Windows Server 2008 フェールオーバー クラスター管理スナップインでデフォルト グループ フェールオーバーしきい値の値が正しくないです。


現象


Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターで可用性の高いアプリケーションまたはサービスを構成するときは、グループのフェールオーバーしきい値の値が正しくありません。既定値は、クラスターで構成されているノードの数と同じ設定です。

たとえば、5 ノード クラスターでは、可用性の高いアプリケーションやサービスのリソースのグループ化は既定フェールオーバーのしきい値が 5 に設定します。既定で、期間: (時間):が 6 時間に設定します。したがって、高可用性のサービスまたはアプリケーション グループ、グループ内の 1 つまたは複数のリソースの障害が発生した、ときにサービスまたはアプリケーションをグループ化、グループをフェールオーバー クラスター内の別のノードに最大 6 時間の間に 5 回しよう。5 番目のフェイル オーバー後の試行、サービスまたはアプリケーション グループは、状態が「失敗」のままです。

この状況では、データの個数の合計で 6 時間に 1 のフェイル オーバーが発生します。したがって、4 つのフェイル オーバーが発生します。フェイル オーバー ・ プロセスが正常に動作します。ただし、フェールオーバー クラスター管理スナップインに表示される番号が正しくありません。この状況では、数は 5 です。

解決策


悪影響は、フェールオーバー クラスター管理スナップインで不適切な表示に関連付けられているではありません。 フェイル オーバーが正常に機能し続けます。操作する必要はありません。

状況


これは、Windows Server 2008 フェールオーバー クラスタ リングでの既知の問題です。Windows Server 2008 R2 でこの問題を解決します。

詳細


問題の再現手順

  1. フェールオーバー クラスター管理スナップインのナビゲーション ウィンドウでは、可用性の高いアプリケーションやサービスが構成されているが管理対象のクラスターのいずれかを展開します。
  2. [サービスとアプリケーションのカテゴリを展開します。
  3. 選択し、グループの 1 つを右クリックし、し、[プロパティ] をクリックします。
  4. [フェールオーバー ] タブをクリックし、指定した期間内の最大エラー数の設定を表示します。

    表示される数値は、クラスター内のノードの数と等しい。
  5. 動作をシミュレートするには、選択し、グループ内のリソースを右クリックし、他の操作の下でこのリソースの障害をシミュレートをクリックします。

    クラスター リソースの既定の再起動の動作では、元の所有ノードを再起動しようとしています。したがってを開始すると、障害が発生します。リソースが、所有しているノードでオンラインに戻る。
  6. エラーを再度開始します。これが原因で、グループをオフラインにし、クラスター内の別のノードに移動します。
  7. リソースが「失敗」状態のままになるまで、手順 5 と手順 6 を実行します。グループがクラスター内の他のノードでオンラインになった回数をカウントすることを確認します。最後のカウントは 1 になります。
追加のテストでは、これらの手順に従います。
  1. 選択し、別のサービスまたはアプリケーションを構成します。
  2. いずれかで指定された期間内の最大エラー数を増やしてください。
  3. 選択し、グループ内のリソースを右クリックしと他の操作の下でこのリソースの障害をシミュレートをクリックします。
  4. エラーを再度開始します。
フェイル オーバーのカウントは、新しい設定を今すぐと一致します。