SMB 2.0 プロトコルを使用して、Windows Server 2008 または Windows Vista を実行しているコンピューターで、ADMT 移行など、ネットワーク関連の操作を実行するときにパフォーマンスの低下が発生します。

現象

ネットワーク関連の操作を実行すると Windows Server 2008 または Windows Vista を実行するコンピューターでのパフォーマンス低下が発生します。共有ファイルの移動や、Active Directory 移行ツール (ADMT) を使用する共有ファイルをコピーするときに、これらのネットワークに関連する操作が含まれます。

たとえば、発信元または宛先のドメイン コント ローラーには、Windows Server 2008 が行われています。この例では、admt による移行は 3 回以上 windows 以前のバージョンを実行している 2 つのドメイン コント ローラー間の移行サーバー 2008年。

別の例では、ソースと宛先の両方のドメイン コント ローラーが Windows Server 2008 を実行しています。この例では、admt による移行は 6 回以上実行されている両方のバージョンの windows 以前は、2 つのドメイン コント ローラー間の移行サーバー 2008年。

原因

Windows Vista および Windows Server 2008 でネットワーク関連の操作は、サーバー メッセージ ブロック (SMB) 2.0 に基づいています。SMB 2.0 サーバーは、処理に長い時間がかかる要求を受信したサーバーは異なる方法で要求を処理します。この例では、サーバーが、クライアントに暫定的な応答を送信し、要求を非同期的に処理するサーバーに切り替え、します。ただし、SMB 2.0 サーバーはこの暫定的な応答を提供する TCP の同期的に待機します。この現象は、TCP の ACK 応答の間隔のため、200 ミリ秒の遅延が発生します。したがって、この遅延は、「現象」に記載されているパフォーマンスの低下を発生します。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、問題は、この資料に記載されているのみを修正するものです。この適用のみ問題が発生しているシステムに修正プログラムは、この資料に記載されています。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。


同じパッケージには、重要な Windows Vista と Windows Server 2008 の修正プログラムが含まれます。ただし、"修正プログラムの要求] ページでこれらの製品の 1 つだけが表示されます。Windows Vista と Windows Server 2008 の両方に適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページに記載されている製品を選択します。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、お使いのコンピューターで次のオペレーティング システムのいずれかが実行されている必要があります。
  • Windows Vista Service Pack 1 (SP1)
  • Windows サーバー 2008

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

すべてのサポートされている x86 ベース バージョンの Windows Vista および Windows Server 2008
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件
Srvnet.sys6.0.6001.2236698,81602-Feb-200903:16x86SP1
Srv2.sys6.0.6001.18206144,89602-Feb-200903:39x86SP1
Srv2.sys6.0.6001.22366144,89602-Feb-200903:16x86SP1
すべての Windows Vista および Windows Server 2008 の x64 ベースのバージョンをサポートします
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件
Srvnet.sys6.0.6001.22366141,31202-Feb-200903:44x64SP1
Srv2.sys6.0.6001.18206174,59202-Feb-200903:55x64SP1
Srv2.sys6.0.6001.22366174,59202-Feb-200903:44x64SP1
Itanium ベース バージョンの Windows Server 2008 がサポートされているすべての
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォームSP の要件
Srvnet.sys6.0.6001.22366286,20802-Feb-200902:20IA-64SP1
Srv2.sys6.0.6001.18206465,40802-Feb-200902:30IA-64SP1
Srv2.sys6.0.6001.22366465,92002-Feb-200902:20IA-64SP1

回避策

この問題を回避するには、SMB 2.0 を無効にします。これを行うには、以下の手順を実行します。

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには
  1. [スタート] ボタン、[検索の開始] ボックスで、 regeditと入力し、ENTER キーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters
  3. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. SMB2を入力し、ENTER キーを押します。
  5. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
  6. 0 (ゼロ) を入力し、[ OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディターを終了します。
  8. コンピューターを再起動します。

注: 上記のレジストリの変更を実行する場合は、SMB2 ベースのコンピューターで、アクティブな SMB2 をファイル サーバーとのセッションができなくなります SMB1 経由でコンピューターを再起動するまでのセッションを再確立または、ワークステーション サービスを再起動する必要があった。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

Windows Server 2008 と Windows Vista では、SMB 2.0 などの新しいネットワーク機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明


プロパティ

文書番号:950836 - 最終更新日: 2017/02/18 - リビジョン: 2

Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Home Basic 64-bit edition, Windows Vista Home Premium 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Vista Business, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate

フィードバック