NLB を構成した場合、または期待どおりに NLB クラスターが収束しない場合、Windows Server 2008 HYPER-V 仮想マシンは Stop エラーを生成します。

現象

次のような状況を考えます。
  • Windows Server 2008 のホスト コンピューターでは、HYPER-V 環境で Windows Server 2008 の仮想マシンを実行しています。
  • この仮想マシンに新しいネットワーク負荷分散 (NLB) クラスターを作成しようとするとします。または、このバーチャル マシンを既存の NLB クラスターに追加しようとします。
このシナリオで期待どおりに、仮想マシン上の NLB ホストは収束されません。さらに、NLB クラスターでは、大量のトラフィックが発生する場合、バーチャル マシンでゲスト システムが予期せず、再起動し、次の Stop エラー メッセージが表示される場合があります。
(パラメーター 1パラメーター 20x000000E1 を停止します。
parameter3,
parameter4)
注: Nlb.sys ドライバーでクラッシュが発生したことには、この Stop エラー メッセージがあります。

原因

この収束の問題は、HYPER-V 環境で不足している構成が原因で発生します。Nlb.sys ドライバーでデッドロックが発生したため仮想マシンが予期しない再起動が行われます。


注: 修正プログラムはこの資料で使用できるが、この修正プログラムには stop エラーで予期せず再起動の固定します。
収束の問題は、この修正プログラムをインストールした後にまだ存在しています。NLB 構成を修正する必要があります [解像度] セクションのインストール後の手順を参照してください。

この要件、Windows Server 2008 の制限は、すべてのエディションです。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

同じパッケージには、重要な Windows Vista と Windows Server 2008 の修正プログラムが含まれます。ただし、"修正プログラムの要求] ページでこれらの製品の 1 つだけが表示されます。Windows Vista と Windows Server 2008 の両方に適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページに記載されている製品を選択します。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、仮想マシンにインストールされているネットワーク負荷分散の機能が必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、バーチャル マシンを再起動する必要はありません。ただし、HYPER-V 環境で仮想マシンの設定を構成するときに、バーチャル マシンを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

インストール後の手順

この問題を解決するには、バーチャル マシンで、この修正プログラムを適用します。次に、新しい NLB クラスターを作成か、既存の NLB クラスターに仮想マシンを追加します。

新しい NLB クラスターを作成するには、次の手順を実行します。
  1. ネットワーク負荷分散マネージャーを開きます。これを行うには、次のようにクリックします。
    開始管理ツール] をポイントし、ネットワーク負荷分散マネージャー] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、ネットワーク負荷分散クラスターを右クリックし、[新しいクラスター] をクリックします。
  3. ホスト] ボックスで、新しいホストとする] をクリックし、仮想マシンのコンピューター名を入力します
    接続します。
  4. 新しいクラスターを構成するために利用できるインターフェイスの一覧で NLB クラスター用のネットワーク アダプターを選択し、[次へ] をクリックします。

    注: 選択したインターフェイスに静的 IP アドレスが定義されていない場合は、次の画面上の静的 IP アドレスの定義が求められます。
  5. 新しいクラスター: クラスターの IP アドレス画面の NLB クラスターの仮想 IP アドレスの定義、プロパティで、ネットワーク アドレスの MAC アドレスに注意してくださいをクリックして
    次へ

    注: 手順 11 では、この MAC アドレスを使用します。
  6. [クラスター操作モード] で次のようにクリックします。
    ユニキャストでは、をクリックします。
  7. NLB 構成では、残りの部分を完了し、仮想マシンをシャット ダウンします。

    注: ここでは、NLB ホストが収束しません。バーチャル マシンを起動する場合、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
    バインド操作が正常に完了しましたが、nlb はクエリに応答がありません。
  8. ホスト コンピューターに HYPER-V マネージャーを開きます。これを行うには、[スタート] ボタンを選択し、 [管理ツール] をポイントし、[ HYPER-V マネージャー] をクリックします。
  9. 詳細ペインで、[仮想マシン] では、仮想マシンを構成するを右クリックし、し、[設定] をクリックします。
  10. ナビゲーション ・ ペインでは、NLB クラスターに使用するネットワーク アダプターをクリックします。
  11. 詳細ペインで [ Mac アドレス] の [静的] をクリックし、手順 5 でメモした MAC アドレスを指定します。
  12. バーチャル マシンを起動します。
  13. ネットワーク負荷分散マネージャーを開きます。
  14. コンソール ツリーで、ネットワーク負荷分散クラスターを展開し、NLB ホストを右クリックし、ホストのプロパティ] をクリックします。
  15. NLB 構成プロセスを開始するのには[ok]をクリックします。NLB 構成プロセスは、クラスターの仮想 IP アドレスをネットワーク アダプターの TCP/IP のプロパティに追加します。
バーチャル マシンを既存の NLB クラスターに追加するには、次の手順を実行します。
  1. ネットワーク負荷分散マネージャーを開きます。これを行うには、次のようにクリックします。
    開始管理ツール] をポイントし、ネットワーク負荷分散マネージャー] をクリックします。
  2. コンソール ツリーは、ネットワーク負荷分散クラスターを右クリックし、既存の接続] をクリックします。
  3. [ホスト] ボックスをクリックし、[既存の NLB クラスターの一部である仮想マシンのコンピューター名を入力] をクリックし、
    接続します。
  4. クラスターを右クリックし、[クラスター パラメーター] をクリックして、MAC アドレス、ネットワーク アドレスのプロパティに注意してくださいし、し、[キャンセル] をクリックします。

