Microsoft Dynamics CRM 4.0 のレポートを実行するときにエラー メッセージ:"エラーを報告します。レポートを表示できません"

現象

Microsoft Dynamics CRM 4.0 では、レポートを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。
エラーを報告します。レポートを表示することはできません。
また、次のイベントは、レポート サーバーのログ ファイルに出力されます。
w3wp! 処理! 5! 12、10、2007-15: 06:18:: e エラー: スロー

Microsoft.ReportingServices.ReportProcessing.ReportProcessingException: は、データ ソース 'CRM' への接続を作成できません。
情報: Microsoft.ReportingServices.ReportProcessing.ReportProcessingException: 'CRM' のデータ ソースへの接続を作成することはできません。---> 生じます: データベース"MSCRM_CONFIG"このログインで要求を開くことができません。ログインに失敗しました。
< アカウントを認証するためのプレース ホルダー > のユーザーのログインに失敗しました。

原因

認証するために Microsoft SQL Server Reporting Services の Microsoft Dynamics CRM のデータ コネクタを使用しているアカウントに Microsoft CRM データベースへのアクセス許可があるないために、この問題が発生します。

解決策

この問題を解決するには、Microsoft Dynamics CRM データベースにアクセスするための適切なアカウントのアクセス許可を付与します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Microsoft SQL Server に認証する Microsoft SQL Server の Microsoft Dynamics CRM のデータ コネクタが使用するアカウントを識別します。

    Microsoft SQL レポート サービス 2005

    場合は、SQL レポート サービスの 2005 のインスタンスでは、Microsoft SQL Server Reporting Services の Microsoft Dynamics CRM のデータ コネクタがインストールされている、SQL Reporting Services で使用されているインターネット インフォメーション サービス (IIS) アプリケーション プールの id として、Microsoft SQL Server Reporting Services の Microsoft Dynamics CRM のデータ コネクタが SQL Server に認証されます。SQL Reporting Services で使用されている IIS アプリケーション プールの id を確認するのには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft SQL レポート サービス サーバーで、[スタート] ボタン、およびすべてのプログラムの thenpoint をクリックしてください
      Microsoft SQL Server 2005では、構成ツール] をクリックし、レポート サービスの構成] をクリックします。
    2. レポート サーバー インスタンスの選択、Microsoft SQL Server レポート サービス用の Microsoft CRM のデータ コネクタがインストールされている、SQL Reporting Services インスタンスを選択し、し、[接続] をクリックします。
    3. Web サービスの識別] をクリックします。ASP.NET サービス アカウントの値に注意してください。この値は、アカウントで使用される Microsoft Dynamics CRM のデータ コネクタ Microsoft SQL Server レポート サービスの SQL Server に認証するときでも、SQL Reporting Services で使用されている IIS アプリケーション プールを使用するアカウントを示します。

    SQL レポート サービス 2008

    レポート サービス 2008 の SQL インスタンスには、Microsoft SQL Server Reporting Services の Microsoft Dynamics CRM のデータ コネクタをインストールする場合は、SQL Server に SQL Server レポート サービスの Windows サービスを実行するアカウントとして認証されます。SQL Server レポート サービスの Windows サービスを実行しているアカウントを調べるには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft SQL レポート サービス サーバーで、管理ツールthenpoint、[スタート] ボタンをクリックし、[サービス] をクリックします。
    2. SQL Server レポート サービスのサービスを見つけて、[ログオン] 列に表示されている値をメモします。
  2. Microsoft Dynamics CRM データベースにアクセスするための適切なアカウントのアクセス許可を付与します。
    SQL レポート サービスと SQL Server データベースが同じサーバー上にインストールされている場合は、手順 1 で識別されるアカウントがネットワーク サービスを次の手順に従います。
    1. SQL Server Management Studio を起動します。これを行うには、をクリックします
      [スタート] ボタン、およびすべてのプログラム]、[ポイントは、 Microsoft SQL Server 2005をポイントし、 SQL Server Management Studio] をクリックします。
    2. セキュリティフォルダーを展開し、展開し、
      ログインは、 NT authority \network SERVICEを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。
    3. [ユーザー マッピング] をクリックします。
    4. 選択する] をクリックします
      組織名_MSCRMチェック ボックスをオンし、公開のチェック ボックスをオンにする] をクリックし、
      CRMReaderRoleチェック ボックスをオンします。

