FIX Visual Studio 2008 を使用して Visual Basic プロジェクトをビルドした後、IDE のパフォーマンスの問題を発生可能性があります。

現象

次のような状況を考えます。
  • Microsoft Visual Basic プロジェクトをビルドするのにには、Microsoft Visual Studio 2008 を使用します。
  • Visual Basic プロジェクトには、多くの XML コメント 1 つのファイルにはが含まれています。
  • データセットや Web の参照は、デザイナーで生成されたファイルでは可能性があります。
このシナリオでは、IDE で次のパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
  • IDE には、ソリューションをビルドし、ソリューションを再構築するときに時間がかかります。
  • デバッグを開始するのには f5 キーを押したときの低速の応答時間が発生します。
  • 低速な応答時間コード エディターで発生します。
  • IntelliSense での低速の応答時間が発生します。

原因

この問題は、Visual Studio 2008 のコンパイラが XML ドキュメントが含まれているサイズの大きいファイルを処理する方法が原因で発生します。

解決策

修正プログラムの情報



サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

この修正プログラムを MSDN コード ギャラリーからダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。


注: MSDN コード ギャラリーの修正プログラムは利用可能な言語を表示します。自分の言語が一覧に表示されない場合は、その言語用のコード ギャラリー リソース ページが使用できないためです。


注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。



修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻
Avvspkdh.dll9.0.21022.4334,81629-Jan-200803:17
Mcee.dll9.0.21022.43367,60829-Jan-200803:17
Mpishim.exe9.0.21022.4326,11229-Jan-200803:17
Msvb7.dll9.0.21022.434,069,88029-Jan-200803:17
Msvsmon.exe9.0.21022.433,004,41629-Jan-200803:17

回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: XML コメントの生成を無効にします。

プロジェクトの XML コメントの生成を無効にするには、次の手順のいずれかを使用します。

Visual Studio 2008

  1. ソリューション エクスプ ローラーで、プロジェクト名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [コンパイル] タブで、生成する XML ドキュメント ファイル] チェック ボックスをオフにするをクリックします。
  3. [ファイル] メニューで、すべてを保存] をクリックします。

Visual Basic 2008 Express Edition

  1. プロジェクトのバックアップを作成します。
  2. メモ帳で、プロジェクトの .vbproj ファイルを開きます。
  3. 検索して、.vbproj ファイル内のすべての< DocumentationFile >要素を削除しています。

    注: 通常、.vbproj ファイル内の 2 つの要素が削除されます。

方法 2: XML コメントを削除します。

XML コメントを削除するには、次のデザイナーで生成されたファイルは、この手順を実行します。
  1. [編集] メニュー [検索し、置換] をポイントし、[クイック置換] をクリックします。
  2. 検索する文字列ボックスで、次のように入力します。 '' ''
  3. 置き換え] ボックスでは、 'を入力し、 [すべて置換] をクリックします。
注: 次の操作のいずれかの操作を行う場合、次の手順を繰り返す必要があります。

方法 3: XML コメントを持つファイルを格納する別のプロジェクトを作成します。

デザイナーで生成されたファイルを格納する新しいクラス ライブラリ プロジェクトを作成します。次の手順では、これを行うの例を示します。
  1. データセットが含まれている、または Web 参照を含むファイルを格納する新しいクラス ライブラリ プロジェクトを作成します。
  2. 元の Visual Basic プロジェクトでは、新しいクラス ライブラリ プロジェクトへの参照を追加します。
  3. XML ドキュメント ファイルを無効にするのにには、方法 1 を使用します。
注: Visual Basic コードにインポート文を追加する必要があります。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

プロジェクトの XML ドキュメントを生成する方法の詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:946344 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

Microsoft Visual Studio 2008 Professional Edition, Microsoft Visual Studio 2008 Professional Edition, Microsoft Visual Studio 2008 Professional Edition, Microsoft Visual Studio 2008 Professional Edition, Microsoft Visual Studio 2008 Academic Edition, Microsoft Visual Studio 2008 Standard Edition, Microsoft Visual Studio 2008 Standard Edition, Microsoft Visual Studio 2008 Standard Edition, Microsoft Visual Studio 2008 Standard Edition, Microsoft Visual Basic 2008 Express Edition, Microsoft Visual Studio 2008 Team Suite, Microsoft Visual Studio 2008 Team Edition for Database Professionals, Microsoft Visual Studio 2008 Team Edition for Software Architects, Microsoft Visual Studio 2008 Team Edition for Software Developers, Microsoft Visual Studio 2008 Team Edition for Software Testers

フィードバック