    注: 手順 12 では、この MAC アドレスを使用します。
  5. NLB クラスターを右クリックし、ホストをクラスターに追加] をクリックします。
  6. 新しいホストの名前を指定し、クリックしてください
    接続します。ホストで利用可能なネットワーク アダプターは、ダイアログ ボックスの下部に表示されます。
  7. ネットワーク負荷分散では、使用するネットワーク アダプターをクリックし、[次へ] をクリックします。このネットワーク アダプターで構成されている IP アドレスは、このホストの専用 IP アドレスです。
  8. NLB 構成では、残りの部分を完了し、仮想マシンをシャット ダウンします。

    注: ここでは、NLB ホストが収束しません。バーチャル マシンを起動する場合、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
    バインド操作が正常に完了しましたが、nlb はクエリに応答がありません。
  9. ホスト コンピューターに HYPER-V マネージャーを開きます。これを行うには、[スタート] ボタンを選択し、 [管理ツール] をポイントし、[ HYPER-V マネージャー] をクリックします。
  10. 詳細ペインで、[仮想マシン] では、仮想マシンを構成するを右クリックし、し、[設定] をクリックします。
  11. ナビゲーション ・ ペインでは、NLB クラスターに使用するネットワーク アダプターをクリックします。
  12. 詳細ペインで [ Mac アドレス] の [静的] をクリックし、手順 4 でメモした MAC アドレスを指定します。
  13. バーチャル マシンを起動します。
  14. ネットワーク負荷分散マネージャーを開きます。
  15. コンソール ツリーで、ネットワーク負荷分散クラスターを展開し、NLB ホストを右クリックし、ホストのプロパティ] をクリックします。
  16. NLB 構成プロセスを開始するのには[ok]をクリックします。NLB 構成プロセスは、クラスターの仮想 IP アドレスをネットワーク アダプターの TCP/IP のプロパティに追加します。
注:
  • 次のイベントのいずれかが発生したときに、ここに記載されている手順を使用して、HYPER-V の構成の静的 MAC アドレスを更新する必要があります。
    • NLB クラスターのプライマリ クラスター IP アドレスを変更します。
    • NLB クラスターの操作モードを変更します。
  • 次の手順では、ネットワーク負荷分散機能がインストールされていると仮定します。NLB を構成する方法およびインストール方法についての詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Server 2008 では、x86 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Package_1_for_kb953828~31bf3856ad364e35~x86~~6.0.1.0.mum該当なし1,80502-Jun-200823:07該当なし
Package_2_for_kb953828~31bf3856ad364e35~x86~~6.0.1.0.mum該当なし1,80902-Jun-200823:07該当なし
Package_for_kb953828_sc_0~31bf3856ad364e35~x86~~6.0.1.0.mum該当なし1,42302-Jun-200823:07該当なし
Package_for_kb953828_sc~31bf3856ad364e35~x86~~6.0.1.0.mum該当なし1,42202-Jun-200823:07該当なし
Package_for_kb953828_server_0~31bf3856ad364e35~x86~~6.0.1.0.mum該当なし1,42302-Jun-200823:07該当なし
Package_for_kb953828_server~31bf3856ad364e35~x86~~6.0.1.0.mum該当なし1,43002-Jun-200823:07該当なし
X86_af25424cfe0c1506be55db880444d957_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22192_none_b205d96faf254167.manifest該当なし72202-Jun-200823:07該当なし
X86_microsoft-windows-n..ncing-networkdriver_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22192_none_ae3445ed31cec591.manifest該当なし4,34301-Jun-200819:01該当なし
Nlb.sys6.0.6001.22192197,63201-Jun-200801:35x86
Windows Server 2008 では、Itanium ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Ia64_4c5a3d8e2dd5f2d80fd7f22d40e6eaee_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22192_none_01d215a4a10ddcb4.manifest該当なし72402-Jun-200823:06該当なし
Ia64_microsoft-windows-n..ncing-networkdriver_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22192_none_ae35e9e331ccce8d.manifest該当なし4,34901-Jun-200821:20該当なし
Package_1_for_kb953828~31bf3856ad364e35~ia64~~6.0.1.0.mum該当なし1,81002-Jun-200823:06該当なし
Package_for_kb953828_server_0~31bf3856ad364e35~ia64~~6.0.1.0.mum該当なし1,42702-Jun-200823:06該当なし
Package_for_kb953828_server~31bf3856ad364e35~ia64~~6.0.1.0.mum該当なし1,43402-Jun-200823:06該当なし
Nlb.sys6.0.6001.22192568,83201-Jun-200802:01IA-64
Windows Server 2008 では、x64 ベースのバージョン
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Amd64_7d403944368b2d5dfb3014b27070963b_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22192_none_05d7f980774163d7.manifest該当なし72602-Jun-200823:07該当なし
Amd64_microsoft-windows-n..ncing-networkdriver_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22192_none_0a52e170ea2c36c7.manifest該当なし4,35501-Jun-200819:25該当なし
Package_1_for_kb953828~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし1,81502-Jun-200823:07該当なし
Package_2_for_kb953828~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし1,81902-Jun-200823:07該当なし
Package_for_kb953828_sc_0~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし1,43102-Jun-200823:07該当なし
Package_for_kb953828_sc~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし1,43002-Jun-200823:07該当なし
Package_for_kb953828_server_0~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし1,43102-Jun-200823:07該当なし
Package_for_kb953828_server~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし1,43802-Jun-200823:07該当なし
Nlb.sys6.0.6001.22192243,71201-Jun-200802:11x64

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:953828 - 最終更新日: 2017/02/05 - リビジョン: 1

Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Web Server 2008

フィードバック