Microsoft サーバー ソフトウェアおよびサポート対象の仮想化環境

適用対象: Windows Server 2019, all versionsWindows Server 2016 DatacenterWindows Server 2016 Standard 詳細

はじめに


この資料では、以下のサポート対象の仮想化環境での Microsoft サーバー ソフトウェアの実行に関するサポート ポリシーについて説明します。
 
  • Hyper-V を搭載した Windows Server 2008 以降
  • Microsoft Hyper-V Server 2008 以降
  • Server Virtualization Validation Program (SVVP)

    詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
マイクロソフトは、「詳細」に記載されているサポート対象の仮想化環境で実行される Microsoft サーバー ソフトウェアをサポートします。 このサポートは、マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーに従います。 詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

場合によっては、Microsoft サーバー ソフトウェアの特定のバージョンがサポートに必要になります。 これらのバージョンはこの資料に記載され、また、サポート対象のバージョンは必要に応じて更新される場合があります。

SVVP は Microsoft サービスプロバイダーライセンス契約プログラム (SPLA) を通して Windows Serverまたはその他の Microsoft 製品をホストしている仕入先には適用されません。 SPLA 顧客のサポートは SPLA ホストによる SPLA 契約のもとで提供されます。 サポートが必要な場合、SPLA 顧客はご自分の SPLA ホストに連絡を取る必要があります。

すべてのソフトウェア アプリケーションが仮想化環境での実行に適しているわけではありません。 たとえば、物理 PCI カードへのアクセスなど、アプリケーションに固有のハードウェア要件がある場合、そのアプリケーションを仮想マシン内でサポートすることはできません。 これは、一般的に仮想マシンは下層の物理ハードウェアにアクセスしないためです。

詳細情報


この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

サードパーティのソフトウェアとマイクロソフトのソフトウェアのテストは、サードパーティの責任において行われます。 マイクロソフトのソフトウェアは、サードパーティの製品で仮想化されたハードウェア環境では正常に動作しない場合があります。

Microsoft Application Virtualization (App-V)

Management Server、Publishing Server、Sequencer、Terminal Services Client、Desktop Client など、Microsoft Application Virtualization 4.5 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft BizTalk Server

Microsoft BizTalk Server 2009、BizTalk Server 2006 R2、BizTalk Server 2006、および BizTalk Server 2004 は、Windows Server 2008 Hyper-V 上で実行されているサポート対象のオペレーティング システムにインストールされた場合、完全にサポートされます。

詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
 
842301 仮想マシン上での Microsoft BizTalk Server のサポータビリティ
 

Microsoft Commerce Server

Microsoft Commerce Server 2007 Service Pack 2 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Dynamics AX

Microsoft Dynamics AX 2009 (サーバーとクライアントの両方) 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Dynamics CRM

Microsoft Dynamics CRM 4.0 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Dynamics GP

Microsoft Dynamics GP 10.0 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Dynamics NAV

Microsoft Dynamics NAV 2009 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Exchange Server

Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 以降のバージョンがサポートされています。 Exchange Server のサポートの詳細については、次の TechNet Web サイトを参照してください。 
仮想環境での Microsoft Exchange Server 2010 クラスタを展開する方法の詳細については、次の TechNet Web サイトを参照してください。
 
仮想環境での Microsoft Exchange Server 2013 を展開する方法の詳細については、次の TechNet Web サイトを参照してください。
 

Microsoft Forefront Client Security

Microsoft Forefront Client Security はサポートされています。

Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010

Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Forefront Identity Manager 2010

Microsoft Forefront Identity Manager 2010 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Intelligent Application Gateway (IAG)

Microsoft Intelligent Application Gateway 2007 Service Pack 2 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Forefront Security for Exchange (FSE)

Microsoft Forefront Security for Exchange Server Service Pack 1 (SP1) 以降がサポートされています。

Microsoft Forefront Security for SharePoint (FSP)

Microsoft Forefront Security for SharePoint Service Pack 2 (SP2) 以降がサポートされています。

Microsoft Host Integration Server

Microsoft Host Integration Server 2006 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Internet Security and Acceleration (ISA) Server

Microsoft ISA Server はサポートされています。 ISA Server のサポートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Microsoft Office Groove Server

