FIX データベース ミラーリング セッションが応答を停止断続的に SQL Server 2005 で

現象

ミラーリング セッションでは、Microsoft SQL Server 2005 データベースを作成するとします。ただし、データベース ミラーリングが停止断続的にします。照会する場合は、sys.dm_db_mirroring_connections 動的管理ビュー (DMV) とデータベース ミラーリングの停止、is_send_flow_controlled 列の値は 1 にします。

注: 1 の値をこの列には、ネットワークのフロー制御はネットワークがビジー状態のため、このネットワーク送信を延期しました。値が 1 の場合は、プリンシパル サーバーは、フロー制御の状態では。

この問題が発生した場合、ミラー ・ サーバのエラー ログ ファイルに次のエラー メッセージが記録されます。
< 日付 >< 時刻 > spid16s エラー: 1479、重大度: 16、状態: 1 です。
< 日付 >< 時刻 > spid16s「< エンドポイント >」へのミラーリングの接続タイムアウトしました「MSS」データベースの応答時間が 120 秒後。サービスとネットワーク接続を確認してください。
< 日付 >< 時刻 > spid16s データベースのミラーリングは、データベース '' の MSS のアクティブではありません。このメッセージは情報提供を目的としています。ユーザー操作は不要です。
< 日付 >< 時刻 > spid16s 再起動パケット dbid 5 用に作成します。
< 日付 >< 時刻 > spid22s 再起動パケットがデータベース id 5 に処理します。
< 日付 >< 時刻 > spid22s の SQL Server では、いくつかのデータベース メンテナンスのため 'オブジェクトの計画' cachestore (プラン キャッシュの一部) のフラッシュの cachestore の 1 回目の定期が発生したためか、操作を再構成します。
< 日付 >< 時刻 > spid22s の SQL Server では、いくつかのデータベース メンテナンスのため 'SQL 計画' cachestore (プラン キャッシュの一部) のフラッシュの cachestore の 1 回目の定期が発生したためか、操作を再構成します。
< 日付 >< 時刻 > spid22s の SQL Server では、いくつかのデータベース メンテナンスのための 'バインドされているツリー' cachestore (プラン キャッシュの一部) のフラッシュの cachestore の 1 回目の定期が発生したためか、操作を再構成します。
< 日付 >< 時刻 > spid22s 開始データベース '< データベース名 >' の最大です。
< 日付 >< 時刻 > spid22s '< データベース名 >' のデータベースの回復をバイパスして、ミラー データベースとしてマークされているので、復旧できません。このメッセージは情報提供を目的としています。ユーザー操作は不要です。
この問題が発生した場合、プリンシパル サーバーのエラー ログ ファイルに次のエラー メッセージが記録されます。
< 日付 >< 時刻 > spid27s エラー: 1479、重大度: 16、状態: 2 です。
< 日付 >< 時刻 > spid27s「< エンドポイント >」へのミラーリングの接続がタイムアウト データベース< データベース名 >の応答時間が 120 秒後。サービスとネットワーク接続を確認してください。
< 日付 >< 時刻 > spid26s エラー: 1479、重大度: 16、状態: 2 です。
< 日付 >< 時刻 > spid26s ミラーリング接続を"< エンドポイント >タイムアウトしましたデータベース< データベース名 >の後の応答時間が 120 秒。サービスとネットワーク接続を確認してください。
< 日付 >< 時刻 > spid26s データベースのミラーリングは、データベース '< データベース名 >' のアクティブではありません。このメッセージは情報提供を目的としています。ユーザー操作は不要です。
< 日付 >< 時刻 > spid26s エラー: 1479、重大度: 16、状態: 2 です。
< 日付 >< 時刻 > spid26s「< エンドポイント >」へのミラーリングの接続がタイムアウト データベース< データベース名 >の応答時間が 120 秒後。サービスとネットワーク接続を確認してください。

原因

プリンシパル サーバーが、フロー制御状態の場合は、プリンシパル サーバーは、いくつかネットワーク ・ バッファーを解放するのにはミラー ・ サーバからの受信確認 (Ack) を待機しています、フローを終了するのには状態を制御します。ただし、接続が 90 秒間アイドル状態である場合、接続がタイムアウトします。これにより、プリンシパル サーバーの接続に割り当てられているネットワーク ・ バッファーを解放して、メッセージを再送信するのには新しい接続を作成します。SQL Server 2005 でバグが発生したため、接続タイムアウトない特定の競合条件下で。

解決策

Service Pack 情報

この問題を解決するには、SQL Server 2005 の最新の service pack を入手します。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack の入手方法

状況

マイクロソフトでは、対象セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題があること確認していますこの問題は、SQL Server 2005 Service Pack 3 で最初に修正されました

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:959006 - 最終更新日: 2017/02/05 - リビジョン: 1

フィードバック