Windows 7 または Windows Server 2008 R2 のインストールを実行する SQL Server の既知の問題します。

概要

この資料は、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターに Microsoft SQL Server をインストールするときに既知の問題を説明します。

Notes

  • Express エディションの SQL Server 2008 で Windows 7 または Windows Server 2008 R2 で実行されている以外のすべてのエディションが必要には、少なくとも SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) をインストールします。

    注: Express エディションには、Service Pack 1 が既に含まれています。
  • Windows 7 や Windows Server 2008 R2 上で実行されている、SQL Server 2005 のすべてのエディション、する必要があります少なくとも SQL Server 2005 Service Pack 3 (SP3) をインストールします。
  • この記事では、Windows 7 は、Windows 7 のクライアントのバージョンを示します。 Windows Server 2008 R2 は、Windows 7 のサーバー バージョンを示します。
  • さまざまなバージョンの SQL Server のハードウェアとソフトウェアの要件の詳細については、 SQL Server 2012 をインストールするためのハードウェアおよびソフトウェアの要件を参照してください。
  • リリース ノートにはそのドキュメントに関するさまざまな既知の問題、製品のリリース時に、 SQL Server 2012 のリリース ノートを参照してください。

既知の問題

  • Windows 7 には、Kerberos 認証が有効になっているかどうかを判断するのには kerberos 認証は使用しません

    Windows 7 では、フェールオーバー クラスターを SQL Server 2008 のインストールが失敗した場合、ネットワーク名リソースの Kerberos 認証が有効になっているかどうかを判断するのにはkerberos 認証を使用しません。
  • SQL Server 2008 のインストール中に、クラスターの検証が失敗した Windows 7 のまたは Windows Server 2008 R2 では、連邦情報処理規格 (FIPS) のポリシーが有効にすると

    Windows 7 または Windows Server 2008 R2 では、FIPS ポリシーが有効にすると、SQL Server 2008 のインストール時にクラスターの検証が失敗します。そのため、セットアップが失敗します。

    これら 2 つの問題を解決するには、SQL Server 2008 (SP1) またはクラスター化されたインストールの後で、更新プログラムと共に SQL Server 2008 をインストールする必要があります。Microsoft SQL Server 2008 の SP1 を入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

    968382 SQL Server 2008 の最新の service pack の入手方法

    クラスター化された環境または非クラスター化環境で SQL Server セットアップを更新する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

    955392方法を更新するか、SQL Server 2008 のインストールにスリップ ストリームするには

  • SQL Server 2008 のインストールが Windows Server 2008 R2 で失敗する可能性があります。

    Microsoft.NET Framework が有効になっていない場合は、Windows Server 2008 R2 で SQL Server 2008 のインストールがあります。この問題は、.NET Framework 3.5 のインストールがこのインストールの必要条件であるために発生します。

    Windows Server 2008 R2 の上は、.NET Framework 3.5 は、Windows コンポーネントとして含まれています。既定では、.NET Framework 3.5 が有効になりません。このインストールの失敗を避けるためには、SQL Server 2008 のインストールを実行する前に Windows の機能のコンポーネントから.NET Framework 3.5 を有効にする必要があります。
  • SQL Server 2008 のセットアップが失敗します。

    SQL Server 2008 のセットアップが失敗し、次のエラーが発生します。
    呼び出すか、ウィンドウ ハンドルが作成されるまで、コントロールで BeginInvoke を呼び出すことができません。
    この問題を解決するのには、累積的な更新をインストールすることができます。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
    975055の修正: Windows 7 を実行しているコンピューターに SQL Server 2008 をインストールするときにエラー メッセージ:「Invoke メソッドまたは BeginInvoke 呼び出すことができません、コントロールのウィンドウ ハンドルが作成されるまで」

詳細

Windows 7 や Windows Server 2008 R2 の最低限のバージョン要件

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターで SQL Server をインストールする前に、最低限には、状況に応じて次の前提条件を満たすようにしていることを確認の操作を行う必要があります。

SQL Server 2008

クラスター化されたインストール

SQL Server 2008 Service Pack 1 または (これとも呼ばれるスリップ ストリーム バージョン) 以降の更新プログラムと共に SQL Server 2008 をインストールする必要があります。

非クラスター化インストール

SQL Server 2008 Service Pack 1 またはそれ以降の更新の後に、SQL Server 2008 をインストールする必要があります。
注: Windows 2008 R2 と Windows 7 では、SQL Server 2008 express のランタイムがサポートされています。
SQL Server 2008 をインストールするためのハードウェアとソフトウェアの要件の詳細については、 SQL Server 2012 のインストールのハードウェアおよびソフトウェアの Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。

SQL Server 2005

SQL Server の Service Pack 3 またはそれ以降の更新の後に、SQL Server 2005 をインストールする必要があります。

SQL Server 2005 のクラスター化されたインストールの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

973993 Service Pack 3 または Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスタ リングに基づく SQL Server 2005 クラスターでは、Service Pack 3 の更新を適用すると、期待どおりにいくつかのノードは更新されません。

SQL Server 2005 のサービス パックの入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。

913089 SQL Server 2005 の最新の service pack の入手方法

SQL Server 2005 の詳細については


Windows 7 および Windows Server 2008 R2 では SQL Server 2005 Express Service Pack 2 の実行時に注意してください。


.NET Framework

Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターで SQL Server 2008 をインストールする前に、Microsoft.NET Framework 3.5 SP1 を有効にする必要があります。.NET Framework 3.5 SP1 は、SQL Server 2008 のための前提条件です。インストールされていない場合、SQL Server 2008 のセットアップは、.NET Framework 3.5 SP1 をインストールします。ただし、フェールオーバー クラスタ リングを.NET Framework 3.5 SP1 は、SQL Server 2008 フェールオーバー クラスターのインストールの前にインストールしなければなりません。

Windows Server 2008 R2 のでは、.NET Framework は、システム コンポーネントです。したがって、.NET Framework を再配布ポイントからインストールできません。ServerManagerCmd.exe を使用してまたはサーバーの役割から、.NET Framework をインストールする必要があります。

次のシナリオで.NET Framework をインストールする必要はありません。
  • .NET Framework 3.5 SP1 がインストールされている Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターとなります。
  • Windows 7 を実行しているコンピューター上

注: 既定では、Windows 7 で.NET Framework 3.5 SP1 がインストールされています。

プロパティ

文書番号:955725 - 最終更新日: 2017/02/05 - リビジョン: 2

Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Web Server 2008 R2, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate

フィードバック