HYPER-V の更新プログラムの論理プロセッサと Windows Server 2008 の x64 ベースのコンピューター上の仮想マシンの数を増やすには

はじめに

この HYPER-V の更新プログラムには、論理プロセッサと Windows Server 2008 ベースのコンピューターで実行されている仮想マシンの数が増加します。

この更新プログラム パッケージには、次の機能強化が含まれています。
  • 更新プログラム パッケージには、24 の論理プロセッサの数に制限が大きくなります。以前の制限は、16 をしました。
  • 更新プログラム パッケージには、192 をサーバーごとに実行できる HYPER-V 仮想マシンの数が増加します。以前の制限は、128 をしました。

詳細

更新プログラムをインストールした後は、最新の統合コンポーネントをインストールする必要が。これを行うには、HYPER-V マネージャーで、仮想マシン接続を開くし、[操作] メニューの統合サービス セットアップ ディスクの挿入オプションを選択します。統合サービスのインストールが自動的に起動します。

注:
  • Windows Server 2008 ベースのコンピューターでは、[更新の統合サービスがコントロール パネルの [プログラムと機能] で KB957268 として表示されます。
  • Windows Vista ベースのコンピューターでは、上は、更新の統合サービスは KB957269 としてコントロール パネルの [プログラムと機能] に表示されます。

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Windows Server 2008 の最新の service pack を入手します。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
968849 Windows Server 2008 の最新の service pack の入手方法


更新プログラムの情報

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Windows Server 2008 x64 ベース バージョン用の更新プログラム

Download 956710 のパッケージを今すぐダウンロードします。

リリース日: 2008 年 9 月 23 日

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、Windows Server 2008 がコンピューターにインストールされている必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報

150 件を超える仮想マシンを実行する場合は、以下の手順を実行します。

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには
  1. [スタート] ボタンthe Start button 、タイプ
    検索の開始「regedit」ボックスと、[ OK] をクリックします。
  2. レジストリ エディターで、次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\SubSystems
    既定では、Windows のエントリのサブキーには、次のような値を持ちます。
    %SystemRoot%\system32\csrss.exe ObjectDirectory \Windows SharedSection の = = 1024、20480、768 Windows = SubSystemType [= Windows ServerDll = basesrv、1 ServerDll = winsrv:UserServerDllInitialization、3 ServerDll = winsrv:ConServerDllInitialization、2 ProfileControl = MaxRequestThreads をオフ = 16
    注: この値は、すべて 1 つの行に表示されます。
  3. Windowsのエントリを右クリックし、[変更] をクリックします。文字列の編集] ダイアログボックスが表示されます。
  4. [値データ] ボックスで、検索、
    SharedSectionのエントリは、1536、768 からこのエントリの 3 番目の値に変更し、し、[ OK] をクリックします。

    新しく変更された Windows のエントリは次のとおりです。
    %SystemRoot%\system32\csrss.exe ObjectDirectory \Windows SharedSection の = = 1024、20480、1536 Windows = SubSystemType の Windows ServerDll を = = basesrv、1 ServerDll = winsrv:UserServerDllInitialization、3 ServerDll = winsrv:ConServerDllInitialization、2 ProfileControl = MaxRequestThreads の電源を = 16

追加の要件

6-コア プロセッサを搭載したコンピューターで Windows Server 2008 x86 ベースの仮想マシンを起動するにもインストールする必要が修正プログラム 950182。

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
950182 A コンピューターが x86 ベースのバージョンの Windows Server 2008 または、x86 ベースのバージョンの Windows Vista を実行している可能性があるかどうかソケットでのコアの数が 2 の累乗ではありませんが予想よりも少ないプロセッサを使用してください。

