物理-バーチャル (P2V) の問題のアドレスに System Center Virtual Machine Manager 2008 の更新プログラムの説明

はじめに

この資料では、システム Center Virtual Machine Manager 2008年の更新プログラムで修正される Microsoft Center Virtual Machine Manager 2008 の問題について説明します。

詳細

修正される問題の一覧

  • System Center Virtual Machine Manager 2008 を使用するには、オフラインの物理仮想 (P2V) への変換からを実行します。System Center Virtual Machine Manager 2008 を実行しているコンピューターは、元のコンピューターから別のサブネット上にあります。ただし、両方のコンピューターは、IP アドレスの範囲、10.x.x.x などを使用して構成されます。オフライン P2V 変換は、次のエラー メッセージで失敗します。
    Windows PE を再起動して、Virtual Machine Manager のエラー (3133) はソース コンピューターの servername.domainname.com に接続できませんでした (一時的なコンピューター名は、p2v ldjj)。元のオペレーティング システムに自動的に再起動は 15 分以内に発生する予定です。推奨される場合はアクションの servername.domainname.com が 15 分以内に再起動、ブート メニューを使用して元のオペレーティング システムに手動で再起動するしていません。
  • VMWare VirtualCenter を使用して物理コンピューターをバーチャル マシンに変換します。物理コンピューター上のディスクの 1 つは、256 ギガバイト (GB) を超えています。System Center Virtual Machine Manager 2008 には、VMWare VirtualCenter サーバーを追加します。仮想マシンを作成しようとすると、操作は次のエラー メッセージで失敗します。
    VMM オブジェクトが見つかりません VirtualHardDisk。ライブラリ オブジェクトが、有効であることを確認し、オペレーションを再試行します。ID: 801
    この更新プログラムを適用する前にこのエラー メッセージを表示する場合は、この問題を修正するように VMM データベースに対して SQL Server のスクリプトを実行するのには SQL Server Management Studio を使用できます。



    注: SQL Server Management Studio の高速バージョンをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。この SQL スクリプトを作成するには、新しい .txt ファイルを作成し、新しいファイルに次のテキストを貼り付けます。ファイルを作成した後は、.sql ファイル名拡張子に名前を変更します。

    BEGIN TRANSACTION T1
    DECLARE custom_cursor CURSOR FOR
    SELECT VHDId, VDriveId from
    dbo.tbl_WLC_VDrive WHERE [VHDId] NOT IN
    (SELECT VHDId from dbo.tbl_WLC_VHD WHERE VHDID IS NOT NULL)

    DECLARE @VHDId uniqueidentifier
    DECLARE @VDriveId uniqueidentifier

    OPEN custom_cursor
    FETCH NEXT FROM custom_cursor INTO @VHDId, @VDriveId

    WHILE(@@fetch_status = 0)
    BEGIN
    if(@VHDId is NOT NULL)
    DELETE FROM dbo.tbl_WLC_VDrive
    WHERE VDriveId = @VDriveId
    FETCH NEXT FROM custom_cursor INTO @VHDId, @VDriveId
    END
    CLOSE custom_cursor
    DEALLOCATE custom_cursor

    COMMIT TRANSACTION T1
    SQL Server スクリプトを実行するには、以下の手順を実行します。

    1. SQL Server Management Studio を起動し、Virtual Machine Manager SQL データベースを実行しているサーバーに接続します。
    2. [ファイル] メニューで、[開く] をクリックし、[ファイル] をクリックします。
    3. SQL Server スクリプト ファイルを保存する場所を参照します。
    4. .Sqlファイルを選択し、[開く] をクリックします。
    5. クエリ] メニューの [実行を] をクリックします。
    6. SQL Server Management Studio のウィンドウを閉じます。

物理仮想への変換からの System Center Virtual Machine Manager 2008 の更新プログラムを入手する方法

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Download System Center Virtual Machine Manager 2008 の更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

更新プログラムの情報

必要条件

Virtual Machine Manager 2008 がインストールする必要があります。

再起動の必要性

この更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、他の更新プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Engine.vmoperations.dll2.0.3447.0555,94430-10-200823:35x64
Utils.dll2.0.3447.0338,85630-10-200823:30x64
Vmsetup.dll2.0.3447.01,735,59230-10-200823:30x64

状況

マイクロソフトでは、対象セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題があること確認しています。 システム センター: Virtual Machine Manager 2008 R2 でこの問題が解決されます。

詳細

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

プロパティ

文書番号:959596 - 最終更新日: 2017/02/05 - リビジョン: 1

Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008

フィードバック