DFSR がインストールされている Windows Server 2003 R2 ベースのサーバー上のレプリケーションの実行をしようとすると、エラー イベント Id 2014 と 2004 およびその他のエラー イベントを記録可能性があります。

概要

ここでは、1 つまたは複数のノードで分散ファイル システム (DFS) レプリケーションを実行するときに Windows Server 2003 R2 ベースのサーバーで発生する可能性のある 2 つの問題を説明します。

現象

問題 1

[分散ファイル システム レプリケーション (DFSR) がインストールされている Windows Server 2003 R2 ベースのサーバー、1 つまたは複数のノードでレプリケーションを実行しようとする場合、レプリケーションは失敗します。この問題が発生すると、イベント ログに次のエラー イベントが表示されます。

問題 2

[分散ファイル システム レプリケーション (DFSR) がインストールされている Windows Server 2003 R2 ベースのサーバー、1 つまたは複数のノードでレプリケーションを実行しようとする場合、レプリケーションは失敗します。この問題が発生すると、次のエラー イベントがイベント ログに表示されます。

エラー イベント 1エラー イベント 2エラー イベント 3エラー イベント 4

原因

1 の問題の原因

この問題は、ローカル システム アカウント (NT authority \system) がボリューム文字のボリューム上のシステム ボリューム情報フォルダーまたはこのフォルダーのサブ フォルダーのフル コントロールのアクセス許可を付与されていないときに発生します。

2 の問題の原因

この問題は、ボリュームまたはボリュームにエラー イベント Id 2104 と 2004 参照してくださいがディスクの空き領域が不足する場合に発生します。

解決策

問題 1 の解決方法

システム ボリューム情報フォルダーとそのすべてのサブ フォルダーに、システム アカウントにフル コントロール アクセス許可を付与します。Windows Server 2003 R2 ベースのサーバーを再起動します。

問題 2 の解決方法

エラー イベント Id 2104 と 2004 で参照されているボリューム上のディスク領域を解放します。これらのボリューム上の領域を解放した後 DFSR は自動的にディスクの空き領域に追加の手順を確認します。サービスを再起動またはサーバーを再起動する必要はありません。2106 と 2002 のイベント Id は、データベースが正常に回復するときに記録されます。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:957555 - 最終更新日: 2017/02/05 - リビジョン: 1

フィードバック