修正: SQL Server 2005 または SQL Server 2008 が応答を停止、バックアップを実行している場合

Bug #: 50003815 (SQL 修正プログラム)

マイクロソフトは、Microsoft SQL Server 2005 を配布して、または SQL Server 2008 の修正プログラムを 1 つのダウンロード可能なファイルとして。修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2005 または SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。

現象

Microsoft SQL Server 2005 または Microsoft SQL Server 2008 では、バックアップを実行する場合 SQL Server の応答を停止します。 このような場合は、次のイベントは、SQL Server エラー ログに記録されます。
<DateTime> spid114     Using 'xpSLS.dll' version '0005.00.00' to execute extended stored procedure 'xp_backup_database'. This is an informational message only; no user action is required.
<DateTime>, ACTION, SQLDUMPER_UNKNOWN_APP.EXE, MiniDump completed: <Path>\<Dumpname>.mdmp

<DateTime> Server ***Unable to get thread context - no pss
<DateTime> Server * *******************************************************************************
<DateTime> Server *
<DateTime> Server * BEGIN STACK DUMP:
<DateTime> Server * <DateTime> spid 0
<DateTime> Server *
<DateTime> Server * Non-yielding Scheduler
<DateTime> Server *
<DateTime> Server * *******************************************************************************
<DateTime> Server Stack Signature for the dump is 0x0000000000000056
<DateTime> Server External dump process return code 0x20000001.
External dump process returned no errors.
<DateTime> Server Process 83:0:10 (0x1ed0) Worker 0x000000000869C1C0 appears to be non-yielding on Scheduler 1. Thread creation time: 12869981798473. Approx Thread CPU Used: kernel 453 ms, user 109 ms. Process Utilization 0%. System Idle 84%. Interval: 70000

さらに、ミニ ダンプは、SQL Server エラー ログのフォルダーに作成されます。

解決策

累積的な更新情報

SQL Server 2005 Service Pack 2

重要 SQL Server 2005 Service Pack 2 を実行している場合、この修正プログラムを使用する必要があります。


この問題の修正プログラムは、SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム 11 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
958735関数形式は、SQL Server 2005 Service Pack 2 の 11 のパッケージを更新します。
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。マイクロソフトでは、この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
937137 SQL Server 2005 ビルド SQL Server 2005 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされました。
特定の SQL Server のサービス パックには、Microsoft SQL Server 2005 の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 2 のインストールには、SQL Server 2005 Service Pack 2 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server のサービス パックで提供されているすべての修正プログラムは次の SQL Server のサービス パックに含まれます。

SQL Server 2005 Service Pack 3

重要 SQL Server 2005 Service Pack 3 を実行している場合、この修正プログラムを使用する必要があります。


この問題の修正プログラムは、SQL Server 2005 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム 1 の後でもリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
959195関数形式は、SQL Server 2005 Service Pack 3 の 1 のパッケージを更新します。
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。マイクロソフトでは、この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
960598 SQL Server 2005 ビルド SQL Server 2005 Service Pack 3 がリリースされた後にリリースされました。
特定の SQL Server のサービス パックには、Microsoft SQL Server 2005 の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 3 のインストールには、SQL Server 2005 Service Pack 3 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server のサービス パックで提供されているすべての修正プログラムは次の SQL Server のサービス パックに含まれます。

SQL Server 2008

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。取得する方法の詳細については、SQL Server 2008 の場合は、この累積的な更新プログラム パッケージは、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
960484関数形式は、SQL Server 2008 の 3 のパッケージを更新します。
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
956909 SQL Server 2008 SQL Server 2008 がリリースされた後にリリースされたビルドします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

SQL Server 2005

についてどのようなファイルが変更されると、このマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新パッケージを適用するすべての前提条件に関する情報をマイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックしてください。
958735関数形式は、SQL Server 2005 Service Pack 2 の 11 のパッケージを更新します。

SQL Server 2008

についてどのようなファイルが変更されると、このマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新パッケージを適用するすべての前提条件に関する情報をマイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックしてください。
960484関数形式は、SQL Server 2008 の 3 のパッケージを更新します。

関連情報

ビルド後は、利用可能な SQL Server の Service Pack 2 の一覧については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
937137 SQL Server 2005 ビルド SQL Server 2005 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされました。
SQL Server の増分サービス モデルについては、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。
935897 「の増分サービス モデルは、SQL Server チームは、報告された問題に対する修正プログラムを提供
SQL Server 2005 Service Pack 2 を入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack の入手方法
新機能と SQL Server 2005 Service Pack 2 で改善する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
更新プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマを Microsoft SQL Server ソフトウェアの822499
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:960543 - 最終更新日: 2017/02/05 - リビジョン: 1

フィードバック