Microsoft Dynamics GP の分析キューブをインストールする方法


はじめに


この資料では、Microsoft Dynamics GP および Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯の分析キューブをインストールする方法について説明します。さらに、この資料は、分析キューブをインストールするときに従うことができますいくつかの一般的なプラクティスを説明します。

注: 各インストーラーに含まれているドキュメントを補足するためにするには、この資料を検討することをお勧めします。

詳細


分析キューブをインストールするには、次の手順を実行します。

1. Microsoft Dynamics GP 10.0 を使用する場合は、Microsoft SQL Server 2005 と Microsoft Dynamics の 10.0 CD2 では、Microsoft SQL Server 2000 の分析キューブ用のインストーラーを取得します。

Microsoft Dynamics GP 9.0 を使用する場合は、適切な Microsoft の web サイトをするには、パートナーや顧客を訪問して SQL Server 2005 分析キューブのインストーラーを入手します。


パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/downloads/releases/analysiscubes90sql2005.htm?printpage=false

顧客

https://mbs.microsoft.com/customersource/support/downloads/servicepacks/analysiscubes90sql2005.htm?printpage=false


SQL Server 2000 分析キューブのインストーラーでは、Microsoft Dynamics の 9.0 CD2 でのみ使用できます。

Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯 8.0 を使用する場合はインストーラーでは、マイクロソフトのビジネス ソリューションの分析キューブの優位な平原 8.0 の CD を入手します。

分析キューブのこのバージョンは、SQL Server 2000 とのみ互換性があります。


2. 分析キューブの前提条件を確認します。これを行うには、インストーラーに含まれているマニュアルを参照してください。

SQL Server 2005 を使用して、ドリルスルー機能を使用する場合は、Microsoft Office Excel 2007 を使用する必要があります。


3. 分析キューブをインストールします。

インストーラーに含まれているドキュメントには、分析キューブをインストールするのには次の手順が含まれています。

Dynamics GP 2010 より前のバージョンのインストール プロセスは 32 ビットのオペレーティング システムからのみサポートされます。 Dynamics GP 2010 分析キューブをサポートして、64 ビット オペレーティング システムから実行します。詳細については、KB 資料929156を参照してください。


4. マスター パッケージを自動的に実行する SQL ジョブを作成します。さらに、キューブを処理するジョブを作成します。この手順は、動的 GP 9.0 を使用している場合にのみ、です。 Dynamics GP 10.0 と新しい分析キューブのインストールの一部として SQL ジョブを作成します。

Notes


  • SQL Server 2005 でスケジュールされたジョブを作成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします: 930309Microsoft SQL Server 2005 でスケジュールされたジョブとして実行するマスター DTS および OLAP のパッケージを設定する方法
  • SQL Server 2000 では、スケジュールされたジョブを作成するには、インストーラーに含まれているマニュアルを参照してください。

Microsoft Dynamics 9.0 と SQL Server 2005

SQL Server 2005 から Excel のピボット テーブルを作成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

924017Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services を実行しているサーバーから Excel のピボット テーブルを作成するために必要なコンポーネント



Excel アドイン

ダッシュ ボードのレポートを Microsoft Office Excel 2003 で作成する場合は、Analysis Services 用の Excel アドインをダウンロードする必要があります。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=DAE82128-9F21-475D-88A4-4B6E6C069FF0&displaylang=en/


TheExcel アドインは不要になった使用可能なまたはサポートされています。Dynamics GP 内で分析キューブのクライアントからの代わりに Excel を使用して直接レポートを作成する場合は、Excel 2007 またはそれ以降があることをお勧めします。