.3790.3123578,56009-May-200808:18IA-64SP1該当なし
W32tm.exe5.2.3790.3123139,26409-May-200808:18IA-64SP1該当なし
Wkssvc.dll5.2.3790.3123326,65609-May-200808:18IA-64SP1該当なし
Wadsldp.dll5.2.3790.3123178,17609-May-200808:18x86SP1WOW
Wadsmsext.dll5.2.3790.312369,63209-May-200808:18x86SP1WOW
Wdsuiext.dll5.2.3790.3123119,80809-May-200808:18x86SP1WOW
Wgptext.dll5.2.3790.3123235,00809-May-200808:18x86SP1WOW
Wmsv1_0.dll5.2.3790.3123144,89609-May-200808:18x86SP1WOW
Wnetlogon.dll5.2.3790.3123426,49609-May-200808:18x86SP1WOW
Wntdsa.dll5.2.3790.31201,525,76009-May-200808:18x86SP1WOW
Wntdsapi.dll5.2.3790.312373,72809-May-200808:18x86SP1WOW
Ww03a2409.dll5.2.3790.309029,69609-May-200808:18x86SP1WOW
Ww32time.dll5.2.3790.3123227,32809-May-200808:18x86SP1WOW
Ww32tm.exe5.2.3790.312355,80809-May-200808:18x86SP1WOW
Windows Server 2003 Service Pack 2、Itanium ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Adsldp.dll5.2.3790.4275516,09609-May-200808:24IA-64SP2該当なし
Adsmsext.dll5.2.3790.4275208,38409-May-200808:24IA-64SP2該当なし
Dsuiext.dll5.2.3790.4275247,80809-May-200808:24IA-64SP2該当なし
Gptext.dll5.2.3790.4275568,32009-May-200808:24IA-64SP2該当なし
Localspl.dll5.2.3790.4275968,19209-May-200808:24IA-64SP2該当なし
Lsasrv.dll5.2.3790.42752,165,24809-May-200808:24IA-64SP2該当なし
Msv1_0.dll5.2.3790.4275390,14409-May-200808:24IA-64SP2該当なし
Netlogon.dll5.2.3790.4272989,69609-May-200808:24IA-64SP2該当なし
Ntdsa.dll5.2.3790.42724,279,80809-May-200808:25IA-64SP2該当なし
Ntdsapi.dll5.2.3790.4272211,96809-May-200808:25IA-64SP2該当なし
Policman.dll5.2.3790.4275258,04809-May-200808:25IA-64SP2該当なし
W32time.dll5.2.3790.4275578,56009-May-200808:25IA-64SP2該当なし
W32tm.exe5.2.3790.4275139,26409-May-200808:25IA-64SP2該当なし
Wkssvc.dll5.2.3790.4275326,65609-May-200808:25IA-64SP2該当なし
Wadsldp.dll5.2.3790.4275178,68809-May-200808:25x86SP2WOW
Wadsmsext.dll5.2.3790.427569,63209-May-200808:25x86SP2WOW
Wdsuiext.dll5.2.3790.4275119,80809-May-200808:25x86SP2WOW
Wgptext.dll5.2.3790.4275235,00809-May-200808:25x86SP2WOW
Wmsv1_0.dll5.2.3790.4275143,36009-May-200808:25x86SP2WOW
Wnetlogon.dll5.2.3790.4272437,24809-May-200808:25x86SP2WOW
Wntdsa.dll5.2.3790.42721,526,78409-May-200808:25x86SP2WOW
Wntdsapi.dll5.2.3790.4272デフォルト値は 73,21609-May-200808:25x86SP2WOW
Ww32time.dll5.2.3790.4275227,32809-May-200808:25x86SP2WOW
Ww32tm.exe5.2.3790.427555,80809-May-200808:25x86SP2WOW
Windows Server 2003 Service Pack 1、x64 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Adsldp.dll5.2.3790.3123342,01609-May-200808:17x64SP1該当なし
Adsmsext.dll5.2.3790.3123105,47209-May-200808:17x64SP1該当なし
Dsuiext.dll5.2.3790.3123149,50409-May-200808:17x64SP1該当なし
Gptext.dll5.2.3790.3123326,65609-May-200808:17x64SP1該当なし
Localspl.dll5.2.3790.3123750,08009-May-200808:17x64SP1該当なし