Microsoft Office Groove Server 2007 Service Pack 1 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Office Groove Server Relay の仮想マシンは、仮想ハード ディスクではなく物理ハード ディスクを使用するように構成する必要があります。

Microsoft Office PerformancePoint Server

Microsoft Office PerformancePoint Server 2007 Service Pack 2 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Office Project Server

Microsoft Office Project Server 2007 Service Pack 1 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Office SharePoint Server および Windows SharePoint Services

Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 1 以降のバージョンがサポートされています。 Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 1 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Operations Manager (MOM) 2005

Microsoft Operations Manager 2005 Service Pack 1 (エージェントのみ) がサポートされています。 詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 Windows Server 2008 以降のバージョンを管理するには、System Center Operations Manager 2007 以降のバージョンが必要です。

Microsoft Search Server

Microsoft Search Server 2008 以降のバージョンがサポートされています。

Windows Essential Business Server 2008

Windows Essential Business Server 2008 以降のバージョンがサポートされています。

Windows Small Business Server 2008

Windows Small Business Server 2008 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft SQL Server 

Microsoft SQL Server のサポートについては、次の Microsoft サポート技術情報を参照してください。 

Microsoft System Center Configuration Manager

Configuration Manager、現在のブランチはサポートされています。

System Center Configuration Manager 2007 Service Pack 1 (サーバーとエージェントの両方) 以降のバージョンがサポートされています。 Configuration Manager 2007 のサポートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Microsoft System Center Data Protection Manager

Microsoft Systems Center Data Protection Manager 2007 は、仮想マシン内で実行される場合にサポートされますが、DPM ストレージ プール ディスクが次のいずれかとして DPM 仮想マシンで直接使用できる場合に限定されます。
  • パススルー ディスク
  • iSCSI ターゲット ディスク
  • FC SAN ターゲット ディスク
ホスト コンピューターにインストールされた DPM エージェントを使用するか、仮想マシンに DPM エージェントを直接インストールすることにより、仮想マシンのバックアップを実行することもできます。

Microsoft System Center Essentials

Microsoft System Center Essentials 2007 Service Pack 1 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft System Center Operations Manager

Microsoft System Center Operations Manager 2007 (サーバーとエージェントの両方) 以降のバージョンがサポートされています。 Operations Manager 2007 のサポートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Microsoft System Center Virtual Machine Manager

Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 (サーバーとエージェントの両方) 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft System Center Operations Manager

Microsoft System Center Service Manager 2010 以降のバージョンがサポートされています。 Service Manager 2010 のサポートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Microsoft Visual Studio Team System

Microsoft Visual Studio Team System 2008 以降のバージョンがサポートされています。

Microsoft Windows HPC Server 2008

Microsoft Windows HPC Server 2008 以降のバージョンがサポートされています。

Windows Server 2003 Web Edition

Windows Server 2003 Web Edition with Service Pack 2 がサポートされています。

Microsoft Windows Server Update Services (WSUS)

Microsoft Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 1 以降のバージョンがサポートされています。 

Windows Web Server 2008

Windows Web Server 2008 がサポートされています。
 

Identity Lifecycle Manager 2007

最新の更新プログラムが適用された (最新の更新プログラムを持つ) Identity Lifecycle Manager (ILM) 2007 Feature Pack 1 (FP1) 以降のバージョンがサポートされています。 詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Microsoft Office Online

Office Online がサポートされています。 詳細については、次の Microsoft Office Web サイトを参照してください。

Opalis Integration Server

Opalis Integration Server 6.2.2 以降のバージョンがサポートされています。 仮想環境での Opalis のサポートの詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: Opalis Integration Server 6.3 以降のバージョンは、Windows Server 2008 以降のバージョンにインストールする必要があります。 ただし、バージョン 6.3 と共にリリースされた Integration Packs のみが Windows Server 2008 以降のバージョンでサポートされています。 既存の Integration Packs を使用するには、Windows Server 2003 にインストールする必要があります。

Microsoft Lync Server

Microsoft Lync Server 2010 以降のバージョンがサポートされています。 詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=2905FD33-E29C-4709-A012-E55EA8DB63E4&displaylang=en

Microsoft System Center Service Manager

Microsoft System Center Service Manager 2010 以降のバージョンがサポートされています。 Service Manager 2010 のサポートの詳細については、次の Web サイトを参照してください。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff460890.aspx