Visual Studio 2008 と Visual Web 開発者の Express 2008 の累積的なアップデートがあります。


概要

マイクロソフトは、Microsoft Visual Studio 2008 および Microsoft Visual Web 開発者 Express 2008 の累積的な更新をリリースしました。

詳細


この累積的な更新プログラムの Visual Studio 2008 と Visual Web 開発者の Express 2008 で修正されるバグは次のとおりです。

HTML ソース ビューのパフォーマンスのバグ

  • Visual Studio 2008 では、ActiveX コントロールを含むページがあります。ActiveX コントロールでは、サブプロパティの 3 つ以上のレベルがあります。ページ内を入力すると、ソース エディターは、数秒間応答を停止します。
  • 長期間は、Visual Studio 2008 の [コードの表示] コマンドを使用できません。
  • 大規模な HTML ドキュメントを開くには、Visual Studio 2008 で、ときにパフォーマンスが低下します。
  • 大きな HTML ファイルで作業するには、Visual Studio 2008 を使用して、Visual Studio が応答しません。
  • インデントするか、大量の Visual Studio 2008 で選択したコードのインデントにタブまたは SHIFT キーを押しながら TAB キーを押す、するとパフォーマンスが低下します。

デザイン ビューのパフォーマンスをバグします。

  • Visual Studio 2008 の特定のページのマークアップを使用して、デザイン ビューが構成されると、デザイン ビュー内を入力するとパフォーマンスが遅い。

HTML の編集のバグ

  • 引用符 (') は挿入されません、クラス属性、後またはCssClass属性の後ろを入力するときに属性値の引用符を挿入] オプションが有効になっている場合でも。
  • 次のサイト要素は、現在の Web ページをポイントしているときは、Visual Studio 2008 がクラッシュします。

JavaScript の編集のバグ

  • JavaScript ファイルを開くときに、クライアント スクリプトの彩色には数秒が延期されます。
  • IntelliSense には、空の文字列を含むプロパティが検出されると、JavaScript の IntelliSense が動作しません。

パフォーマンスを構築する Web サイトのバグ

  • プロジェクトの Bin フォルダーには、多くのアセンブリおよび .refresh ファイルが含まれています。Visual Studio 2008 でプロジェクトをビルドするときにパフォーマンスが低下します。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。MSDN コード ギャラリーの修正プログラムは利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

この修正プログラムを MSDN コード ギャラリーからダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。


注: MSDN コード ギャラリーの修正プログラムは利用可能な言語を表示します。自分の言語が一覧に表示されない場合は、その言語用のコード ギャラリー リソース ページが使用できないためです。


注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、Visual Studio 2008 がインストールされていなければなりません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Htmled.dll9.0.21022.46241919201-Feb-200817:35x86
Microsoft.visualstudio.web.dll9.0.21022.46102400001-Feb-200817:35x86
Mswebprj.dll9.0.21022.46141056001-Feb-200817:35x86
Typelibbuilder.exe9.0.21022.4630413601-Feb-200817:35x86

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明