Outlook 2007 でグループ ポリシー オブジェクトを使用して、簡易 MAPI の設定を構成するとき、プログラムによるセキュリティの設定を正常に構成できません。

現象

Microsoft Office Outlook 2007 で簡易 MAPI の設定を構成するには、グループ ポリシー オブジェクトを使用します。これを行うと、プログラムによるセキュリティ設定が正常に構成できません。

解決策

この問題を解決するには、修正プログラム 953925 をインストールし、対応するレジストリ エントリを構成することによって、修正プログラムを有効にします。そのためには、以下の手順を実行します。

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには
  1. 修正プログラム 953925 をインストールします。

    これを行う方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

    Outlook 2007 修正プログラム パッケージの953925の説明: 2008 年 6 月 11 日

  2. 次のレジストリ エントリの 1 つ以上の値のデータを 1 (既定、PromptUser)、2 (AutoApprove)、または 0 (AutoDeny) に設定します。
    • PromptSimpleMAPISend
    • PromptSimpleMAPINameResolve
    • PromptSimpleMAPIOpenMessage
    たとえば、PromptSimpleMAPISend レジストリ エントリの値のデータを 1 に設定するには、以下の手順をします。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイルを指定して実行] をクリックして、「regedit」と入力してから [ OK] をクリックします。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security

      : このレジストリ パスが存在しない場合は、してくださいそれを手動で作成します。
    3. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
    4. PromptSimpleMAPISendを入力し、ENTER キーを押します。
    5. PromptSimpleMAPISendを右クリックし、[変更] をクリックします。
    6. [値データ] ボックスで、 1と入力し、[ OK] をクリックします。
    7. レジストリ エディターを終了します。
次の方法のいずれかを使用して、このレジストリ データを展開できます。

  • グループ ポリシー
  • ログオン スクリプト
  • Office カスタマイズ ツール (Outlook 2007) で作成される更新プログラム ファイル (.msp)

ユーザー設定のグループ ポリシー テンプレートを使用してこれらの簡易 MAPI の設定を展開する方法の詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

カスタム グループ ポリシー テンプレートを使用して簡易 MAPI の設定を展開するには、以下の手順を実行します。

  1. ダウンロードして、Microsoft ダウンロード センターから次のユーザー設定のグループ ポリシー テンプレートを展開します。

    http://download.microsoft.com/download/F/C/2/FC287493-FEE3-4E1B-8100-924E851744BE/Outlk12-simplemapi.adm
  2. Outlook 2007 の主要なグループ ポリシー テンプレートがあるない場合は、ダウンロードして、Microsoft ダウンロード センターから最新のテンプレートを抽出します。

    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=73d955c0-da87-4bc2-bbf6-260e700519a8
  3. 手順 2 で、ドメイン コント ローラーにOutlk12.admダウンロードしたファイルを追加します。

    注: ドメイン コント ローラーに、.adm ファイルを追加する手順は、実行している Windows のバージョンによって異なります。組織単位 (OU) にし、ドメイン全体が現在のポリシーを適用することがあります、ために、ポリシーを適用するには、この点で手順が異なる場合があります。そのため、詳細については、Windows のマニュアルを確認してください。
  4. ドメイン コント ローラーに、手順 1 でカスタムOutlk12 simplemapi.admファイルをダウンロードするを追加します。
  5. [ユーザーの構成] で、テンプレートのポリシー ノードを検索するのには、クラシック管理用テンプレート (ADM)を展開します。

    注: Windows XP および Windows Server 2003 では、管理用テンプレートを展開します。

    次のスクリーン ショットは、前の手順で参照されている .adm ファイルの両方がインストールされている場合、グループ ポリシー管理コンソールで Outlook 2007 の簡易 MAPI のポリシーの設定を示します。

    Screen shot for Group Policy.
  6. Exchange セキュリティ フォームの設定をグループ ポリシーを使用して設定するためには、 Outlook セキュリティ モード設定を使用して Outlook のセキュリティ グループ ポリシー」を設定する必要があります。クラシック管理用テンプレート (ADM)Microsoft Office Outlook 2007セキュリティ、そのポリシーを検索する設定を展開セキュリティの設定のフォーム] をクリックします。詳細ペインでは、 Outlook セキュリティ モードをダブルクリックします。ポリシーを有効にして、次のスクリーン ショットに示すように、 Outlook のセキュリティのグループ ポリシーを使用して、設定します。

    Screen shot for Outlook Security Mode
  7. プログラムから [セキュリティ] ノードで [フォームのセキュリティ設定の左側のウィンドウで簡易 MAPI のオプションがある (上記の手順 5 のスクリーン ショットを参照してください)。簡易 MAPIオプションを構成するには、詳細ペインで、ポリシーの設定をダブルクリックします。たとえば、プログラムがプログラムを使用して SimpleMAPI を使用してメールを送信しようとするときの動作を構成するのには簡易 MAPI の設定を送信するメッセージををダブルクリックします。
  8. ポリシーの設定] ダイアログ ボックスで、ポリシーを有効にして、ガードの動作] ボックスで目的の動作を設定するのには、有効をクリックします。

    たとえば、次のスクリーン ショットは、ガードの動作設定のオプションの構成の簡易 MAPI 送信メッセージを示しています。

    Screen shot for the Guard Behavior
  9. 終了後、簡易 MAPI のポリシーを構成して、Outlook クライアントに反映されて、ポリシーは、レジストリの次のサブキーを調べることで Outlook を使用できるかを確認できます。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security

    次のスクリーン ショットは、次の 3 つのすべての簡易 MAPI のポリシーが構成されている Outlook クライアントのレジストリを示しています。

    Screen shot for the registry

    : 手順 6 で設定したOutlook セキュリティ モードのグループ ポリシーの設定がAdminSecurityModeの値を作成し、設定3 です。これは、Outlook がプログラムによるセキュリティを管理するため、グループ ポリシーを使用することを示します。

プロパティ

文書番号:953806 - 最終更新日: 2017/02/05 - リビジョン: 1

Microsoft Office Outlook 2007

フィードバック