Windows Vista におけるパフォーマンスの問題をトラブルシューティングする方法

適用対象: Windows Vista BusinessWindows Vista StarterWindows Vista Ultimate

はじめに


Windows Vista のパフォーマンス関連の問題のトラブルシューティングの手順は、問題が発生する点によって異なります。この資料は、Windows Vista で発生するパフォーマンス関連の問題のトラブルシューティングに使用する手順について説明するものです。

その他の Windows Vista のパフォーマンスの問題をトラブルシューティングする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

950684 Windows の起動時のパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング方法

950686パフォーマンス問題のトラブルシューティングでスタンバイ、休止状態、および Windows Vista で再開します

概要

この資料では、Windows Vista のパフォーマンス関連の問題のトラブルシューティングを開始するための手順について説明します。

Windows Vista ベースのコンピューターで発生する可能性のあるパフォーマンスの問題を含めることは次の問題に限定することはありません。
  • アプリケーションが開始するには長い時間をかかることがありますか、アプリケーションが予想よりも速度が低下する場合があります。
  • コンピューターのハード ディスクを常に高い使用率や CPU 使用率がわかります。
  • サウンドとビデオが粗くなったりします。
  • 特定のアプリケーションまたはゲームを実行すると、パフォーマンスが低下します。
  • アプリケーションが応答しなくなる可能性があります。
  • Windows Aero が無効になります。
  • Windows Vista をシャット ダウンに時間がかかる可能性があります。
注: パフォーマンス関連の問題のトラブルシューティングを開始する前にすることが重要まず正しい期待値を設定します。のみ、ハードウェアの最小要件を満たしているコンピューターに Windows Vista をインストールした場合は、コンピューターが、推奨されるハードウェア要件を満たしていない場合があります、コンピューターのハードウェアをアップグレードするか、Windows Vista の一部の機能を無効にしない限り、Windows Vista のパフォーマンスに顕著な改善を加えること。これらの機能は、検索インデクサーまたは一部の視覚効果などがあります。

最小要件を満たしているコンピューターは、「Windows Vista 対応」と呼ばれていますと推奨される要件を満たすコンピューターがと呼ばれる Windows Vista プレミアム「準備完了」です。Windows Vista に対応し、Windows Vista Premium Ready のコンピューターの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。Windows Vista のシステム要件の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

Windows Vista のシステム要件を919183

詳細


Windows Vista におけるパフォーマンスの問題のトラブルシューティングを開始するには、以下の手順を実行します。

手順 1: Windows エクスペリエンス インデックスをチェックします。

Windows Vista には、WinSAT という名前のパフォーマンス評価ツールが含まれています。このツールは、コンピューターのパフォーマンスを測定し、ツールは、エンド ・ ユーザーにとっては理解しやすい方法で、パフォーマンスに関する情報を提供します。コンピューターのパフォーマンスに関する情報は、「Windows エクスペリエンス インデックス」と呼ばれます。このインデックスに情報を使用すると、各コンポーネントのレーティングに基づくコンピューターの必要なパフォーマンス レベルを特定します。コンピューターのパフォーマンス評価を確認すると全体的なスコアと、コンピューター内の個々 のコンポーネントの下位のスコアを参照してください。全体的なスコアは、コンピューターの最も低いサブ スコアによって決定されます。したがって、コンピューターのコンポーネントのスコアが一番低いサブが 2.6 の場合は、コンピューターの全体的なスコアもできます 2.6。システムでパフォーマンスの低いコンポーネントがボトルネックと見なされるためにです。

このスコアを確認するときは、起動時のパフォーマンスの問題の原因となっているコンピューターのコンポーネントがあるかどうかを判断するのには、この情報を使用できます。お使いのコンピューターの Windows エクスペリエンス インデックスを決定する際は、現在の構成で達成するために発生する可能性のあるパフォーマンスのレベルについて正しく期待を設定するのには、この情報を使用できます。期待を設定することが次のトラブルシューティング手順を続行して問題のトラブルシューティングを続行するのには重要です。これは、コンピューターのパフォーマンスが低下することがさらにソフトウェアの構成とその他の問題場合もありますが、コンピューターは低速のハードウェアである可能性があります、です。