Lsasrv.dll5.2.3790.31231,566,72009-May-200808:17x64SP1該当なし
Msv1_0.dll5.2.3790.3123260,60809-May-200808:17x64SP1該当なし
Netlogon.dll5.2.3790.3123690,17609-May-200808:17x64SP1該当なし
Ntdsa.dll5.2.3790.31202,969,60009-May-200808:17x64SP1該当なし
Ntdsapi.dll5.2.3790.3123132,60809-May-200808:17x64SP1該当なし
Policman.dll5.2.3790.3123131,07209-May-200808:17x64SP1該当なし
W03a2409.dll5.2.3790.309030,20809-May-200808:17x64SP1該当なし
W32time.dll5.2.3790.3123407,55209-May-200808:17x64SP1該当なし
W32tm.exe5.2.3790.312379,36009-May-200808:17x64SP1該当なし
Wkssvc.dll5.2.3790.3123228,35209-May-200808:17x64SP1該当なし
Wadsldp.dll5.2.3790.3123178,17609-May-200808:17x86SP1WOW
Wadsmsext.dll5.2.3790.312369,63209-May-200808:17x86SP1WOW
Wdsuiext.dll5.2.3790.3123119,80809-May-200808:17x86SP1WOW
Wgptext.dll5.2.3790.3123235,00809-May-200808:17x86SP1WOW
Wmsv1_0.dll5.2.3790.3123144,89609-May-200808:17x86SP1WOW
Wnetlogon.dll5.2.3790.3123426,49609-May-200808:17x86SP1WOW
Wntdsa.dll5.2.3790.31201,525,76009-May-200808:17x86SP1WOW
Wntdsapi.dll5.2.3790.312373,72809-May-200808:17x86SP1WOW
Ww03a2409.dll5.2.3790.309029,69609-May-200808:17x86SP1WOW
Ww32time.dll5.2.3790.3123227,32809-May-200808:17x86SP1WOW
Ww32tm.exe5.2.3790.312355,80809-May-200808:17x86SP1WOW
Windows Server 2003 Service Pack 2、x64 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Adsldp.dll5.2.3790.4275342,01609-May-200808:24x64SP2該当なし
Adsmsext.dll5.2.3790.4275105,47209-May-200808:24x64SP2該当なし
Dsuiext.dll5.2.3790.4275149,50409-May-200808:24x64SP2該当なし
Gptext.dll5.2.3790.4275327,16809-May-200808:24x64SP2該当なし
Localspl.dll5.2.3790.4275750,08009-May-200808:24x64SP2該当なし
Lsasrv.dll5.2.3790.42751,567,23209-May-200808:24x64SP2該当なし
Msv1_0.dll5.2.3790.4275260,60809-May-200808:24x64SP2該当なし
Netlogon.dll5.2.3790.4272690,17609-May-200808:24x64SP2該当なし
Ntdsa.dll5.2.3790.42722,971,13609-May-200808:24x64SP2該当なし
Ntdsapi.dll5.2.3790.4272132,60809-May-200808:25x64SP2該当なし
Policman.dll5.2.3790.4275131,07209-May-200808:25x64SP2該当なし
W32time.dll5.2.3790.4275407,55209-May-200808:25x64SP2該当なし
W32tm.exe5.2.3790.427579,36009-May-200808:25x64SP2該当なし
Wkssvc.dll5.2.3790.4275228,35209-May-200808:25x64SP2該当なし
Wadsldp.dll5.2.3790.4275178,68809-May-200808:25x86SP2WOW
Wadsmsext.dll5.2.3790.427569,63209-May-200808:25x86SP2WOW
Wdsuiext.dll5.2.3790.4275119,80809-May-200808:25x86SP2WOW
Wgptext.dll5.2.3790.4275235,00809-May-200808:25x86SP2WOW
Wmsv1_0.dll5.2.3790.4275143,36009-May-200808:25x86SP2WOW
Wnetlogon.dll5.2.3790.4272437,24809-May-200808:25x86SP2WOW
Wntdsa.dll5.2.3790.42721,526,78409-May-200808:25x86SP2WOW
Wntdsapi.dll5.2.3790.4272デフォルト値は 73,21609-May-200808:25x86SP2WOW
Ww32time.dll5.2.3790.4275227,32809-May-200808:25x86SP2WOW
Ww32tm.exe5.2.3790.427555,80809-May-200808:25x86SP2WOW

