Service Pack 1 のプレリリース ビルドを適用した Windows Vista の実行時にメッセージ "Windows のライセンスは有効期限が切れます" が表示される

はじめに

この資料では、Windows Vista Service Pack 1 (SP1) のプレリリース ビルドを適用した Windows Vista の実行時に表示されるメッセージについて説明します。ライセンスの有効期限までに Windows Vista SP1 更新プログラム パッケージをアンインストールする必要があります。プレリリース版の SP1 パッケージをアンインストールする手順を記載しています。

現象

Windows Vista SP1 のプレリリース ビルドを適用した Windows Vista の実行時に、次のいずれかのメッセージが表示されます。



メッセージ 1
ご使用の Windows ライセンスは、あと n 日で有効期限が切れます。

: n は 14 ~ 2 の数字です。



メッセージ 2
ご使用の Windows ライセンスは、あと n 時間で有効期限が切れます。

: n は 24 ~ 0 の数字です。



メッセージ 3

起動から 2 時間後にコンピュータ セッションが突然終了します。このとき、次のエラー メッセージが表示されます。

END_OF_NT_EVALUATION_PERIOD
コンピュータを再起動することにより、さらに 2 時間使用できます。



: ボリューム ライセンス キーを使用してインストールされた Windows Vista Enterprise Edition または Windows Vista Business Edition の場合は、メッセージ 3 のみが表示されます。



2 時間後、警告が再度表示されることなく、プレリリース版の Windows Vista システムが機能しなくなります。また、Windows Vista で以下のいずれかの動作が実行され、保存していない作業は失われます。

  • システムが再起動する。

  • システムにメッセージ 3 が表示される。

解決方法

ライセンス評価の有効期限に達する前に、Windows Vista SP1 更新プログラム パッケージをアンインストールする必要があります。



Windows Vista SP1 更新プログラム パッケージをアンインストールするには、以下の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタン をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [プログラム] をクリックします。

  3. [プログラムと機能] をクリックします。

  4. [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックします。

  5. [Microsoft Windows (KB936330) の Service Pack] をクリックします。

  6. [アンインストール] をクリックします。

Windows Vista Service Pack 1 をアンインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。


948537 トラブルシューティングの手順として Windows Vista SP1 をアンインストールする方法

: スリップストリーム バージョンの Windows Vista SP1 (Service Pack を適用した Windows Vista の完全インストール) をインストールした場合は、有効なライセンスを使用して Windows Vista の完全再インストールを実行する必要があります。

詳細

プレリリース ビルドに関する情報

プレリリース版の Windows Vista SP1 は、あらかじめ設定されたスケジュールによって期限切れとなる評価用ライセンスが含まれる形で公開されました。このスケジュールは、Windows Vista SP1 更新プログラム パッケージのマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に記載されています。プレリリース ビルドには以下のものがあります。

  • ベータ
  • RC / CPP リリース
  • RC Refresh

Windows Vista SP1 更新プログラム パッケージの評価期間

Windows Vista SP1 には、評価期間の有効期限および限定ライセンスが含まれており、どちらもあらかじめ設定されたスケジュールによって期限切れとなります。このスケジュールは、Windows Vista SP1 更新プログラム パッケージのマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に記載されています。評価期間は 3 か月間で、その後限定ライセンスが期限切れとなります。限定ライセンスが期限切れになった場合は、Service Pack をアンインストールするか、有効な Windows Vista ライセンスをインストールするよう求める警告メッセージが表示されます。以下の表に、公開されているビルドに関する全体的なスケジュールを示します。

Windows Vista SP1 のプレリリース ビルド

ビルド番号
評価期間の有効期限
ライセンスの有効期限
ベータ16659
2008 年 4 月 7 日
2008 年 7 月 15 日
RC / CPP リリース17052
2008 年 6 月 30 日
2008 年 10 月 15 日
RC Refresh17028
2008 年 6 月 30 日
2008 年 10 月 15 日

ライセンスの有効期限のタイムライン

  • 2008 年 6 月 17 日以降 : コンピュータを起動するたびに、1 日 1 回、次のメッセージが表示されます。n は 14 ~ 4 の数字です。

    Windows から重要なデータを直ちにバックアップしてください。



    Windows のライセンスは、n 日後に期限が切れます。ファイルのバックアップを作成してから、いずれかのエディションの Windows Vista をインストールしてください。

  • 2008 年 6 月 28 日以降 : コンピュータを起動するたびに、4 時間ごとに次のメッセージが表示されます。n は 3 ~ 2 の数字です。

    Windows のライセンスは n 日で有効期限が切れ、Windows を使用することができなくなります。ファイルのバックアップを作成してから、いずれかのエディションの Windows Vista をインストールしてください。

  • 2008 年 6 月 30 日以降 : コンピュータを起動するたびに、1 時間に 1 回、次のメッセージが表示されます。n は 24 ~ 1 の数字です。

    Windows のライセンスは n 時間で有効期限が切れ、Windows を使用することができなくなります。ファイルのバックアップを作成してから、いずれかのエディションの Windows Vista をインストールしてください。

  • 2008 年 7 月 1 日以降 : コンピュータを起動するたびに、次のメッセージが表示されます。

    Windows のライセンスは 0 時間で有効期限が切れ、Windows を使用することができなくなります。ファイルのバックアップを作成してから、いずれかのエディションの Windows Vista をインストールしてください。

    2 時間後、警告が再度表示されることなく、プレリリース版の Windows Vista システムが機能しなくなります。また、Windows Vista で以下のいずれかの動作が実行され、保存していない作業は失われます。

    • システムが再起動する。

    • 次のメッセージが表示される。

      END_OF_NT_EVALUATION_PERIOD
  • ライセンスの有効期限が切れてコンピュータにアクセスできなくなる : ここに記載されているライセンスの有効期限 (ほとんどのユーザーの有効期限は 10 月 15 日) が切れると、Windows Vista にログオンできなくなります。また、コンピュータにまったくアクセスできなくなります。有効な Windows Vista をインストールする必要があります。これを行うには、Windows Vista DVD からコンピュータを起動して、インストールを開始します。

統合インストールを実行した Windows Vista SP1 の評価期間

更新プログラム パッケージを使用せずに、クリーン インストールを実行してプレリリース版の Windows Vista SP1 をインストールした場合は、有効なライセンスを使用して Windows Vista を再インストールする必要があります。場合によっては、SP1 が含まれているバージョンの Windows Vista にアップグレードできる可能性があります。どのインストール方法が実行可能であるかを判断するには、正規ライセンスの Windows Vista ソフトウェアに同梱されているドキュメントを参照してください。

プロパティ

文書番号:954753 - 最終更新日: 2008/10/14 - リビジョン: 1

フィードバック