[MS08-066] Microsoft Ancillary Function ドライバの脆弱性により、特権が昇格される

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS08-066 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

ホーム ユーザーの場合は、無料サポートを利用できます。米国およびカナダのお客様は、電話で 1-866-PCSAFETY にお問い合わせください。他の地域については、各地域の支社にお問い合わせください。セキュリティ更新プログラムのサポートに関する各地域の支社の問い合わせ先については、以下のマイクロソフトの世界のサポート Web サイトを参照してください。北米のお客様は、次のマイクロソフト Web サイトから、無条件の無償電子メール サポートまたは無条件の個人チャット サポートもご利用ください。法人のお客様向けのセキュリティ更新プログラムのサポートについては、通常ご使用のサポート連絡先をご利用ください。

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

ZoneAlarm を実行中の Windows XP ベースのコンピュータまたは Windows 2003 ベースのコンピュータにこのセキュリティ更新プログラムをインストールすると、インターネットに接続できなくなることがあります。

この問題は、次の表に記載されているバージョンの ZoneAlarm を実行すると発生する可能性があります。
Applicationバージョン番号の範囲
Zone Alarm Internet Security Suite6.5.645.000–7.0.482.000
Zone Alarm Pro6.5.645.000–7.0.482.000
Zone Alarm Anti Virus6.5.645.000–7.0.482.000
Zone Alarm Anti-Spyware6.5.645.000–7.0.482.000
Zone Alarm Basic Firewall6.5.645.000–7.0.482.000
EndPoint Security6.5.645.000–7.0.865.000 (excluding 7.0.843.0007 and 7.0.866.000)
この問題を解決するには、更新プログラム 958752 をインストールします。


関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

958752 セキュリティ更新プログラム 956189 (MS08-037) およびセキュリティ更新プログラム 956803 (MS08-066) と同時にリリースされた AFD.SYS のバージョンには、アプリケーションの互換性の問題がある

ファイル情報

セキュリティ更新プログラム (日本語版) のファイル属性は、
セキュリティ情報 MS08-066の「ファイル情報」セクションをご覧ください。
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
プロパティ

文書番号:956803 - 最終更新日: 2008/12/22 - リビジョン: 1

フィードバック