Windows Mobile 6 でアラーム発生後に時刻の変更をすると、消したはずのアラームが発生する場合がある

現象

Microsoft Windows Mobile 6 Professional および Microsoft Windows Mobile 6 Classic にて、アラーム設定後に時刻の変更をし、アラーム発生後に再度時刻の変更をすると、消したはずのアラームが発生する場合があります。

回避策

この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. ホーム スクリーンで日付をタップします。
  2. [時計とアラーム] の [アラーム] タブをタップします。
  3. アラームすべてのチェックボックスをオフにします。
  4. [時刻] タブをタップします。
  5. 時刻をアラーム時刻より進めます。(例えば、アラームを 12:30 に設定、時刻を 13:00 に設定します。)
  6. [現在地] の日付を 1 週間進めます。(例えば、現在地の時刻が、2008/1/24 の場合、2008/1/31 に変更します。)
  7. [OK] をタップします。
  8. メッセージ ボックスの [設定] の [はい] をタップします。
  9. 発生したアラームをすべて [アラームを消す] をタップし、消去します。
  10. ホーム スクリーンで日付をタップします。
  11. [時計とアラーム] の [アラーム] タブをタップします。
  12. 3 つある [アラームの詳細] の曜日がすべて選択されていない状態にします。
  13. [OK] をタップします。
  14. ホーム スクリーンで日付をタップします。
  15. [時計とアラーム] の [アラーム] タブをタップします。
  16. [アラームの詳細] のチェックボックスを 1 つだけオンにし、曜日を 1 つだけ選択します。(例えば、月曜日に設定します。)
  17. [OK] をタップします。
  18. ホーム スクリーンで日付をタップします。
  19. [時計とアラーム] の [時刻] タブをタップします。
  20. 時刻と日付を元に戻します。
  21. 手順 16 で設定したアラームが発生する時刻まで待ちます。
  22. アラームが発生したら、[アラームを消す] をタップします。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

問題の再現手順

  1. ホーム スクリーンで日付をタップします。
  2. 時刻をアラームに設定したい時刻より進めます。(例えば、アラームを 12:30 に設定、時刻を 13:00 に設定します。)
  3. [OK] をタップします。
  4. メッセージボックス [設定] の [はい] をタップします。
  5. ホーム スクリーンで日付をタップします。
  6. [時計とアラーム] の [アラーム] タブをタップします。
  7. 3 つある [アラームの詳細] のチェックボックスをすべてオンにします。
  8. 3 つある [アラームの詳細] の土曜日以外の曜日をすべて選択します。
  9. [OK] をタップします。
  10. ホーム スクリーンで日付をタップします。
  11. [時計とアラーム] の [アラーム] タブをタップします。
  12. 3 つある [アラームの詳細] の曜日がすべて選択されている状態にします。
  13. 3 つある [アラームの詳細] のアラーム時刻をそれぞれ手順 2 で設定した時刻より前の時刻に設定します。(例えば、12:30、12:35、12:40 に設定します。)
  14. [時計とアラーム] の [時刻] タブをタップします。
  15. 時刻を手順 13 で設定したアラーム時刻より前に設定します。(例えば、12:25 に設定します。)
  16. [OK] をタップします。
  17. メッセージボックス [設定] の [はい] をタップします。
  18. 手順 13 で設定した最初のアラームが発生する時刻まで待ちます。
  19. 最初のアラームが発生したら、[アラームを消す] をタップします。
  20. ホーム スクリーンで日付をタップします。
  21. [時計とアラーム] の [アラーム] タブをタップします。
  22. 3 つある [アラームの詳細] のチェックボックスをすべてオフにします。
  23. [時計とアラーム] の [時刻] タブをタップします。
  24. [現在地] の日付を 1 日進めます。
  25. [OK] をタップします。
  26. メッセージボックス [設定] の [はい] をタップします。

結果

アラームが不正な状態となり、以降、消したはずのアラームが発生します。
プロパティ

文書番号:950397 - 最終更新日: 2009/07/08 - リビジョン: 1

フィードバック