Windows Live フォト ギャラリーのフォルダで "撮影日" の正しいメタデータが使用されない

現象

写真やビデオをインポートするとき、Windows Live フォト ギャラリーは日付を含むフォルダ名を作成します。この日付は、写真やビデオの撮影日に対応しません。

この問題は、次のような場合に発生します。[インポートの設定] オプションで、フォルダ名に "撮影日" を含めることが必要であるように指定します。接続したカメラや、カメラからのデータを保存したストレージ カード以外のソースから写真をインポートし、カード リーダーに格納します。たとえば、CD や DVD から写真をインポートしたり、以前にインポートまたは編集した写真やビデオをインポートしたり、Web から写真やビデオをダウンロードしたりします。

原因

写真やビデオをインポートすると、Windows Live フォト ギャラリーのインポート ウィザードはその写真やビデオのファイルに関連付けられている "作成日" または "変更日" のメタデータを使用します。

インポート プロセスでは、"作成日" または "変更日" のメタデータ (どちらか早い方の日付) を使用して、最適なパフォーマンスを実現します。最も一般的なインポート シナリオでは、"撮影日" メタデータは "作成日" および "変更日" のメタデータと同一です。ただし、「現象」に一覧表示されているような例外的なシナリオでは、"作成日" や "変更日" のメタデータは "撮影日" のメタデータと一致しません。これは、"作成日" のメタデータは、ファイルがコンピュータ上に配置されたときに設定されているためです。"変更日" のメタデータは、ファイルが変更されたときに設定されます。

解決方法

重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法を説明する手順が記載されていますが、レジストリを不適切に編集すると深刻な問題が発生することがあります。次の手順は慎重に実行してください。保護を高めるため、レジストリを編集する前にバックアップを作成してください。問題が発生したときにレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップ、編集および復元する方法
Windows Live フォト ギャラリーが "撮影日" のメタデータを使用するように強制する機能を有効にすることができます。この操作を行うには、Windows Live フォト ギャラリーのレジストリ キーに新しい値を作成します。
注 : この機能を有効にすると、インポート プロセス中にパフォーマンスが大幅に低下することがあります。USB 経由で接続されているデバイスからのインポートでは、特に顕著です。この機能を有効にする前と比較すると、パフォーマンスは大きく低下することがあります。
この機能が必要でなくなったときは、値を "0" に変更するか、レジストリからこの値を削除することをお勧めします。

Windows Live フォト ギャラリーが "撮影日" のメタデータを使用するように強制する機能を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. コンピュータの管理者グループのメンバーであることを確認します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、以下のいずれかの手順を実行します。
    • Windows Vista ベースのコンピュータでは、[検索の開始] ボックスに「run」と入力して、Enter キーを押します。
    • Windows XP ベースのコンピュータの場合、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. 「regedit.exe」と入力し、[OK] をクリックして、レジストリ エディタを起動します。
  4. レジストリ エディタで、ノードを展開して次のパスに移動します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows Live\Photo Acquisition
    注 : Photo Acquisition キーが存在しない場合は、キーを追加します。この操作を行うには、Windows Live キーを右クリックし、[新規] をクリックして、[キー] をクリックします。
  5. Photo Acquisition キーで、右側のウィンドウを右クリックし、[新規] をクリックして、[DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  6. 新しい DWORD 「ForceDateTakenDuringEnumeration」を指定します。
  7. 新しく作成した [ForceDateTakenDuringEnumeration] 値をダブルクリックし、値のデータ フィールドに「1」と入力します。
  8. レジストリ エディタを閉じます。
プロパティ

文書番号:951173 - 最終更新日: 2008/05/27 - リビジョン: 1

フィードバック