Outlook 2003 修正プログラム パッケージ (Outlook.msp) の説明: 2008 年 12 月 16 日

概要

この資料では、2008 年 12 月 16 日付の Outlook 2003 修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Office Outlook 2003 の問題について説明します。
この資料では、修正プログラム パッケージに関する以下の項目について説明します。
  • 修正プログラム パッケージで修正される問題。
  • 修正プログラム パッケージをインストールするための必要条件
  • 修正プログラム パッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があるかどうか。
  • かどうか、修正プログラム パッケージは、他のすべての修正プログラム パッケージで置き換えられます。
  • レジストリを変更をする必要があるかどうか。
  • この修正プログラム パッケージに含まれるファイル。

はじめに

この修正プログラムには、以前、マイクロソフト サポート技術情報資料に記載されていたいない次の問題が修正されます。
  • Active Directory フェデレーション サービス (ADFS) と Active Directory Rights Management サービス (ADRMS) を使用する場合は、Outlook 2003 で [常にこのアカウントを使用する] フィールドにユーザーを選択する必要があります。フェデレーション側で、デジタル著作権管理 (DRM) で保護されたメッセージを送信するたびにこの操作を行う必要があります。
    BUG #: 21389 (OfficeQFE)
  • 中国語 (香港特別行政区) に、ユーザー ロケールを設定すると、日付が正しく表示されない Outlook 2003 の予定表の月のビューにします。月 1 日が続きます。
    BUG #: 22405 (OfficeQFE)
  • .Msg ファイルとして電子メール メッセージを保存するとします。場合は、電子メール メッセージは、カスタム フォームを使用して、デジタル署名、デジタル署名が正しくないメッセージを保存します。
    BUG #: 22678 (OfficeQFE)
  • メッセージが移動されていない、 delegatesentitemsstyleのレジストリ値を使用すると、メッセージのオプションを指定する、
    共有メールボックスの送信済みアイテムフォルダーです。
    BUG #: 22968 (OfficeQFE)
  • 予定のアイテムを終了しようとして、空き/予約済みのカスタム プロバイダーを使用、Outlook 2003 がクラッシュします。
    BUG #: 23120 (OfficeQFE)
  • 暗号化されたメッセージでは、機能の OnRead イベントが発生するたびに、次の 3 つの新しい一時ファイルが作成されます。さらに、これらの一時ファイルは削除されません。
    BUG #: 23178 (OfficeQFE)
  • Outlook 2003 では、中国語 (香港特別行政区) に、ユーザー ロケールを設定すると、香港の「曜日」表示が正しくない予定表ビューで。週の日は、すべてで正しい中国語の文字の代わりに疑問符 (?) で表示されます。
    BUG #: 23184 (OfficeQFE)
  • 定期的な会議に例外を移動すると、例外として報告されますこれらの例外にアクセスする Outlook オブジェクト モデルを使用する場合は削除します。
    BUG #: 23211 (OfficeQFE)
この修正プログラムには、次の問題も修正されます。
  • 959633 Outlook 2003 で電子メール メッセージの複数のコピーを印刷しようとすると、電子メール メッセージのすべてのコピーはホチキス止めして

    BUG #: 23010 (OfficeQFE)
  • 960250 Outlook 2003 で電子メール メッセージの複数のコピーを印刷しようとすると、電子メール メッセージのすべてのコピーはホチキス止めして

    BUG #: 23251 (OfficeQFE)

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムをインストールするための前提条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれていない可能性があります。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するに必要なファイルのみが含まれています。

この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンは、修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルが記載されている世界協定時刻 (UTC) で次の表にします。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換します。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

ダウンロード情報
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Office2003-kb959628-glb.exe11.0.8243.05,001,60003-Dec-200819:41x86
Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Outlook.msp該当なし7,372,28803-Dec-200803:38該当なし
Outlook.msp 情報
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Addrpars.dll11.0.8161.091,48822-Mar-200718:07x86
Dlgsetp.dll11.0.8232.080,39211-Aug-200811:52x86
Envelope.dll11.0.8205.0137,73614-Jan-200820:51x86
Exsec32.dll11.0.8242.0351,05622-Nov-200811:31x86
Impmail.dll11.0.8207.0127,49606-Feb-200820:33x86
Mimedir.dll11.0.8204.0182,79214-Dec-200718:46x86
Oladd.fae11.0.8164.0162,64819-Apr-200713:03x86
Olappt.fae11.0.8164.0156,51219-Apr-200713:03x86
Oljrnl.fae11.0.8164.0121,18419-Apr-200713:03x86
Olkprtid.xml該当なし81,02826-Aug-200311:43該当なし
Olmail.fae11.0.8164.0116,57619-Apr-200713:03x86
Olnote.fae11.0.8164.0108,38419-Apr-200713:03x86
Oltask.fae11.0.8164.0150,88019-Apr-200713:03x86
Outllib.dll11.0.8243.07,626,57630-Nov-200821:24x86
Outlmime.dll11.0.8216.0105,99218-Apr-200812:24x86
Outlook.exe11.0.8241.0197,45617-Nov-200812:52x86
Outlph.dll11.0.8202.0150,01619-Nov-200719:38x86
Outlrpc.dll11.0.8236.067,40808-Oct-200808:49x86
Outlvbs.dll11.0.8164.050,01619-Apr-200712:52x86
Recall.dll11.0.8161.041,82422-Mar-200718:07x86
Rm.dll11.0.8161.078,16822-Mar-200718:07x86
Sc2.sam11.0.8164.0114,52019-Apr-200713:03x86
Schplus.sam11.0.8164.0149,34419-Apr-200713:03x86
Transmgr.dll11.0.8161.0103,26422-Mar-200718:22x86

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:959628 - 最終更新日: 2017/02/05 - リビジョン: 1

フィードバック