ファイル情報

この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

マニフェスト ファイルと各環境にインストールされている .mum ファイルとは別にリストされている「Windows server 2008 と Windows Vista の追加のファイル情報」には。これらのファイルとそれらに関連付けられている .cat (セキュリティ カタログ) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために重要です。.Cat ファイルは、マイクロソフトのデジタル署名で署名されます。これらのセキュリティ ファイルの属性は表示されません。
すべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 をサポート
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Hvax64.exe6.0.6001.22258707,07205-Sep-200802:55x64
Hvboot.sys6.0.6001.22258111,67205-Sep-200805:38x64
Hvix64.exe6.0.6001.22258732,16005-Sep-200802:55x64
Virtualization.events.xml該当なし1,38411-Jul-200820:06該当なし
Vmwp.exe6.0.6001.222583,521,02405-Sep-200805:30x64
Blank.vfd該当なし1,474,56018-Dec-200721:18該当なし
Vid.dll6.0.6001.2225837,88805-Sep-200805:32x64
Vmbuspipe.dll6.0.6001.2225815,87205-Sep-200805:32x64
Vmbusvdev.dll6.0.6001.2225883,96805-Sep-200805:32x64
Vmguest.iso該当なし42,948,60803-Sep-200823:18該当なし
Vmprox.dll該当なし178,68805-Sep-200805:32x64
Vmwpctrl.dll6.0.6001.2225887,04005-Sep-200805:32x64
Windowsvirtualization.mof該当なし406,53605-Sep-200801:14該当なし
Windowsvirtualizationuninstall.mof該当なし57211-Jul-200820:06該当なし
S3cap.sys6.0.6001.222586,65605-Sep-200803:04x64
Storflt.sys6.0.6001.2225838,91205-Sep-200803:04x64
Vmbus.sys6.0.6001.22258242,74405-Sep-200805:39x64
Vmbuscoinstaller.dll6.0.6001.22258124,41605-Sep-200803:03x64
Vmbuspipe.dll6.0.6001.2225815,87205-Sep-200805:32x64
Winhv.sys6.0.6001.2225857,40005-Sep-200805:38x64
Wvmbus.inf該当なし12,44805-Sep-200800:06該当なし

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

Windows Server 2008 の x64 ベース バーチャル マシンに更新された統合コンポーネントをインストールした後は、デバイス マネージャーで不明なデバイスのエントリがあります。この不明なデバイスのエントリは、Microsoft 仮想マシンのバス ビデオ デバイスです。



手動でこの問題を解決するには、以下の手順を実行します。

  1. デバイス マネージャーでは、不明なデバイスを右クリックし、ドライバー ソフトウェアの更新] をクリックします。
  2. 更新されたドライバー ソフトウェアを自動的に検索をクリックします。
  3. ドライバー ソフトウェアの更新ウィザードを完了します。
Microsoft 仮想マシンのバス ビデオ デバイスが、デバイス マネージャーでディスプレイ アダプターの下に表示されます。

Windows Server 2008 の他のファイル情報

すべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 用の追加ファイル
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Amd64_325eea6d498c79889d8cc69660a15eec_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22258_none_d3f23a1811d929fa.manifest該当なし69805-Sep-200819:48該当なし
Amd64_3b6750f6ebb7c2736da390253183ee4f_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22258_none_1df4777d8b7a294e.manifest該当なし70305-Sep-200819:48該当なし
Amd64_5ed10c6f2c7fd9a21823b30f22139f90_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22258_none_d4da0a137fc019a4.manifest該当なし69905-Sep-200819:48該当なし
Amd64_microsoft-hyper-v-drivers_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22258_none_c5abe6aec912f371.manifest該当なし9,21605-Sep-200806:07該当なし
Amd64_microsoft-hyper-v-vstack-vmwp_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22258_none_91babb2f31650d05.manifest該当なし192,58705-Sep-200806:04該当なし
Amd64_microsoft-hyper-v-vstack_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22258_none_c1379feac5b9ccae.manifest該当なし45,50805-Sep-200806:03該当なし
Amd64_wvmbus.inf_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22258_none_95fad2887ba3c2ed.manifest該当なし8,53405-Sep-200806:08該当なし
Package_1_for_kb956710~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし1,82505-Sep-200819:48該当なし
Package_2_for_kb956710~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし2,46305-Sep-200819:48該当なし
Package_3_for_kb956710~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし3,23405-Sep-200819:48該当なし
Package_4_for_kb956710~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし3,23605-Sep-200819:48該当なし
Package_5_for_kb956710~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし2,24005-Sep-200819:48該当なし
Package_for_kb956710_client_1~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし1,43505-Sep-200819:48該当なし
Package_for_kb956710_client~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし1,43905-Sep-200819:48該当なし
Package_for_kb956710_sc_0~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし2,44405-Sep-200819:48該当なし
Package_for_kb956710_sc~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし1,43105-Sep-200819:48該当なし
Package_for_kb956710_server_0~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし2,67005-Sep-200819:48該当なし
Package_for_kb956710_server~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.0.mum該当なし1,43905-Sep-200819:48該当なし
プロパティ

文書番号:956710 - 最終更新日: 2017/02/05 - リビジョン: 1

Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard

フィードバック