Windows エクスペリエンス インデックスに基づくコンピューターのパフォーマンスに関する推奨事項を作成する方法に関するガイダンスについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: コンピューターでは、ビデオのサブ ・ スコアが 1.0 であるために全体的なシステム スコア 1.0 が存在するこの全体的なスコアがあります、コンピューターのパフォーマンスを正確に表示します。コンピューターのビデオ カードのパフォーマンスをテストするのには、ビデオ カードの Windows Vista ディスプレイ ドライバー モデル (WDDM) ドライバーをインストールしなければなりません。ビデオ カード用のドライバーは WDDM ドライバーではない場合、サブのスコア自動的に記録されます 1.0 としてカードは、パフォーマンスをテストすることはできませんので。

Windows エクスペリエンス インデックスを使用して、パフォーマンス目標を識別した場合は、次のトラブルシューティング手順に進んでください。

チェック Windows 更新プログラムのステップ 2:

ドライバーまたはオペレーティング システムのコンポーネントのパフォーマンスの問題が発生した場合、問題に対応した Windows の更新で使用可能な更新プログラムがある可能性があります。Windows Update にアクセスし、利用可能なドライバーまたはオペレーティング システムの更新をインストールします。これを行うには、次の Windows Update Web サイトを参照してください。Windows Update から更新されたドライバーまたはオペレーティング システムのコンポーネントをインストールする、これでパフォーマンスの問題が解決しない場合は、次のトラブルシューティング手順に進みます。

手順 3: パフォーマンスの警告の確認

多くの場合、Windows Vista はパフォーマンスに関連して、これらの問題のトラブルシューティング方法に関する推奨を行うことのある問題を自動的に検出することができます。このような場合、コントロール パネルで、警告が表示されます。これらの警告メッセージにアクセスするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンStart button コンピューターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. Windows エクスペリエンス インデックスをクリックします。
  3. ツールの詳細] をクリックします。
  4. 高度なツールウィンドウで、コンピューターに関する詳細情報を確認するのにはパフォーマンスに関連するリンクをクリックします。
高度なツールウィンドウ内のリンクをクリックした後に表示される推奨事項に従います。この一覧に表示されるすべての問題を解決したら、コンピューターを再起動して起動時のパフォーマンスの問題が解決したかどうかを参照してください。問題が引き続き発生する場合は、次のトラブルシューティング手順に進みます。

手順 4: 信頼性モニターを確認します。

パフォーマンス上の問題のトラブルシューティングを行うときは、問題が Windows Vista をインストールするか、Windows Vista をインストールした後に問題が発生した場合は、常に発生したかどうかを確認しておくことです。続行する前に、これを明確する必要があります。

常に問題が発生した場合は、手順 5 に進みます。

Windows Vista が業績は好調でインストールされているし、起動時のパフォーマンスの問題は、のみ Windows Vista の業績は好調でされた後に発生することが開始した後、Windows Vista に含まれている信頼性モニター ツールを使用することができます。このツールでは、イベントと問題間の関係を決定することに問題が発生した時刻の周辺に発生するイベントを確認することができます。これを行うには、必要があります決定する約、問題が発生することが開始したとき。およその時間を決定するときは、その時間あたりに発生したイベントを調べることができます。
  1. [スタート] ボタンStart button 検索の開始ボックスで、信頼性を入力し、Enter キーを押します。
  2. プログラムの一覧で、 [信頼性とパフォーマンス モニターをクリックします。
    User Account Control permission 管理者のパスワードまたは確認を求められる場合は、パスワードを入力、または確認します。
  3. 信頼性モニターをクリックします。
表示される線グラフでは、コンピューターの信頼性の表現が表示されます。各縦棒は、1 日を表し、その日の行の高さは、その日に発生したイベントによって決まります。エラーまたは警告が発生した場合、行が下がります、イベントまたは情報イベントのみが発生しない場合開始し、行は上に移動します。

