SQL Server の再生のマークアップ言語 (RML) ユーティリティの説明

適用対象: Microsoft SQL Server 2005 Workgroup EditionMicrosoft SQL Server 2005 Standard EditionMicrosoft SQL Server 2005 Developer Edition

はじめに


Microsoft SQL Server のサポート チームは、代表的なカスタマー ・ サポート ・ リクエストに関連する作業を容易にするのにいくつかの内部で記述したユーティリティを使用します。この資料では、Microsoft SQL Server の再生のマークアップ言語 (RML) ユーティリティと呼ばれる 1 つのユーティリティ スイートについて説明します。データベース開発者およびシステム管理者は、SQL Server 2000、SQL Server 2005、SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2012 と SQL Server の 2014 CTP2 を操作する SQL Server 用の RML ユーティリティを使用できます。

詳細


SQL Server 用の RML ユーティリティを使用して、次のタスクを実行できます。
  • アプリケーション、データベース、SQL Server ログイン、または多くのリソースを使用するクエリを指定できます。
  • バッチのトレースをキャプチャすると、バッチの実行プランが変更されたかどうかを指定できます。さらに、SQL Server 用の RML ユーティリティを使用すると、SQL Server がこれらの実行プランの各を実行する方法を決定します。
  • 実行しているクエリを決定する前に、よりも遅くなります。
SQL Server のインスタンスのトレースをキャプチャした後は、SQL Server の別のインスタンスに対してトレース ファイルを再生するのには、SQL Server 用の RML ユーティリティを使用できます。再生時にも、トレースをキャプチャする場合は、元のトレース ファイルを新しいトレース ファイルを比較するのには SQL Server 用の RML ユーティリティを使用できます。変更の適用後に SQL Server がどのように動作をテストするのには、この手法を使用できます。たとえば、次の操作を実行した後 SQL Server がどのように動作をテストするのにはこの手法を使用できます。
  • SQL Server サービス パックをインストールするとします。
  • SQL Server の修正プログラムをインストールするとします。
  • ストアド プロシージャまたは関数を更新するとします。
  • インデックスを更新するか、インデックスを作成します。

バージョン履歴

バージョン番号説明
9.04.0004SQL Server 2000、SQL Server 2005、SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2、SQL Server 2012 と SQL Server の 2014 をサポートしている現在の Web リリース
9.01.0109SQL Server 2000、SQL Server 2005、SQL Server 2008 と SQL Server 2008 R2 をサポートしている以前の Web リリースします。
9.00.0023以前の SQL Server 2000 と SQL Server 2005 をサポートする Web リリース
8.10.0010SQL Server 7.0 および SQL Server 2000 をサポートしている最初の Web リリース
現在のバージョンの SQL Server 用の RML ユーティリティには、以前のバージョンよりも優先されます。現在のバージョンをインストールする前に SQL Server の RML ユーティリティの以前のバージョンをアンインストールする必要があります。現在のバージョンの SQL Server 用の RML ユーティリティは、SQL Server 2000、SQL Server 2005、SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2008 R2、SQL Server 2012 と SQL Server の 2014 CTP2 のサポートを提供します。さらに、現在のバージョン SQL Server 用の RML ユーティリティにはには、重要なソフトウェア更新プログラム、強化された機能とレポート、およびパフォーマンスと拡張性の向上が含まれています。

SQL Server 用の RML ユーティリティを入手する方法

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

RML ユーティリティの SQL Server を x86 バージョン
Download RMLSetup_X86.msi パッケージを今すぐダウンロードします。
RML ユーティリティの SQL Server、x64 バージョン
Download RMLSetup_AMD64.msi パッケージを今すぐダウンロードします。
注: マイクロソフトは、として SQL Server 用の RML ユーティリティを提供しています-です。 マイクロソフト カスタマー サポート サービス (CSS) を行いませんサポートまたは更新 RML ユーティリティの SQL Server にします。 候補がある場合、またはバグのレポートを作成する場合は、ヘルプ ファイル (RML Help.pdf)」の問題と支援」トピックの電子メール アドレスを使用することができます。ヘルプ ファイルでは、SQL Server 用の RML ユーティリティを使用して含まれています。

SQL Server 用の RML ユーティリティの利点

SQL Server 用の RML ユーティリティは、アプリケーションのテスト非現実的または実際のアプリケーションを使用してテストすることは不可能になる場合をシミュレートする場合に非常に便利です。 たとえば、テスト環境である可能性があります実稼働環境に存在する同じユーザー ロードを生成することは困難です。SQL Server 用の RML ユーティリティを使用するにはテスト環境で運用時の負荷を再生し、SQL Server 2008 または SQL Server のサービス パックのアプリケーションへのアップグレードなどの変更のパフォーマンスへの影響を評価します。 さらに分析し、再生のさまざまなワークロードを比較するのには、SQL Server 用の RML ユーティリティを使用できます。 この種の回帰分析を手動で実行する必要のある困難なプロセスとそれ以外の場合でしょう。

ヘルプ ファイルには、「クイック スタート」のトピックにはが含まれています。このトピックには、各 RML ユーティリティを使用して慣れることを簡単な手順が含まれています。 ヘルプ ファイルを開くには、[スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、 SQL Server 用の RML ユーティリティ] をポイントし、ヘルプを、] をポイントしてRML ヘルプ] をクリックします。

SQL Server 用の RML ユーティリティに含まれるユーティリティ

SQL Server 用の RML ユーティリティには、次のユーティリティが含まれています。
  • ReadTrace
  • レポーター
  • OStress
  • OStress 再生コントロール エージェント (シャチ)
各ユーティリティおよびサンプルの使用法の詳細については、SQL Server 用の RML ユーティリティに含まれている RML のヘルプを参照します。