Windows Update エージェントを最新バージョンに更新する方法

適用対象: Windows UpdateWindows 8.1Windows 7 詳細

自動更新を有効にしている場合、最新バージョンの Windows Update エージェントが自動的にコンピューターにダウンロードされ、インストールされます。 または、Windows Update エージェントを手動でダウンロードしてインストールすることもできます。

 

解決方法


Windows Update エージェントを自動的にダウンロードする

Windows Update エージェントを自動的にダウンロードするには、次の手順を実行します。

  1. 自動更新を有効にします。 実行している Windows のバージョンに応じて、次の手順を実行します。
  2. Windows Update サービスを再開します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Windows ロゴ キーを押しながら R キーを押し、[ファイル名を指定して実行] ボックスを開きます。
    2. [ファイル名を指定して実行] ボックスに「services.msc」と入力し、Enter キーを押します。
    3. [サービス] 管理コンソールで [Windows Update] を右クリックし、[停止] を選択します。 Windows XP を搭載している場合は、[自動更新] を右クリックし、[停止] を選択します。
    4. Windows Update が停止した後に、[Windows Update] を右クリックし、[開始] を選択します。 Windows XP を搭載している場合は、[自動更新] を右クリックし、[開始] を選択します。
  3. Windows Update が開始されるまで待ち、Windows Update エージェントが更新されたことを確認します。

Microsoft ダウンロード センターから Windows Update エージェントを手動でダウンロードする

お使いの Windows のバージョンのダウンロード リンクをクリックして、最新の Windows Update エージェントを入手します。

注: 更新プログラム 2919355 が適用されている Windows 8.1、Windows RT 8.1、および Windows Server 2012 R2 には、最新バージョンの Windows Update エージェントが既に含まれています。

詳細情報


Windows Update エラーが発生した場合は、「一般的な Windows Update エラーの解決方法」を試してください。

インストールされている Windows Update エージェントのバージョンを確認する方法については、次の手順を実行します。

  1. %systemroot%\system32 フォルダーを開きます。 %systemroot% Windows がインストールされているフォルダーです。 たとえば、%systemroot% フォルダーは C:\Windows です。
  2. Wuaueng.dll を右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  3. [詳細] タブを選択し、バージョン番号を見つけます。
注: Windows 8.1 用の最新バージョンの Windows Update エージェントは 7.9.9600.16422 です。 Windows 8 用の最新バージョンの Windows Update エージェントは 7.8.9200.16693 です。 Windows 7、Windows Vista、および Windows XP 用の最新バージョンの Windows Update エージェントは 7.6.7600.256 です。
Windows Update エージェントのバージョン 7.6.7600.256 における改善点
  • 新しい証明書で署名されたファイルのみを Windows Update クライアントが信頼するように、インフラストラクチャが強化されました。 この証明書は、Windows Update クライアントの更新プログラムを保護するためだけに使用されます。
  • Windows Update クライアントに関する通信チャネルのセキュリティ強化
Windows Update エージェントのバージョン 7.4.7600.226 における改善点
  • Windows Update のスキャン時刻の改善
  • Windows Vista または Windows Server 2008 を搭載しているコンピューターの Windows Update のユーザー インターフェイスの改善
  • 更新プログラムの説明をわかりやすく詳細に表示
  • Service Pack の通知方法の改善
バージョン 7.2.6001.788 の Windows Update エージェントで解決する問題
バージョン 7.2.6001.788 の Windows Update エージェントで、次の問題が解決します。 この問題は、マイクロソフト サポート技術情報の記事にこれまで記載されていませんでした。
  • Windows Update または Microsoft Update から 80 以上の更新プログラムを同時にインストールしようとすると、"0x80070057" エラー コードが表示される。
Windows Update エージェントのバージョン 7.2.6001.784 における改善点
  • Windows Update のスキャン時刻の改善
  • 署名の更新プログラムが配信される速度の改善
  • Windows インストーラーの再インストールのサポート
  • エラー メッセージの改善
Windows Update エージェントのバージョン 7.0.6000.381 で修正される問題
バージョン 7.0.6000.381 の Windows Update エージェントで、次の問題が解決します。 これらの問題は、マイクロソフト サポート技術情報の記事にこれまで記載されていませんでした。
Windows Update は、マイクロソフトから最新のセキュリティ更新プログラムや他の更新プログラムをダウンロードしてインストールすることにより、コンピューターを最新の状態に保ちセキュリティを強化します。 Windows Update は、コンピューターに適用される更新プログラムを決定します。

マイクロソフトは Windows やその他のマイクロソフトのソフトウェアのユーザーに対してソフトウェア更新プログラムを定期的に提供しています。 これらの更新プログラムには、信頼性とパフォーマンスを向上させる更新プログラム、マルウェアや他の迷惑なソフトウェアに対する新しい対策を提供する更新プログラム、Windows の機能に対する更新プログラムなどが含まれます。 コンピューターのハードウェア コンポーネントのパフォーマンスまたは信頼性を向上させるため、マイクロソフトはコンピューターの製造元から供給されているデバイス ドライバーに対する更新プログラムも提供する場合があります。

Windows Update を有効にすると、Windows Update と直接関係のある一部のソフトウェア コンポーネントをコンピューターで更新する必要が生じることがあります。 これらの更新プログラムは、Windows Update で必要な更新プログラムを確認する前、または他の更新プログラムをインストールする前に実行する必要があります。 これらの必要な更新プログラムはエラーを修正し、継続的な機能強化を提供し、Windows Update をサポートするマイクロソフトのサーバーとの互換性を維持します。 Windows Update を無効にすると、これらの更新プログラムは提供されなくなります。

Windows Update は Windows OOBE (Out of Box Experience) のセットアップ時に推奨オプションを選択すると、自動的に更新プログラムをインストールするように構成されています。 コントロール パネルの [自動更新] で次のいずれかの設定を選択して、Windows Update を有効にすることもできます。
  • 自動 (推奨)
  • 更新を自動的にダウンロードするが、インストールは手動で実行する
  • 更新を通知するのみで、自動的なダウンロードまたはインストールを実行しない
Windows Update を有効にすると、Windows Update のコンポーネントに必要な更新プログラムがユーザーに通知することなく、自動的にダウンロードされてインストールされます。 この動作は、Windows Update を有効にするために使用した設定に関係なく発生します。 必要な更新プログラムを受け取りたくない場合は、コントロール パネルで自動更新を無効することもできます。

Windows Update 自体の更新プログラムは、一般的に、 ユーザーからのフィードバックへの対応、互換性、サービス パフォーマンスと信頼性の改善、新しいサービス機能の有効化を実行します。 Windows Update サーバーが更新されると、通常は対応するクライアントの更新も必要となります。 エージェントの自己更新動作中に、Windows Update エージェントのファイルの追加、変更、または置換が行われる可能性があります。 たとえば、ユーザー エクスペリエンスを表すのに役立つ Windows Update エージェントのファイル、または更新プログラムが特定のシステムに適用されるかどうかを判断する Windows Update エージェントのファイルが追加される場合があります。 この動作は、利用可能な更新を自動的に確認するようにシステムが設定されている場合に発生します。 自動更新がオフに設定されている場合、この動作は発生しません。 たとえば、Windows Vista および Windows 7 で [更新プログラムを確認しない] または Windows XP で [自動更新を無効にする] を選択すると、この動作は発生しません。
Windows Server Update Services (WSUS) を介して展開する場合、管理者には最新版の Windows Update エージェントが提供されます。