Windows Vista をインストールした後に開始したパフォーマンスの問題のトラブルシューティングを行うこのツールを使用するには、は、次の手順を実行します。
  1. 問題が発生したおおよその日を把握した後に、信頼性モニター ツールでその日を選択します。
  2. 問題が発生した日と、問題が発生する前に 2 日間に発生する情報、警告、およびエラー イベントを参照してください。
  3. この時点で問題が発生した可能性がある理由のトラブルシューティングを開始するのには収集したデータを使用する必要があります。この問題をトラブルシューティングする方法をいくつか例を次に示します。次の例では、最も可能性の高い結果は、詳細トラブルシューティング アドバイスのソフトウェアまたはハードウェアの製造元に問い合わせてください。
    • 問題がドライバーの更新プログラムがインストールされている日に開始されている場合は、現在インストールされているドライバーよりも新しいドライバーがあるかどうかを決定する必要があります。次に、そのドライバーに問題が解決されるかどうかを確認するのには新しいドライバーをインストールする必要があります。 ドライバーの更新プログラムがない場合は、インストールされたドライバーをロールバックするのにはデバイス マネージャーを使用します。
    • 新規のハードウェアのインストール後、問題が開始されている場合は、無効にするまたはそのハードウェアを外し、問題が引き続き発生するかどうかを確認し、テストします。
    • 新しいプログラムをインストールした後に問題が開始されている場合は、ソフトウェア ベンダーの Web サイトでは、そのプログラム用の更新プログラムを確認します。更新プログラムが利用できない場合は、問題が引き続き発生するかどうかをテストするのにはプログラムをアンインストールします。
信頼性モニターで特定した変更に対処するも、問題が発生する場合は、コンピューターの製造元に連絡する必要があります。 または互換性のあるコンピューターを確認するのにはハードウェアの製造元、コンピューターまたはインストールされているハードウェアが Windows Vista をサポートしているかを更新するかどうかが発生するかを判断するをインストールする必要があります。

手順 5: は、Windows サーチのインデクサーを無効にします。

システム パフォーマンスが低下の原因は、アプリケーションがあること、またはサービスを継続的にハード ディスクを強調しています。正しく、適切な速度での動作させるために必要なリソースが失われたことを実行しているその他のコンポーネントが発生することができます。

この種のアプリケーションの 1 つの潜在的な例は、Windows サーチのインデクサーです。インデクサーでは、優先度の低い I/O を使用するためのほとんどのコンピューターのパフォーマンスが低下しません。インデクサー サービスと判断したとき、システムの別のコンポーネントが既ににアクセスしていないハード ディスク、ハード ディスクがアイドル状態にインデクサー サービスがハード ディスクにのみアクセスするためです。低速のハード ディスクには、古いコンピューターのハード ディスクできないことがあります他のシステム コンポーネントから、ディスク アクセスのための新しい要求に迅速に対処します。これは、場合、システムのパフォーマンスが低下します。

インデクサー サービス パフォーマンスの問題の原因となっているかどうかをテストするテストには、インデックス処理が発生しないことができるように、Windows Search サービスを無効にします。これを行う前に、インデクサーがシステムのインデックス作成を完了したかどうかを確認する必要があります。インデクサーのサービスの状態を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンStart button 、[検索の開始] ボックスでインデックスを入力します。
  2. プログラムの一覧で、インデックスのオプションをクリックします。
  3. 表示されるウィンドウの上部には、インデックス作成の完了] または [ユーザー操作のためのインデックス作成の速度が低下する参照してください。
ユーザー操作のためのインデックス作成の速度が低下する場合は、インデクサーはまだ完了して、ユーザーのドキュメントやシステムに電子メール メッセージのインデックスを作成します。インデックス作成の完全な場合は、システムはユーザーのドキュメントやシステムに電子メール メッセージのインデックス作成を完了しました。ただし、インデクサーはアクティブなまま、新しいドキュメントやシステムに表示される電子メール メッセージにインデックスを作成できますようにします。

