SQL Server 2008年、Windows Server 2008 ベースのクラスター上にインストールすると、エラー メッセージ:"クラスターがか確認されていないか、またはエラーか検証レポートでエラーが発生します。KB953748 または SQL サーバーにオンライン ブックを参照してください"


英語版 KB:953748

現象

Microsoft SQL Server 2008年、Windows Server 2008 ベースのクラスター上にインストールすると、クラスターの検証規則のセットアップに失敗します。また、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
エラー:「Microsoft クラスター サービス (MSCS) クラスタの検証エラー」に失敗しました。クラスターがか確認されていないか、またはエラーか検証レポートでエラーが発生します。KB953748 または SQL server books online の詳細についてを参照してください"
セットアップ ログ ファイルは、次のようなメッセージが含まれます。
2008 年 05 月 20 日 05時 27分: 18 Slp: ルールの評価: Cluster_VerifyForErrors
2008 年 05 月 20 日 05時 27分: 18 Slp: ルールのマシン上で実行します。 SQLNode_Name
2008 年 05 月 20 日 05時 27分: 18 Slp: ルールの評価の実行: 失敗しました
2008 年 05 月 20 日 05時 27分: 18 Slp: ルールの評価のメッセージ: クラスターがか確認されていないか、またはエラーか、検証レポートでエラーが発生します。
たとえば、セットアップ ログ ファイル (Detail.txt)、次のフォルダーにあります。
%ProgramFiles%\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\20090316_112604
評価が成功のルールは次のようなエントリがあります。
コンピューター名: Cluster_VerifyForErrors: 渡されました。

原因

さまざまな条件下では、検証プロセスは失敗します。この問題が発生すると、この資料に記載されている回避策を実行する前に、ハードウェアの構成が正しいかどうかを確認するのには、手動で検証を実行する必要があります。Windows Server 2008 ベースの環境でのクラスターを検証する方法の詳細については、「関連情報」セクションに記載されている参照を使用できます。 します潜在的な問題が実際に存在する場合、この回避策を使用する場合は、将来的には、発生する可能性がありますその他の問題を防ぐことができます。

回避策

この問題を回避するには、検証が失敗する原因となった問題を修正する必要があります。検証が失敗する原因となった問題を後で修復できることができますを決定する場合は、エラー メッセージは無視して SQL Server 2008年のフェールオーバー クラスター インスタンスをインストールしようとするこの資料でインストールのコマンド ライン オプションを使用する場合があります。もう一度システムを使用する前にこれを実行する場合は検証が失敗する原因となった、問題を解決する必要があります。

メモ このコマンド ライン インストールのオプションを試してくださいし、SQL Server のセットアップが失敗した場合は、クラスター ハードウェアの構成が有効で、かつ、連絡先マイクロソフト カスタマー サポート サービス (CSS) についての詳細についてであるかどうかを確認します。

コマンド プロンプトで、ハード ディスク ・ ドライブと SQL Server のセットアップ (Setup.exe) を含むフォルダーに変更します。次に、入力規則をスキップするのには、次のコマンドのいずれかを入力します。
  • 統合されたフェイル オーバー追加メモのセットアップでは、追加する各ノードで次のコマンドを実行します。
    セットアップの/SkipRules Cluster_VerifyForErrors]/Action = InstallFailoverCluster =
  • [詳細設定] または [エンタープライズのインストールでは、次のコマンドを実行します。
    セットアップの/SkipRules Cluster_VerifyForErrors]/Action = CompleteFailoverCluster =
  • ノードのフェイル オーバーの既存のインストールに追加すると、この検証エラーが表示される場合は、追加する各ノードで次のコマンドを実行します。
    セットアップの/SkipRules Cluster_VerifyForErrors]/Action = AddNode =
メモ SQL Server 2008年のフェイル オーバーを設定、Windows Server 2008 クラスター検証レポートでエラーが含まれている、Windows Server 2008 ベースのフェールオーバー クラスターのクラスターのインスタンスはサポートされません。サポートされているシナリオでが SQL Server 2008年フェールオーバー クラスター インスタンスは、Windows Server 2008 クラスター検証レポート エラーを含めることはできません。マイクロソフト CSS では、クラスター構成はサポートされている状態であることを確認します。

は、 SkipRules セットアップ用のパラメーター化機能ではありません。このパラメーターをマイクロソフト CSS ではこれを行うには、指示がない限り、Cluster_VerifyForErrors のルールを除く他のルールをスキップするのには使用する必要がありますされません。

詳細

SQL Server のフェールオーバー クラスターの検証テスト

クラスターの検証ウィザードは、Windows Server 2008 に含まれているし、セットアップ SQL Server 2008年でのクラスターのフェイル オーバーに組み込まれている新しい機能です。クラスターの検証ウィザードを使用して、クラスター内のノードとして使用するサーバーのコレクションでの集中的なテスト セットを実行できます。このクラスター検証プロセスの基盤となるハードウェアおよびソフトウェアを直接および個別にテスト、どれだけ SQL Server の正確な評価を取得するのには、フェールオーバー クラスタ リングが特定の構成でサポートできます。

検証テストに失敗した場合の対処方法

ほとんどの場合、Microsoft クラスター検証ルールのテストに失敗した場合、サポートされるソリューション考慮しません。この規則の例外として複数サイト (地理的に分散されている) 場合、クラスターの共有記憶域がありません。このシナリオでは、期待される結果、クラスター検証ウィザードは、記憶域テストが失敗することです。テストの残りの部分は正常に終了した場合これは、サポートされているソリューションです。

失敗したテストの種類に是正措置を行うためのガイドラインです。たとえば、記憶域テスト「すべてのディスクを一覧表示」が失敗した場合も失敗するため、以降の記憶域のテストを実行しない場合は、トラブルシューティングを行うには、ストレージ ベンダーに問い合わせてください。同様に、ip アドレスに関連付けられている、ネットワーク テストが失敗に対処する場合は、ネットワーク インフラストラクチャ チームとを説明します。

関連情報

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
フェールオーバー クラスターのステップバイ ステップ ガイド: フェールオーバー クラスター用ハードウェアを検証しています。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc732035.aspx
SQL Server 2008年でのフェールオーバー クラスタ リングの概要
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms189134.aspx
SQL Server 2008年は、コマンド プロンプトからインストールする方法
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms144259.aspx
フェールオーバー クラスター パラメーター
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms144259.aspx#ClusterInstall
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
950179構成ウィザードは、Windows Server 2008 ベースのコンピューターまたは Windows Vista ベースのコンピューター上で検証を実行すると、検証に合格しません。
プロパティ

文書番号:953748 - 最終更新日: 2017/02/14 - リビジョン: 1

フィードバック