Windows Vista のサービス パックの情報

この問題を解決するには、Windows Vista service pack をインストールすることができます。

これを行う方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
935791 Windows Vista service pack の入手方法

Windows Vista 更新プログラムに関する情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

前提条件が必要ではありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

Windows Vista では、x 86 ベース バージョン

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Adsmsext.dll6.0.6000.2102776,28814-Mar-200903:14x86
Adsldp.dll6.0.6000.21027186,36814-Mar-200903:14x86
Ksecdd.sys6.0.6000.16386407,14413-Dec-200719:56x86
Lsa-ppdlic.xrm-ms該当なし2,99814-Mar-200902:50該当なし
Lsasrv.dll6.0.6000.210271,234,43214-Mar-200903:15x86
Lsass.exe6.0.6000.210277,68014-Mar-200901:02x86
Secur32.dll6.0.6000.2102772,70414-Mar-200903:18x86
Policman.dll6.0.6000.2102781,40814-Mar-200903:18x86
Policman.mof該当なし12,15013-Mar-200922:37該当なし
Wkssvc.dll6.0.6000.21027158,20814-Mar-200903:18x86
Workstationservice-ppdlic.xrm-ms該当なし2,99014-Mar-200902:51該当なし

Windows Vista では、x64 ベースのバージョン

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Adsmsext.dll6.0.6000.21027105,47214-Mar-200903:36x64
Adsldp.dll6.0.6000.21027237,05614-Mar-200903:36x64
Ksecdd.sys6.0.6000.16386477,80014-Dec-200721:35x64
Lsa-ppdlic.xrm-ms該当なし2,99814-Mar-200903:17該当なし
Lsasrv.dll6.0.6000.210271,662,97614-Mar-200903:37x64
Lsass.exe6.0.6000.210279,72814-Mar-200901:27x64
Secur32.dll6.0.6000.2102795,23214-Mar-200903:40x64
Policman.dll6.0.6000.21027130,04814-Mar-200903:40x64
Policman.mof該当なし12,15013-Mar-200922:38該当なし
Wkssvc.dll6.0.6000.21027201,72814-Mar-200903:41x64
Workstationservice-ppdlic.xrm-ms該当なし2,99014-Mar-200903:17該当なし
Secur32.dll6.0.6000.2102777,31214-Mar-200903:18x86
Adsmsext.dll6.0.6000.2102776,28814-Mar-200903:14x86
Adsldp.dll6.0.6000.21027186,36814-Mar-200903:14x86
Policman.dll6.0.6000.2102781,40814-Mar-200903:18x86
Policman.mof該当なし12,15013-Mar-200922:37該当なし

WMI フィルターについて

WMI フィルターを使用するには、コンピューターにリンクされたグループ ポリシー オブジェクトが適用される前に満たす必要のある抽出条件を指定します。WMI フィルターは、組織単位に分割する必要はありませんので、グループ ポリシー設定を適用するコンピューターをフィルター処理できます。

Gpsvc.log ファイルにログを有効にする方法

Gpsvc.log ファイルにログ記録を有効にするには、以下の手順を実行します。


重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリックして、 「regedit」と入力] をクリックしてし、
    OK.
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion
  3. [編集] メニューのをポイントします。
    新規作成し、[キー] をクリックします。
  4. 診断を入力し、ENTER キーを押します。
  5. 診断サブキーを右クリックし、新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  6. GPSvcDebugLevelを入力し、ENTER キーを押します。
  7. GPSvcDebugLevelを右クリックし、[変更] をクリックします。
  8. [値データ] ボックスで、次のように入力します。
    0x30002、し、[ OK] をクリックします。
  9. レジストリ エディターを終了します。
  10. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    gpupdate/force
  11. 次のフォルダーに Gpsvc.log ファイルを参照してください。
    %windir%\debug\usermode

    注 - ユーザー モードのフォルダーが存在しない場合 %WINDIR%\debug\ の下にある gpsvc.log ファイルは作成されません。ユーザー モードのフォルダーが存在しない場合は、% の windir%\debug の下で作成します。
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明