どちらの場合も、Windows Search サービスを無効にすると、インデクサーがパフォーマンスの問題の原因であるかどうかを確認するテストできます。Windows Search サービスを無効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンStart button 検索の開始ボックスで、サービスを入力し、ENTER キーを押します。
  2. プログラムの一覧で [サービス] をクリックします。
    User Account Control permission 管理者のパスワードまたは確認を求められる場合は、パスワードを入力、または確認します。
  3. 下にスクロールし、 Windows の検索というラベルの付いたサービスを検索します。
  4. このサービスを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. 無効にするには、スタートアップの種類を設定します。
  6. 停止サービスを停止する] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  7. コンピューターを再起動します。
ここで、問題が引き続き発生するかどうかを確認するのにはパフォーマンス上の問題を再現してみてください。その後、次のシナリオを検討してください。

シナリオ 1

このシナリオでは、パフォーマンスの問題が発生しません。さらに、インデックス作成プロセスが完了しないことを確認します。このシナリオは、パフォーマンスの問題の原因と考えは、Windows サーチ サービスです。サービスの電源を入れます、インデックス処理を完了するを有効にするを実行しておくことをお勧めします。システムは引き続きインデックスの初期の段階で時間がかかることです。ただし、インデックス作成が完了すると、システムのパフォーマンスは期待どおりのレベルに返す可能性があります。

シナリオ 2

このシナリオでは、パフォーマンスの問題が発生しません。さらに、インデックス サービスのインデックス作成が完了したことがわかります。または、そのパフォーマンスの問題に存在していなかったが、パフォーマンスの問題が最近発生したことです。このシナリオでは、検索インデクサーを使用するデータベースが破損しているになるかが破損している可能性があります。この例では、そのデータベースを再構築する必要があります。そのためには、以下の手順を実行します。

Windows Search サービス ステップ a: 再起動
  1. [スタート] ボタンStart button 検索の開始ボックスで、サービスを入力し、ENTER キーを押します。
  2. プログラムの一覧で [サービス] をクリックします。
    User Account Control permission 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合、パスワードを入力するか確認。
  3. 下にスクロールし、 Windows の検索というラベルの付いたサービスを検索します。
  4. このサービスを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. 設定、スタートアップの種類: 自動 (遅延開始)にします。
  6. 開始サービスを開始する] をクリックし、し、[ OK] をクリックします。
手順 b: 再構築は、検索インデクサーによって使用されるデータベース
  1. [スタート] ボタンStart button 検索の開始ボックスで、インデックスを入力し、ENTER キーを押します。
  2. プログラムの一覧で、インデックスのオプションをクリックします。
    User Account Control permission 管理者のパスワードまたは確認を求められる場合は、パスワードを入力、または確認します。
  3. [詳細設定] をクリックします。
  4. 再構築を、] をクリックしに表示される警告の [ OK ] をクリックします。
  5. インデックスのオプションを閉じるには、 [ok]をクリックします。
注: これで、システムする必要がありますインデックスを再ドキュメントおよび電子メールです。ただし、インデックス作成が完了すると、システムのパフォーマンスは許容できるレベルに戻ります可能性がありますが。パフォーマンス上の問題が発生する、システムが引き続き発生する場合は、次のトラブルシューティング手順に進みます。

Windows Vista の Windows の検索関連の問題に関するヘルプを表示自動的に、自動トラブルシューティング サービス] ページから [今すぐ実行] ボタンをクリックし、このウィザードの手順に従います。

手順 6: Aero グラスを無効にします。

Windows Vista におけるパフォーマンスの問題のもう 1 つの潜在的な原因は、Aero グラスを有効にするときに発生します。ただし、システムだけ Aero グラスの最小要件を満たしているときに、パフォーマンス上の問題が発生します。この経験では、経験しているシステムの最小要件を満たしているだけですべてのソフトウェアを実行すると似ています。この例では、操作性を最適なできないがあります。