      注: 組織名のプレース ホルダーは、実際の組織名のプレース ホルダーです。
    5. MSCRM_Config ] チェック ボックスをオンにし、公開のチェック ボックスをオンにする] をクリックし、
      CRMReaderRoleチェック ボックスをオンします。
    6. [OK] をクリックします。


    SQL レポート サービスと SQL データベースが同じサーバー上にインストールされている場合は、手順 1 で識別されるアカウントがローカル システムは、これらの手順に従います。
    1. SQL Server Management Studio を起動します。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、すべてのプログラム] をポイントし、] をポイント
      Microsoft SQL Server 2005では、 SQL Server Management Studio] をクリックします。
    2. セキュリティフォルダーを展開し、展開し、
      ログインでは、 NT authority \systemを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。
    3. [ユーザー マッピング] をクリックします。
    4. 選択する] をクリックします
      組織名_MSCRMチェック ボックスをオンし、公開のチェック ボックスをオンにする] をクリックし、
      CRMReaderRoleチェック ボックスをオンします。

      注: 組織名のプレース ホルダーは、実際の組織名のプレース ホルダーです。
    5. MSCRM_Config ] チェック ボックスをオンにし、公開のチェック ボックスをオンにする] をクリックし、
      CRMReaderRoleチェック ボックスをオンします。
    6. [OK] をクリックします。


    SQL レポート サービスと SQL Server データベースが別のサーバーにインストールされている場合は手順 1 で識別されるアカウントがネットワーク サービスまたはローカル システムには、次の手順を実行します。
    1. a. Active Directory ユーザーとコンピューターを開き、SQL レポート サービスのコンピューター アカウントが Microsoft Dynamics CRM のインストールによって作成された SQLAccessGroup のメンバーであることを確認します。
    2. SQL Server Management Studio を起動します。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックしてすべてのプログラム] をポイントしをMicrosoft SQL Server 2005では、ポイントし、 SQL Server Management Studio] をクリックします。
    3. セキュリティフォルダーを展開し、展開し、
      [ログイン] は、 SQLAccessGroupを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。
    4. [ユーザー マッピング] をクリックします。
    5. 選択する] をクリックします
      組織名_MSCRMチェック ボックスをオンし、公開のチェック ボックスをオンにする] をクリックし、
      CRMReaderRoleチェック ボックスをオンします。

      注: 組織名のプレース ホルダーは、実際の組織名のプレース ホルダーです。
    6. MSCRM_Config ] チェック ボックスをオンにし、公開のチェック ボックスをオンにする] をクリックし、
      CRMReaderRoleチェック ボックスをオンします。
    7. [OK] をクリックします。


    SQL レポート サービスがドメイン ユーザー アカウントとして実行されている場合は、次の手順を行います。
    1. Active Directory ユーザーとコンピューターを開くし、手順 1 で特定したユーザー アカウントが Microsoft Dynamics CRM のインストールによって作成された SQLAccessGroup のメンバーであることを確認します。
    2. SQL Server Management Studio を起動します。これを行うには、次のようにクリックします。
      開始するすべてのプログラム] をポイントを指す
      Microsoft SQL Server 2005では、 SQL Server Management Studio] をクリックします。
    3. セキュリティフォルダーを展開し、展開し、
      [ログイン] は、 SQLAccessGroupを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。
    4. [ユーザー マッピング] をクリックします。
    5. 選択する] をクリックします
      組織名_MSCRMチェック ボックスをオンし、公開のチェック ボックスをオンにする] をクリックし、
      CRMReaderRoleチェック ボックスをオンします。

      注: 組織名のプレース ホルダーは、実際の組織名のプレース ホルダーです。
    6. MSCRM_Config ] チェック ボックスをオンにし、公開のチェック ボックスをオンにする] をクリックし、
      CRMReaderRoleチェック ボックスをオンします。
    7. [OK] をクリックします。

関連情報

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
Microsoft Dynamics CRM 4.0 でレポートを実行するときに、 946289エラー メッセージ:「レポートを表示できません」

プロパティ

文書番号:946585 - 最終更新日: 2017/02/02 - リビジョン: 1

フィードバック