パフォーマンスの問題は、Aero グラスに関連するかどうかをテストするには、コンピューターで Aero グラスを無効にします。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Windows Vista で、デスクトップを右クリックし、[個人設定] をクリックします。
  2. クリックしてWindows の色とデザインです。
  3. オープン クラシックの外観プロパティを他の色のオプションをクリックします。
  4. [配色パターンの場合は、[ Windows Vista の基本的なとし、[ OK] をクリックします。
注: Aero グラスを無効にすると、システムは Windows XP がデスクトップを描画に使用する GDI メソッドを使用します。

Aero グラスを無効にした場合は、問題が引き続き発生するかどうかを確認するのにはパフォーマンスの問題の再現を試みます。

不要になったとしてパフォーマンスの問題が発生した場合ハードウェアが Aero グラスを使用して Windows vista では最適なビジュアル ・ エクスペリエンスを作成することがない場合があります。Aero グラスを使用してパフォーマンスに悪影響を避けるためにする場合、ハードウェアをアップグレードする必要があります。ここである可能性がコンピューターのビデオ カードをアップグレードします。

ビデオ カードをアップグレードする場合は、選択したカードは、「Windows Vista の認定」のロゴであることを確認します。このロゴを表示するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。パフォーマンス上の問題が発生する場合は、最も可能性の高い問題が Aero グラスには関係ありません。この例では、パフォーマンス問題のトラブルシューティングを続行する前に、再 Aero グラスを有効にする必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Windows Vista で、デスクトップを右クリックし、[個人設定] をクリックします。
  2. クリックしてWindows の色とデザインです。
  3. オープン クラシックの外観プロパティを他の色のオプションをクリックします。
  4. [配色パターンの場合は、別の配色パターンを選択します (選択しないとWindows Vista の基本です。)、し、[ OK] をクリックします。
コンピューターの製造元に連絡する必要があります。 または互換性のあるコンピューターを確認するのには、コンピューターが Windows Vista をサポートしているかどうか、または更新するかどうかが発生するかを決定するハードウェアの製造元を取り付ける必要があります。

手順 7: セーフ モードでコンピューターを起動します。

行われた安全にコンピューターを起動するときにバック グラウンドのサービスまたはドライバーの起動に関連するパフォーマンスの問題の原因が関連するかどうかを決定できます。

をセーフ モードで起動するには、は、次の手順を実行します。
  1. すべてのフロッピー ディスク、Cd、および Dvd をコンピューターから削除し、コンピューターを再起動します。
  2. [スタート] ボタンStart button 、[ロック] ボタンの横の矢印をクリックし、し、[再起動] をクリックします。
  3. キーを押し、コンピューターの再起動時に F8 キーを保持します。

    注: Windows ロゴが表示される前に、f8 キーを押す必要があります。Windows ロゴが表示された場合、コンピューターを再起動しようとする必要があります。これを行うには、Windows のログオン プロンプトが表示されるまで待ちますをシャット ダウンして、コンピューターを再起動します。
  4. [詳細ブート オプション画面で、方向キーを使用して、セーフ モードオプションを選択するのには、し、ENTER キーを押します。
  5. 管理者権限を持つユーザー アカウントを使用して、コンピューターにログオンします。
セーフ モードでコンピューターを起動した後に、問題が解決しない場合、次の理由の 1 つ以上の問題を引き起こすことがあります。
  • 性能が不足または欠陥のあるハードウェアに問題があります。
  • インストールされているドライバーで問題があります。
  • オペレーティング システムのコンポーネントに問題があります。
場合はセーフ モードでコンピューターを起動するときに発生する問題が解決しないことを確認するには、通常モードでコンピューターを再起動し、次のトラブルシューティング手順に進みます。

手順 8: クリーン ブート トラブルシューティングを実行します。

パフォーマンスの問題は、セーフ モードでは発生しませんを確認する場合は、プログラムまたは問題の原因であるサービスを決定する、クリーン ブート環境で Windows Vista を起動します。この処理が、サード パーティのサービスまたは問題の原因の可能性があるシステム上で実行されているアプリケーションのいずれかを体系的に削除されます。

Windows Vista でクリーン ブートによるトラブルシューティングを実行する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

929135 Windows Vista でクリーン ブートを実行することで問題のトラブルシューティング方法